\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

MBTI診断テストの相性一覧!恋愛の相性が良いペアや対立しやすいペアをまとめてみた

mbti 相性
目次

当たりすぎ注意!?MBTI診断テストがやっぱりすごい

MBTI診断 なんで流行ってる?

SNSで話題の「MBTI診断」というの、知っていますか?

これは、自分の心理的な反応を測るための性格診断テストで、16種類のパーソナリティから自分のタイプを判別するんです。

自分の性格を知ることで、将来の進路や恋愛、相性などを考えることができますよ。

韓国の人気アイドルグループ「BTS」の7人も、MBTI診断にチャレンジした動画を公開して話題になっています。

有名人たちもチャレンジしているので、注目されているんですよ。

今回は、MBTI診断で使われる16種類の基本的な性格と、相性のいいペアや対立しやすいペアについて紹介していきます。

MBTI 診断て何?

MBTI診断は、個人を特定のタイプに分類したり、性格を診断することが主な目的ではありません。

むしろ、回答した個人が自分自身の内面を深く理解し、自分をより良く生かすためのツールとして活用できることが最大の目的です。

そのため、MBTIは研究開発に20年以上の歳月をかけ、現在では世界各国で国際規格として出版されています。

それぞれの国のMBTIエキスパートと呼ばれる心理学者や臨床心理士らが専門的な手法を用いて、国際規格に基づいて研究開発され、各国の文化に合わせた形で出版されています。

16パーソナリティで相性に影響する重要な要素

「MBTI診断テスト」では、人々の性格を16種類に分けます。そして、人との相性には、大切な要素があります。

相性が良いとされるのは、「自分と同じ性格の人」と「自分と性格が違うけど、お互いの長所と弱点が補い合える性格の人」です。

「自分と同じ性格の人」は、考え方や価値観が似ているので、お互いを理解し合い、スムーズに話ができます。

一方、「自分と性格が違うけど、お互いの長所と弱点が補い合える性格の人」は、互いに助け合いながら成長できます。

でも、「自分と全く違う性格の人」と「似たり寄ったりの性格の人」とは、相性が悪くなることが多いです。

「自分と全く違う性格の人」は、考え方や価値観が違っているため、理解し合いにくく、話が合わなくなってしまいます。

「似たり寄ったりの性格の人」は、同じような性格のため、競争心や意見の対立が生じやすく、衝突してしまうことがあります。

ただ、意見が合わない相手と恋愛関係になることもあります。これは、自分と正反対の性格とは合わないけど、自分と違う要素を持った性格に惹かれることがあるからです。

他にも、MBTI診断16タイプの人口の割合も紹介しています。

ENTP(発明家タイプ)の相性一覧

それでは、MBTI診断において、全16のパーソナリティタイプの基本的な性格特徴や、相性の良い恋愛パートナーや対立する可能性の高いパートナーについて紹介していきます。

ここでは、ENTPというタイプの基本的な性格や恋愛における相性について説明します。

ENTPとは、自分を主張することが好きな発明家タイプであり、常に新しいアイデアや知識を求めています。

彼らは社交的で、多くの人々と交流することを好みます。また、他の人々の意見を尊重しながらも、自分自身の見解を主張することができます。

彼らの好奇心は旺盛で、学びたいと思ったことには熱中する傾向があります。彼らは、現在の問題を解決するために、独創的な方法を見つけ出すことが得意です。

また、ENTPは、恋愛においても刺激や冒険を求める傾向があります。相手に自由を与え、自分自身も自由に振る舞える相手が合うようです。

理想的な相性のペア

  • INTP(研究者タイプ)
    INTPは、情報収集や意見交換が得意で、知的好奇心が旺盛なタイプです。ENTPとは、協力して問題を解決することができます。ENTPはアイデアを出し、INTPはそれを分析することが得意です。
  • INTJ(戦略家タイプ):
    INTJは、論理的思考能力が高く、大局的な視野を持つタイプです。ENTPとは、アイデアを出し合い、理解し合うことができます。ENTPの創造性とINTJの分析力が合わさることで、大きな成果を生むことができます。
  • ENFP(改革者タイプ):
    ENFPは、将来の可能性を見据えたアイデアを考え、柔軟性に富んだ行動を取るタイプです。ENTPとは、アイデアを出し合い、共有することができます。ENTPの創造性とENFPの未来志向が合わさることで、未来への可能性を広げることができます。
  • ISTP(実務家タイプ) :
    ISTPは、実践的なアイデアを生み出し、具現化することが得意なタイプです。ENTPとは、アイデアを出し、ISTPが具体化することができます。ENTPの創造性とISTPの実践力が合わさることで、現実的な成果を生み出すことができます。

