\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

確実に熱を出す方法8選!37度以上にする方法や仮病を使って休むときの注意点も

熱を出す方法

どうしても学校やバイトを休みたい

熱が出れば休めるのに、、

と思った経験、みなさんも一度はあるのではないでしょうか。
ネットでは、「熱を出す方法がある」「熱を上げるツボが存在する」など、熱を出す方法について様々な噂があるようです。

本記事では、熱を出す方法はあるのか、また、体温を高く出すためのコツやポイントについてご紹介をしていきます。

目次

確実に熱を出す方法8選

明日のバイトや、学校をどうしても休みたい!確実に休むために熱を出したい!

そんなあなたに確実に熱を出す方法8選を紹介していきます。
発熱でバイトや学校、仕事を休みたい時は、大体37度ぐらいを目安にすることが多いですよね。
まずは、道具を用いることなく37度以上を出す方法を紹介します。

首を振る

確実に熱を出す方法、ひとつ目は首を振ることです。

首を振ると体温が上がるので、熱が出やすくなります。

ですので、激しく首を振り、振った直後に体温を計測すると37度以上が出る可能性があります。

首を振る際には、周囲の物や人には十分注意して、頭をぶつけたり人に危害を与えないようにしましょう。

また、首を長時間激しく振ると、気分が悪くなる可能性もありますので注意してくださいね。

首を振る方法は、熱を出す方法として定番ですよね。

しかしながら、実際は首を振ることで体温が上がるのではなく、激しく体を動かしたことによる運動で体温が上がっています。

また、激しく首を振ったとしても、大幅に熱を上げることは難しいため、高熱を出したい場合には他の方法を組み合わせて行うことをオススメします。

息を止める

確実に熱を出す方法、二つ目は息を止めることです。

呼吸をする際に使う筋肉である横隔膜は、人が持つ筋肉の中でも大きい筋肉です。

筋肉を動かせば熱が出るため、大きく息を吸って横隔膜を使うことで熱が出ます。

そして、血流が良くなるので熱を上げることができます。

また、息を吸い込んでから息を止めると肺が広がります。

これによって横隔膜が大きく動けるようになるので、より体を温める効果が期待できます。

呼吸や息を止める方法は、お金をかけず簡単に行うことができますが、発熱の効果としては低いです。

確実に熱を出したい場合は、他の方法と組み合わせて行うようにしてくださいね。

しょうゆを飲む

確実に熱を出す方法、三つ目は、しょうゆを飲むことです。

しょうゆは非常に塩分が高いため、しょうゆを一気に飲むことで血圧が上昇し、体温も上がると言われています。

しかしながら、しょうゆの高い塩分によって、高ナトリウム血書症を引き起こす可能性があります。

高ナトリウム血症となると、ひどい喉の渇きや痙攣、最悪の場合には昏睡が起こります。

しょうゆを大量に摂取することにより、健康を脅かすリスクがあるのでこの方法を実施する際には分量に十分注意をして行なってくださいね。

玉ねぎを両脇に挟む

確実に熱を出す方法、四つ目は玉ねぎを両脇に挟むことです。

適度な大きさにカットされた玉ねぎを約2時間脇に挟むと体温が上がると言われています。

玉ねぎには硫化アリルという成分が含まれていますが、この硫化アリルには血行を促進して体温を上げる効果があります。

このことから、玉ねぎは脇に挟まずに食べた方が熱を上げるには効果があるのでは?と考えられることもあるそうです。

この方法の効果の感じ方は人それぞれですが、どうしても熱を上げたい!という方は他の方法と組み合わせながら行ってみてください。

玉ねぎだけでなく、生姜やネギなども体温を上げる効果があると言われていますね。

体温を上げる効果が期待できる食材をスープなどに入れて食べることも体温を上げる一助となるかもしれません。

また、辛いものを食べても体温が上がると言われているので、体温を計測する前に辛いものを食べるのもオススメです。

体を温められるツボを押す

確実に熱を出す方法、五つ目は体を温められるツボを押すことです。

私たちの体には、押すことで体を温められるツボが複数存在しています。

例えば、背骨から指2本分ほど外側でウエストの高さにあるツボを押すと、体がぽかぽかと温まっていくのを感じることができると思います。

徹夜をする

確実に熱を出す方法、六つ目は徹夜をすることです。

寝不足は、発熱や頭痛といった風邪によく似た症状が出ることが多いですよね。

そのため。徹夜をして風邪の症状が出れば、体温も37度以上となる可能性が高いです。

徹夜をしてしまうと、怠さが残ったり眠気があったりなど翌日の体調にも影響を及ぼすので、しっかりと検討した上で行ってくださいね。

冷水を浴びる

確実に熱を出す方法、七つ目は冷水を浴びることです。

熱を出すためには、体を冷やすことが必要ですので、シャワーで冷水を浴びて体温を下げます。

体をより冷やしたいという方は、体を拭かないことで体を温めないようにするとより効果的です。

運動をして体温を上げる

確実に熱を出す方法、八つ目は運動をして体温を上げることです。

運動をすることで筋肉を使うと、体温を上げることができます。

ですので、重いものを持ち上げたり、階段の上り下りをするなどの運動をしてから体温を測ると効果的です。

時間がある場合には、外で数十分間のランニングをすることもオススメです。

ランニングは苦手、という方や雨が降っていて走りたくない、という方は、自宅で腕立てや腹筋などの筋トレをすることもオススメです。

