\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみでキレイになる?乾燥機はだめ?失敗する?

羽毛布団 コインランドリー 乾燥のみ

羽毛布団を使っていると、自宅で洗うことができず、クリーニングに出す人もいるでしょう。

また、定期的に外に干すこともあるかと思いますが、雨が続く時期などは布団を干すことができませんね。

寝ている時に、人は多くの汗をかくと言われていることから、キレイに見えて布団は汚れているのです。

では、なかなか洗いづらい羽毛布団を清潔に保つためには、乾燥のみでも大丈夫なのでしょうか?

今回は、羽毛布団は乾燥だけでキレイになるのか、乾燥で失敗しないためのポイントなどをご紹介していきます。

目次

羽毛布団はコインランドリーの乾燥OK?乾燥機はだめ?

羽毛布団を使っていると「清潔なのか....」と心配になりますね。

自宅で気軽に洗うこともできないため、臭いなどが気になることがあるでしょう。

そんな時に、コインランドリーの乾燥機にかけることはできるのでしょうか?

また、洗わずに乾燥させるだけでもいいのかをご紹介していきます。

乾燥だけでも清潔になる

結論から言うと、羽毛布団は乾燥させるだけでも清潔になります。

人は寝ている間にたくさんの汗をかきます。

さらに、羽毛布団は人の熱を吸収して暖かくさせる仕組みのため、ずっと使っていると水分が多く含まれ、ふんわり感がなくなります。

そういった時は、羽毛布団をしっかりと乾燥させることで清潔になり、ふんわり感を取り戻すことができます。

では、なぜ乾燥させるだけで清潔になるのかをご紹介していきます。

ダニは50℃以上で死滅する

布団を使っていると、ダニなどが気になる方も多いと思います。

特に、ダニはアレルギー症状を引き起こす原因にもなるため、アレルギー持ちの人からすると大敵でしょう。

羽毛布団は、乾燥させるだけでも清潔になりますが、コインランドリーの乾燥機などを使用することで、ダニを死滅させることができます。

ダニは、50℃以上で死滅すると言われているため、乾燥機の熱で対策が可能です。

コインランドリーには、布団専用の乾燥機が設置されているところもありますので、ぜひ利用してみてください。

ダニの死骸は掃除機で吸い取る

ダニは、生きているものも良くありませんが、ダニの死骸もアレルギー症状を引き起こします

そのため、いくらダニを死滅させたとしても、ダニの死骸が残っていると良くありません。

ダニの死骸は、掃除機で吸い取ることが可能です。

乾燥機などをかけたり、天日干ししたりした場合は、羽毛布団に掃除機をかけるところまでやりましょう。

そうすることで、ダニの死骸まで吸い取り、清潔に羽毛布団を使用できます。

羽毛布団が乾燥機ダメと言われる理由は?

羽毛布団が乾燥機がダメと言われる理由は、乾燥機の熱で羽毛がダメになってしまう可能性があるからです。

近年のコインランドリーの乾燥機には、低温・中温・高温を選べるものもあり、そこまで心配することはありません。

しかし、それでも羽毛がダメになったり、偏りが出たりする可能性があるため、乾燥機を使用する場合は自己責任でお願いします。

羽毛布団は、物によっては数十万円するものも少なくありません。

大事に使いたいものであれば、クリーニングに出す方が安心です。

また、コインランドリーの乾燥機にかける場合は、長時間かけないようにしましょう。

コインランドリーはだいたい10分単位で使用できますので、短めにかけて様子を見ながら使用するのが良いと思います。

羽毛布団の乾燥で失敗しないためのポイント

羽毛布団の乾燥は可能ですが、場合によっては羽毛布団を傷めてしまう可能性があります。

では、羽毛布団の乾燥で失敗しないためには、何に注意すれば良いのでしょうか?