ENTPが理想的な相性を持つのは、論理的思考能力に長けており、意見交換が円滑に行えるタイプです。

双方が率直な意見を出し合い、協力して目標を達成することができます。また、両者ともに創造性や独創性に富んでおり、刺激しあってより良いアイデアを生み出せる可能性があります。

恋愛の相性が良いペア

  • ISTP(実務家タイプ):
    社会で活用できる情報や知識を持っており、ENTPに提供してくれることができます。また、実践的なアドバイスを与えることができ、ENTPがアイデアを実現するのに役立ちます。
  • INTP(研究者タイプ):
    ENTPと同様に分析的で理論的な考え方をするタイプであり、共通の趣味や興味を持っていることが多いです。情報を共有しあい、一緒に将来の可能性を探ることができます。
  • ENFP(改革者タイプ):
    ENTPと同じように創造性に溢れ、新しいアイデアを追求するタイプであり、将来の可能性を考える点でも一致します。また、楽しい雰囲気を作り出すことができ、ENTPがストレスを解消するのに役立ちます。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    ENTPがストレスや困難に直面したときに、安心感を与えてくれるタイプです。また、共感的で優しい性格を持っており、ENTPが自分自身を開放することができるようにサポートしてくれます。

ENTPと恋愛の相性が良い人は、将来的な展望やアイデアについて、活発な議論を交わしながら共有できる相手です。

お互いに意見を尊重し、相手の考えに耳を傾けることができるため、深いコミュニケーションを築くことができます。

また、適度な距離感を保ちながらも、お互いに心地よい関係を築くことができるため、長続きする関係を築くことができます。

対立しやすいペア

  • ISFJ(保護者タイプ):
    新しいアイデアや革新的なものに対して否定的な傾向があり、変化を受け入れることが難しいタイプです。
  • STJ(努力家タイプ):
    革新的なアイデアに対して否定的で、現実的な観点から厳しく批判することがあるタイプです。
  • INTJ(戦略家タイプ):
    現実的な観点からアイデアの実用性を重視し、革新的なアイデアに賛同しないことがあるタイプです。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    伝統的な価値観を重視し、変化や革新に対して慎重な傾向があるタイプです。

ENTPと対立することがあるタイプには、自分たちが持っている伝統的な考え方や価値観を優先する傾向があると言えます。

彼らは、新しいアイデアや革新的な発想に対して批判的であり、現実性や実用性に重きを置くことがあります。

ENTJ(リーダータイプ)の相性一覧

ENTJ(リーダータイプ)とは、自分自身に非常に自信を持っており、リーダーとしての才能を生まれつき持っている人のことを指します。彼らはタスク管理や実践的な応用力に長けており、計画を立てて実行することにおいて自信を持っています。

しかし、ENTJタイプは自分に対しても周りの人に対しても厳しい完璧主義者であり、自由なタイプとは相性が悪い場合があります。彼らは細かいところまでこだわり、自分自身に高い基準を設けています。

また、自分が立てた計画を変更することには抵抗を感じる傾向があります。

注意すべき点は、自分が求めるものを相手に押し付けすぎないことです。彼らは自分自身に対しても厳しくあるため、周りの人にも同様の高い要求を抱きがちです。

しかし、相手に合わせる気持ちを忘れず、コミュニケーションをとることが重要です。

また、相手の意見にも耳を傾け、共感することができるよう努めることが大切です。

理想的な相性のペア

  • ESTJ(責任者タイプ):
    ENTJタイプと同じく、タスクの管理や実践的な応用力に優れたタイプであるため、仕事やプロジェクトの進行をスムーズに進めることができます。また、責任感が強く、信頼性が高いため、ENTJタイプが求めるリーダー像に近いことが魅力です。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    ENTJタイプが目指す目標に向けて真剣に取り組む姿勢に共感し、協力的なタイプです。責任感が強く、努力家な性格はENTJタイプと相性が良いとされています。また、情報を正確に把握することができるため、ENTJタイプの決断の基盤として信頼を寄せることができます。