道具なしで簡単に体温を上げることができるので是非やってみてくださいね。

体温計を37度以上にする方法

ここからは、体温計を37度以上にする方法についてご紹介します。

体温を上げること以外にも、体温計そのものの温度を上げることも熱を出すためには重要なポイントですよね。

体に負担をかけたくない、体に悪影響があるやり方は避けたい、という方は、以下で解説するやり方を是非参考にしてみてください。

摩擦熱で温度を上げる

体温計を37度以上にする方法、ひとつ目は摩擦熱で温度を上げる方法です。

体温計の温度を測定する部分を擦ると、摩擦によって温度を上げることができます。

ひたすら擦って、体温計そのものの温度を37度以上を目指しましょう。

また、体温計を摩擦する代わりに、脇を擦って脇の温度を上げてから体温計を挟むという方法もあります。

蒸しタオルで脇を温めてから測る

体温計を37度以上にする方法、二つ目は蒸しタオルで脇を温めてから測る方法です。

脇の温度が上がっていれば、測定できる熱も上げることができますよね。

ですので、体温計で熱を測る前に、蒸しタオルを使って脇を温めておきましょう。

蒸しタオルは、タオルを湿らせて電子レンジで数十秒温めることですぐに準備ができます。

温める時間が長すぎると、タオルが熱くなりすぎてしまい、火傷の原因にもなりますので十分注意してくださいね。

タオルが準備できない、という方はカイロを使っても脇を温めることができます。

人がいる時に体温を測る場合は、体温を測る前にカイロをこっそり挟んで脇を温めておけば、バレずに熱があることを証明できますね。

脇よりも温度の高い場所で熱を測る

体温計を37度以上にする方法、三つ目は脇よりも温度の高い場所で熱を測ることです。

体温計は、脇でしか測れないと思われがちですが、実は脇でなくても体温を測ることができます。

ですので、首や腕、膝裏の関節に挟んで力を入れたり、おでこに手のひらで強く押し当てたりすることで脇よりも体温が高く出る可能性があります。

また、事前に布団やこたつの中で体を温めておき、体温を上げておくようにすることをオススメします。

仮病を使って仕事・学校を休むとき注意点

様々な方法で無事に熱を37度以上出せたとしても、会社や学校、バイト先などに仮病であることがバレてしまったら努力が水の泡ですよね。

ここからは、仮病を使って仕事や学校を休むときの注意点について解説をしていきます。

連絡する際のテンションに気をつける

まず、学校や会社、バイト先に休むことを連絡する際のテンションに気をつけることが大切です。

仕事や学校、バイト先に休むことを連絡する際には、主に電話で伝えることが多いかと思います。

その際に、声のトーンが明るかったり、電話口が騒がしかったりすると仮病だと怪しまれる原因となります。

休むことを連絡する際には、できるだけ静かな場所で、落ち着いて丁寧に話すことを心がけるなどテンションには気をつけてくださいね。

外出しない

そして、外出は極力避けることも大切です。

学校や仕事を休むと、その分時間がありますよね。

時間があるからといって、外出をしてしまうと、誰かに目撃された時に仮病だと疑われてしまいます。

体は元気であっても、なるべく家でおとなしく過ごすことをお勧めします。

SNSへの投稿も気をつける

また、SNSへの投稿にも気をつける必要があります。

友人と遊んだ投稿や、外出先での投稿などをうっかりSNSに投稿してしまうと、仮病を使って休んだことがバレてしまいます。

学校やバイト、仕事を休んだ日はSNSへの投稿は控えて、見るだけにとどめておいた方が良いと言えます。

休む理由をパターン化しない

仮病を使って仕事や学校を休む際の理由をパターン化しないことも大切です。

「今日は苦手な取引先と打ち合わせがある」「今日は苦手な数学の授業がある」などなど、仕事や学校を休みたい理由は人それぞれありますよね。

しかしながら、「数学の授業がある日」「打ち合わせがある日」など、休むタイミングが一緒だったりパターン化してしまうと、周囲の人に仮病であると疑われてしまいます。

仮病を使って休む際には、周囲がパターンに気付くことのないように工夫しましょう。

常習犯にならない

仮病を使って仕事や学校を休む時は、常習犯にならないようにしないといけません。

常習犯になってしまうと、周囲からの信頼を損ねるだけでなく、どうせ仮病だろうと疑われる原因になります。

普段は真面目に過ごす

普段から勤務態度や授業態度が不真面目な人であれば、休みの連絡をしてもどうせ仮病だろうと思われてしまう可能性があります。

仮病ではなく、本当に熱があると信じてもらえるように、普段の授業や仕事は真面目に行うことが大切です。

頻繁に仮病を使って休んでいると、仮病だと疑われてしまいます。

本当にこの日は休みたい!というような、ここぞという時に仮病が使えるように頻繁に使うことは控えることをオススメします。

まとめ

本記事では、熱を出す方法や、体温を高く出すためのコツやポイントについてご紹介をしました。

道具やお金をかけずに簡単に熱を出す方法もありますので、どうしても熱を出したい!という方は本記事を参考にしていただければと思います。

また、仮病で仕事や学校を休む際には、休みの連絡をする際のテンションや過ごし方にも注意が必要です。

仮病だとバレないためにも、今回解説した点に注意して過ごしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 中学生だけど、休みたいって言うと絶対に病院に行くことになるから、ちょっと難しいかな…

コメントする

目次