ここからは、乾燥で失敗しないためのポイントをご紹介していきます。

高温だと羽毛を傷めてしまう

羽毛布団は、高温だと羽毛を傷めてしまう可能性があります。

羽毛は、たんぱく質でできており、たんぱく質は熱に弱いと言われています。

乾燥機の熱により、たんぱく質が壊れ、それまでのようなふんわり感がなくなってしまうかもしれません。

そのため、ダニが心配だからと言って、高温で乾燥機にかけるのは危険です。

羽毛布団は、だいたい70℃くらいまでの熱なら耐えられると言われていますが、心配であれば使用している羽毛布団を確認してみましょう。

適切な温度でかけることで、ふんわり感を取り戻し、清潔に使用することができますよ。

まんべんなく乾燥させる

失敗しないためには、羽毛布団をまんべんなく乾燥させることもポイントです。

通常の洗濯物であれば、乾燥機に数十分入れっぱなしでも問題なく乾きます。

しかし、羽毛布団は面積が大きいため、全体に熱が行きわたらない可能性があるのです。

そのため、コインランドリーで乾燥機にかけるときは、10分かけたら一度取り出して裏返し、再度10分かけるという風に分けて乾燥機にかけることをおすすめします。

基本、羽毛布団の乾燥時間は20~30分程度で十分とされています。

10分ずつ分けて乾燥機にかけることで、全体に熱が行きわたりさらにふんわりとした感触に仕上げることができますよ。

布団専用の乾燥機を使う

布団専用の乾燥機を使うこともポイントです。

自宅の乾燥機に、羽毛布団モードなどの設定がある場合はそちらを利用して乾燥させましょう。

また、コインランドリーで乾燥させる場合も、必ず布団専用の乾燥機を利用することをおすすめします。

通常の洗濯物を乾燥させる乾燥機は、温度が高温になり羽毛布団を傷めてしまう可能性があります。

そのため、温度調整ができる布団専用の乾燥機を使う方が安心です。

羽毛布団のコインランドリー乾燥時間は?

羽毛布団をコインランドリーで乾燥させるときは、乾燥時間にも注意が必要です。

なぜなら、乾燥時間が長すぎると羽毛布団がダメになってしまう危険性があるからです。

では、実際どれくらいの時間、乾燥機にかければ大丈夫なのか、目安でご紹介していきます。

約20分でダニが死滅する

ダニを死滅させたい場合や、ふんわり感を取り戻したい場合は、20分くらいの乾燥時間で大丈夫です。

ただ、20分連続で回すよりも、10分ずつ分けて回すほうが良いでしょう。

10分乾燥機にかけたら、一度取り出して羽毛布団を裏返します。

そして、再度乾燥機に10分かけましょう。

そうすることで、全体に熱が行きわたり、さらにふんわりとした感触になります。

「20分では少しまだ不安」という場合は、あと10分追加して長くても30分以内に終えるようにしましょう。

あまり長くやりすぎると羽毛布団を傷める原因になりますので、20~30分程度にしておくのがベストです。

洗濯をした場合は60分以上乾燥させる

もし、羽毛布団洗った場合は、60分以上乾燥させる必要があります。

羽毛布団を洗った場合は、中の羽毛まで乾燥させるのに時間がかかります。

羽毛の水分を飛ばし、しっかりと乾燥させることでふんわりとした感触になりますので時間は長めにしましょう。

ただし、子ども用薄い羽毛布団の場合は、もう少し短い時間でも大丈夫です。

また、60分以上連続で乾燥機をまわすのではなく、30分程度で一度取り出して、羽毛布団を裏返しさらに30分かけるようにすることで、全体に熱が行きわたります。

ただし、乾燥機にかけるときは高温でかけないように注意も必要です。

羽毛布団のコインランドリー乾燥温度は?

羽毛布団は、高温によって傷んでしまったり、ぺしゃんこになってしまったりすることがあります。

基本的には、70℃くらいまでは耐えられるとされていますが、乾燥機にかけてから後悔してしまわないように、適温でかけるようにしましょう。

では、どれくらいが羽毛布団にとって最適な温度なのかをご紹介していきます。

50~60℃が最適でダニも死滅する

羽毛布団は、50~60℃くらいが最適とされています。

70℃くらいまでは耐えられますが、その手前で抑えておいた方が安心です。

また、ダニは50℃以上の温度で死滅しますので、羽毛布団を清潔に使いたい場合はやはり60℃までが最適でしょう。

ただし、最適だからと言って、乾燥だけであまり長い時間かけないように注意が必要です。

また、乾燥機をかける際には、10分ごとに羽毛布団を取り出し、様子を見ることも忘れないようにしましょう。

温度設定があれば低温を選択

コインランドリーに、布団専用の乾燥機があれば良いですが、布団専用を置いていないところもあります。

その場合は、温度設定ができる乾燥機を選ぶと良いでしょう。

温度設定ができる乾燥機で、低温を選択することでだいたい50~60℃くらいで乾燥できます。

羽毛布団を乾燥させるのに最低な温度で乾燥できるため、羽毛布団を傷める心配も少ないです。

ただし、低温とは言え、あまり長い時間乾燥機にかけないように注意しましょう。

羽毛布団を乾燥させるには何キロの乾燥機?