ENTJ(リーダータイプ)に相性が良いのは、現実的な実用性を重視することができ、戦略的かつ論理的な思考を持った人です。

ENTJタイプは自分に厳しく、完璧を求める傾向がありますが、同様に高い要求を持ち、真摯に仕事やプロジェクトに取り組む姿勢がある人と相性が良いです。

このような人と一緒に仕事をすると、ENTJタイプは自分のリーダーシップを発揮し、プロジェクトの成功に導くことができます。

また、相手が論理的な思考を持っていることで、ENTJタイプはより効率的かつ実用的な戦略を立てることができます。

恋愛の相性が良いペア

  • INFP(心理学者タイプ):
    自分自身について深く考え、感受性が豊かで創造性がある人です。ENTJと相性が良い理由は、お互いに自分自身の価値観を大切にし、真摯に向き合える点にあります。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    自分自身に独自のアイデンティティを持ち、芸術的な表現力に優れる人です。ENTJと相性が良い理由は、お互いに個性を尊重し、互いの才能を認め合える点にあります。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    深い愛情を持ち、相手を思いやることができる人です。ENTJと相性が良い理由は、お互いに誠実さを大切にし、相手を思いやりながらも理性的に判断できる点にあります。
  • INTJ(戦略家タイプ) :
    論理的に考え、具体的な計画を立てることが得意な人です。ENTJと相性が良い理由は、お互いに戦略的思考を持ち、目的を達成するために努力し合える点にあります。

ENTJタイプの人は、自己要求が高く、完璧主義傾向があるため、追われる恋愛が好みであることがあります。

彼らにとっては、一緒にいて居心地がよく、利害関係に関わらず付き合える相手が理想的です。

彼らと相性が良いのは、心地よく共存でき、彼らの強い意志に対しても自立心を持っている人です。

また、自分自身や他人に対して深い洞察力を持ち、彼らが独創的なアイデアを生み出すことを尊重できる人も良い相手となります。

対立しやすいペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    彼らは、クリエイティブな解決策を見つけることに熱心で、独創的なアイデアを持っていますが、現実的な問題を解決する能力に欠けている場合があります。ENTJとのコミュニケーションにおいては、彼らがもっと現実的な視点を持ち、実際に起こっていることを見るように促す必要があるかもしれません。
  • INFP(心理学者タイプ):
    INFPは、自分自身と向き合い、内省的な時間を重んじるタイプです。彼らは、深い洞察力を持ち、感受性が豊かであり、感情的に傾きやすい傾向があります。しかし、彼らの実践力は限られており、時には行動に移すことができないことがあります。ENTJは、このような状況に対処するために、より実践的な方法で問題に取り組むようにINFPを励ますことが必要かもしれません。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    ISFPは、計画を無視し、独自のスタイルを貫くことがあるため、他の人と合わせることができないことがあります。彼らは、美的感覚に優れ、芸術的な創造性があります。しかし、彼らはしばしばルールを無視し、決定を先延ばしにすることがあります。ENTJは、ISFPを計画的にするように促し、彼らが独自のスタイルを維持しながらも、協調性を持って他の人と協力する方法を見つけるように支援する必要があるかもしれません。

ENTJタイプは、自分たちのビジョンやアイデアに強い自信を持っており、自分たちと合わない人や理解してくれない人とのやり取りに苦労することがあります。

彼らは自分たちの目的に向かって進むことを重視し、同じ目標を持つ前向きな人々と協力することを好む傾向があります。

ENFP(改革者タイプ)の相性一覧

ENFPというタイプの人は、とても好奇心旺盛で行動力がある人が多いです。

何事にでも挑戦する意欲が強く、思い立ったらとりあえずやってみる、チャレンジ精神に長け、たくさんのことを経験して成長することができます。

失敗を恐れずに自分を信じて、前向きに進んでいく勇気も持っています。

たくさんの学びを得て、ぐんぐん成長していくタイプです。

ENFPには、以下のようなタイプの人が相性が良いとされています。

理想的な相性のペア

  • ESFP(楽天家タイプ):
    楽天的で自由奔放な人であり、ENFPタイプの人とは楽しみ方や面白さのセンスが合うため、相性が良いと言えます。
  • ENFJ(協力者タイプ):
    他者のニーズに敏感であり、協力や協調を大切にする人です。ENFPタイプの人とは、理想のゴールに共感し、共に理想を実現することができるため、とても良いパートナーとなります。
  • ENTP(発明家タイプ):
    創造力があり、アイデアを出し合ったり情報交換ができる人です。ENFPタイプの人とは、お互いのアイデアや情報を共有することで、創造的なインスピレーションを得ることができます。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    感性的で芸術的な視点から物事を考えることができます。ENFPタイプの人とは、お互いに刺激しあい、創造的なエネルギーを生み出すことができます。また、実用的な視点から物事を考えるISFPタイプの人が、ENFPタイプの人にバランスをもたらすことができます。

ENFPと相性が良い人は、理想に共感してくれる発想力が豊かな人たちです。

また、ユーモアのある人も相性が良いとされています。

恋愛の相性が良いペア

ENFPが好きなタイプは、次のような人たちです。

  • ENFJ(協力者タイプ):
    自分のアイデアを受け入れてくれるだけでなく、実現可能性を考えてくれるため、理想を実現するための良き協力者となります。
  • INTP(研究者タイプ):
    アイデアを出し合ったり話し合うことができ、情報収集にも長けているため、有益な情報を教えてくれます。
  • INTJ(戦略家タイプ):
    長期的な視点で安心感を与えながら、共に考えを共有することができます。
  • ESFJ(社交家タイプ):
    話をするのが楽しく、スケジュールを立てて次に何をするべきかをわかりやすくしてくれるため、お互いにストレスを感じずに共に行動することができます。

ENFPタイプの人は、夢や理想を大切にする人が多いので、同じような考え方を共有できる相手がいいようです。

また、彼らが思いついた新しいアイデアや考え方を理解してくれる相手がいると、とてもうれしく感じるようです。

そして、困難な状況に直面しても、彼らを安心させてくれる相手と出会うと、とても心強いと感じるようです。

対立しやすいペア

  • ISTJ(努力家タイプ):
    細かいことにこだわり、堅実な性格で冒険や新しいアイデアには興味がないため、ENFPのアイデアを理解できず、面白くないと感じてしまう。
  • INTJ(戦略家タイプ) :
    現実的な問題解決に重きを置き、ENFPのアイデアを受け入れることが難しい。また、冒険的なアイデアに対して慎重な傾向があり、成功の可能性を見つけるために批判的な態度を取ることがあるため、ENFPの創造力を抑え込んでしまうことがある。

ENFPと対立するのは、自分と違う考え方をする人を受け入れられない人や、批判的な態度をとってしまう人です。

ENFPタイプの人は、新しいことにチャレンジすることが好きで、チャレンジすることを否定する人とは相性が悪い傾向があります。

自分と意見が合わず対立しやすい相手と、恋愛において相性が良いペアは被ることがあります。

これは、自分と全く異なるタイプの人に対して反感を持つ一方で、ミステリアスで惹かれることもあるためです。ただし、最終的には関係が壊れることが多いとされています。

ENFJ(協力者タイプ)の相性一覧

ENFJタイプの人は、とても社交的で、周りの人たちを励ますことや指導することが得意な人が多いです。

彼らは、人を惹きつける特別な魅力を持っているため、多くの人から好かれます。

しかし、彼らは自分の行動や言葉がどう受け止められるかを気にしすぎて、他人の意見に左右されやすい傾向があります。

理想的な相性のペア

  • INFP(心理学者タイプ):
    感受性が豊かで、人の感情を深く理解し、対応できる能力があるタイプです。他人の気持ちを大切にするENFJと、INFPとのコミュニケーションはスムーズに進みます。
  • ENFP(改革者タイプ):
    積極的でエネルギッシュなENFPは、人々の心を揺さぶり、新しいアイデアを出すことができるタイプです。ENFJもまた、人々のために尽くすことを喜びとし、お互いに理解しあうことができます。
  • INTJ(戦略家タイプ) :
    自分のビジョンに向かって着実に行動することができるINTJは、ENFJが掲げる理想を実現するための戦略を考えることができます。ENFJは、自分の理想を実現するために、INTJの能力を必要としています。