コインランドリーに行くと、さまざまなキロ数に対応した乾燥機があります。

布団専用の乾燥機がない場合は、羽毛布団の大きさに合わせて乾燥機を選ばなくてはなりません。

では、どのように選べばいいのかをご紹介していきます。

布団サイズに合わせることが重要

乾燥機を選ぶ際には、羽毛布団のサイズに合わせて選ぶことが大切です。

無理やり詰め込めば入るから」と言って、布団のサイズより小さいものを選ぶと布団を傷めることになります。

また、大きすぎるのも良くありません。

小さすぎても大きすぎても、布団に折り畳んだシワができたり、中身が寄ってしまったりして、ふんわりとした感触がなくなってしまいます。

だいたいのサイズの目安は、乾燥機に羽毛布団を入れて、9割くらい埋まる程度が最適だとされています。

詳しいサイズは、シングル・ダブルに分けて次でご紹介していきます。

シングルサイズの場合

シングルサイズの羽毛布団なら、12kgくらいの乾燥機が最適です。

当てはまるサイズがない場合は、15kg前後で選ぶと良いでしょう。

また、乾燥機に入れる際は、布団の短い方を縦にして二つ折りにして入れましょう。

そうすることで、熱が均等に行きわたりシワや羽毛の寄りも抑えられます。

ただし、乾燥時間を10分ごとにわけ、その都度畳みなおすことも忘れないようにしましょう。

ダブルサイズの場合

ダブルサイズの場合は、25㎏前後の乾燥機が最適です。

また、ダブルサイズの羽毛布団を乾燥機へ入れる際は、四つ折りにしてくるくると巻きましょう。

そうすることで、乾燥機へ入れやすくなりますし、熱が均等に行きわたります。

そのため、そのまま入れるよりも空気が通りやすく、ふんわりとした仕上がりになります。

また、ダブルサイズの羽毛布団でも、10分ごとに取り出し、畳み直すことでさらに均等に熱が行きわたるようになりますよ。

まとめ:羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで清潔!

今回は、羽毛布団の乾燥についてご紹介してきました。

羽毛布団は、自宅でなかなか洗うのは難しく、かといってこまめにクリーニング出すのも大変です。

しかし、乾燥機にかけて乾燥させるだけでも、清潔な状態を保つことができます。

コインランドリーなら、布団専用の乾燥機を置いているところもあったり、サイズの大きい乾燥機があったりしますので、羽毛布団の乾燥にも最適です。

羽毛布団を乾燥機にかけて、気持ちのいい睡眠がとれるようにしたいですね。

「羽毛布団 コインランドリー 乾燥のみ」を調べている人がよく思う質問

コインランドリーで羽毛布団を乾燥のみにするには何分かかりますか?

羽毛布団の乾燥のみなら、20~30分程度で大丈夫です。

乾燥のみで、あまり長い時間かけてしまうと布団を傷めることになるため、長くても30分にとどめておきましょう。

羽毛布団は布団乾燥機で乾かせられますか?

羽毛布団は布団乾燥機で乾かせられます。

50℃以上の熱でダニは死滅しますし、ふんわり感を取り戻すのにも布団乾燥機は最適です。

ただし、全体に熱が行きわたりにくいこともあるため、途中で向きを変えるなどする必要があります。

コインランドリーで乾燥機だけ使っても大丈夫?

コインランドリーで乾燥機だけの使用でも大丈夫です。

雨の日が続く時期などは、乾燥機だけ大混雑していることもあるくらいです。

また、洗っていない布団などの乾燥だけでも使用することができますよ。

布団 コインランドリー 乾燥のみ ダニ 何分?

ダニを死滅させるためには、約20分間乾燥機にかけると良いでしょう。

また、ダニはだいだい50℃以上の熱で死滅します。

そのため、50℃以上の熱が出る乾燥機で20分乾燥させることで、ダニを死滅させることができますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次