ENFJと相性が良いのは、社交性に優れ、他人の気持ちを理解し、周りの人を尊重できる人です。

恋愛の相性が良いペア

  • INTJ(戦略家タイプ) :
    自分のビジョンや目標に向かって論理的に考え、効率的に行動することができるタイプ。また、情熱や使命感を持っている点もENFJと共通している。
  • INFP(心理学者タイプ):
    他人の気持ちを深く理解し、相手の感情に寄り添いながらも自己表現ができるタイプ。ENFJは相手に共感することが得意であるため、INFPとの相性が良いと言われている。
  • INFJ(共感者タイプ):
    自分の感情や価値観に敏感であり、他人の感情を理解することが得意なタイプ。ENFJもまた、人の気持ちを察することが得意であるため、共感し合える相手として相性が良いと言われている。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    現実的な視点を持ちながら、美的センスに敏感で自分独自の感性を大切にするタイプ。ENFJもまた、美的センスに敏感であり、ISFPと共に芸術や美術館などの文化的な場所を楽しむことができるため、相性が良いとされている。

ENFJと相性の良いタイプは、理想を共有し、どんな困難な状況でも安心感を与えるタイプの人です。

ENFJは情熱的で人を愛する気持ちが強く、積極的にアプローチすることも多いです。

相手に愛されることを望む一方で、相手の気持ちにも敏感になる傾向があるため、相性の良い人はそういった気持ちに応えることができる人です。

対立しやすいペア

  • ISTP(実務家タイプ):
    自分の信念やこだわりに強く固執し、他人に合わせようとしないタイプ。また、感情表現が苦手であり、冷静に物事を判断する傾向があるため、ENFJが求める人間関係やコミュニケーションスタイルとは合わない場合があります。
  • INTP(研究者タイプ):
    自分の考えや理論を優先し、周囲の人々の感情やニーズを十分に考慮しない傾向があります。また、INTPは思考や分析に時間をかけるため、ENFJが望むような迅速な決断や行動が取れない場合があります。
  • ENTP(発明家タイプ):
    独自の発想やアイデアを優先し、常識や既存のルールにとらわれない行動をとることがあります。ENFJは人々との関係を重視するため、ENTPが突飛な行動をとる場合や、ENFJの価値観や信念に反することをする場合、対立する可能性があります。

ENFJが対立しやすいのは、周囲の人の気持ちを軽視し、自分勝手な行動をするタイプの人です。

また、周りに合わせることが好きな傾向があるため、常識にとらわれない行動をする人も相性が悪いとされています。

ESTP(冒険家タイプ)の相性一覧

ESTP(冒険家タイプ)は、好奇心旺盛で、元気いっぱいな人が多いです。

目標を決めると、勇気を出して取り組むことができます。

どんなことにも挑戦する姿勢があるため、失敗することもありますが、経験を積むことで成長することができます。

理想的な相性のペア

  • ESFP(楽天家タイプ):
    身体的な能力が高く、遊び心があり、ユーモアセンスに富むタイプで、ESTPと一緒に新しい体験を共有できるパートナーとして適しています。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    現実的なことに優れており、目的を達成するために必要な計画を立て、実行するための能力があります。ESTPの冒険心をサポートし、自己実現に向けた行動力を持っています。また、経済的な安定や社会的地位を重視するため、ESTPが偏りがちなリスクを取りすぎることを抑える役割も果たすことができます。

ESTPと理想的な相性のペアは、目的を達成するためにどのような行動をとるべきかを具体的に考え、かつ素早く行動することができるタイプの相性が良いとされています。

恋愛の相性が良いペア

  • ISTP(実務家タイプ):
    実践的で現実的な考え方を持ち、物事を論理的に分析することが得意なタイプ。ESTPがアクション志向であるのに対し、ISTPは冷静かつ分析的な考え方を持つため、お互いにバランスをとりながら進めることができる。
  • ESFJ(社交家タイプ):
    人とのコミュニケーションが得意で、周りと円滑に交流することができるタイプ。ESTPは社交的で積極的なタイプであるため、ESFJと一緒にいることで、社交的な場面でも相手をリードしながら、楽しい時間を過ごすことができる。
  • INFJ(共感者タイプ):
    人々の感情に共感し、理解し、支援することが得意なタイプ。ESTPは冒険心が強く、スリルや興奮を求める傾向があるため、時には冷静さや情緒的なバランスが必要となる。INFJは相手の感情に敏感であり、落ち着いたアドバイスを与えることができるため、相性が良いと言える。
  • INTJ(戦略家タイプ) :
    分析的で論理的な思考を持ち、目的を達成するために必要な計画や戦略を練り上げることが得意なタイプ。ESTPも冒険をするために計画的な思考が必要となるため、INTJのようなタイプと相性が良いと言える。また、INTJは自己主張が強く、自分の意見をはっきりと述べることができるため、ESTPとの意見の衝突を避けることができる。

ESTP(冒険家タイプ)と恋愛の相性が良いのは、行動力がありスピーディーなタイプ、自分を魅了する人や安心感を与える人が相性が良いです。

対立しやすいペア

  • INTJ(戦略家タイプ) :
    目的達成のために周到に計画を立てるため、思考や行動がスローペースであることが多く、冒険家タイプにとってはストレスを感じる場合がある。
  • INFJ(共感者タイプ):
    直感的な判断や感情に基づいた行動をすることが多く、冒険家タイプにとっては意思決定のプロセスや行動パターンが予測不能であるため、不安を感じる場合がある。また、共感者タイプは、感情表現に繊細であるため、冒険家タイプの言動に傷ついてしまうことがある。

ESTPが対立しがちなのは、腰が重く行動に移すまでに時間がかかるタイプや、感情的で協調性がないタイプです。

スピード感や現実的な問題解決に重点を置くESTPにとって、慎重派や感情主導のタイプとは相性が悪いとされています。

ESTJ(責任者タイプ)の相性一覧

ESTJ(責任者タイプ)は、冷静で決断力があり、リーダーシップを発揮して周囲の状況や人々を管理する能力に長けた人が多いです。

しかしながら、怠惰や不正行為に対しては厳しく、失敗した人には厳しい態度をとってしまうことがあるようです。

彼らは非常に責任感が強いため、強引すぎる場合があり、怖がられたり冷たい印象を持たれたり、厳しい人と思われる可能性があるため注意が必要です。

理想的な相性のペア

  • ESTP(冒険者タイプ):
    行動力があり、現実的で実践的な考え方を持ち、知識をうまく使うことができるタイプです。ESTJの堅実さとESTPの柔軟さが相まって、一緒にプロジェクトを進めることができます。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    秩序を重んじ、仕事に対して誠実で責任感が強いタイプです。ESTJも同様に責任感が強いため、両者でタスクを分担して仕事を効率的にこなすことができます。
  • ESFJ(社交家タイプ):
    コミュニケーション能力が高く、人々の気持ちを理解し、他者を思いやることができるタイプです。ESTJは人々の期待に応えることを大切にしており、ESFJと一緒に仕事をすることで、チームワークを高め、目標を達成することができます。

ESTJと相性が良いのは、知識を実践に活かすことができる人や、秩序や社会の常識を尊重する人です。

ESTJタイプは真面目で、ルールや秩序を重視する傾向があるため、それを理解し尊重できる相手が良い相性を持つと言えます。

恋愛の相性が良いペア

  • ESFJ(社交家タイプ):
    ESFJは、ESTJと同様に社交的で周りの人を気遣う性格です。ESTJとの恋愛においては、相手に対して配慮し、コミュニケーションを取ることができるため、お互いに安心感を持って関係を築くことができます。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    相手を思いやる気持ちが強く、伝統やルールを大切にする性格です。ESTJとの恋愛においては、相手を大切にし、お互いを支えあうことができます。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    現実的な洞察力があり、真面目で責任感が強い性格です。ESTJとの恋愛においては、お互いに計画的に物事を進めることができ、一緒に目標に向かって頑張ることができます。
  • INFP(心理学者タイプ):
    周囲の人々の心情に敏感で、穏やかで優しい安心感のある性格です。ESTJとの恋愛においては、相手の気持ちを理解し、優しく支えることができます。

ESTJとの恋愛相性が良いのは、お互いに心から信頼し合い、素直に思っていることを話せるタイプの人です。

ESTJは人に厳しく、自分自身にも厳しい傾向があるため、パートナーの裏切り行為を絶対に許さないでしょう。

しかし、相手に嫌な部分が見えると、ESTJの気持ちは冷めてしまうこともあるようです。

対立しやすいペア

  • INFP(心理学者タイプ):
    自分の感情や理想を大切にし、自分にとって価値あることにのみ興味を持ちます。一方で、他者との調和や妥協に重きを置くESTJとは対照的な考え方を持っているため、価値観や意見が合わないと衝突しやすくなります。
  • INTP(研究者タイプ):
    論理的思考を好むINTPは、自分の考え方に忠実であることが重要です。しかし、ESTJは現実的な観点から物事を考えるため、INTPの論理的思考を理解することができず、相手の考え方を曲げることが難しいことがあります。これが対立の原因となることがあります。

ESTJと対立しやすいのは、伝統や常識を重視しないアイデア重視のタイプの人です。

ESTJは現実的で真面目なため、夢や理想論を語ることにはあまり興味を持ちません。

ESFP(楽天家タイプ)の相性一覧

ESFP(楽天家タイプ)の人は、人を笑顔にすることが大好きで、明るくて楽天的な性格です。

自分のペースで行動し、興味のあることには好奇心が強く、人との交流も大好きです。だから、多くの友達を持っていることが多いです。

でも、あまり得意でないことは後回しにしてしまうことがあり、苦手なことを克服するのが難しいことがあります。

だからこそ、苦手なことにも前向きに取り組むことが大切ですよね。

理想的な相性のペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    楽天家タイプのESFPと同じく、楽しいことが好きでアイデアを形にすることが得意であり、共通の話題を見つけることができる。
  • ESTP(冒険者タイプ):
    ESFPと同じく、行動力があり、現実的な問題解決能力に優れた人たち。ESFPとESTPはお互いに挑戦的なスポーツやアウトドアアクティビティを一緒に楽しめる。
  • ESFJ(社交家タイプ):
    ESFPと同じく、人とのコミュニケーションが得意で、周囲を和やかな雰囲気にする人たち。お互いに社交的な性格で、パーティーなどのイベントに参加することが楽しめる。
  • ISTP(実務家タイプ):
    ESFPとは異なり、ISTPは内向的であるが、知識と経験に基づく実践的な解決策を提供し、課題解決に向けた行動を起こす人たち。ESFPはISTPのアイデアを実現するためのエネルギーとスパークを提供できる。

ESFPと相性が良いのは、物事をシンプルに考える人や、ユーモアがあり素早く行動することができる人です。

物事をシンプルに考えて素早く行動できるので、深く考えすぎずに前向きに取り組む姿勢が相性が良いと言えます。

恋愛の相性が良いペア

  • ESFJ(社交家タイプ):
    人当たりが良く社交的で、多くの人と関わることを楽しむタイプ。お互いにコミュニケーションを取りながら、楽しく共有できる趣味や活動を共有し、関係を深めることができます。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    思いやりや優しさを大切にするタイプ。ESFPが求めるような温かみのある雰囲気を作り出すことができます。お互いのニーズを理解し、助け合える関係を築くことができます。
  • ENFP(改革者タイプ):
    創造性やアイデアを大切にするタイプ。ESFPと同様に楽しいことが好きで、常に新しいことに挑戦することができます。お互いに自由を尊重しつつ、共感し合えるパートナーシップを築くことができます。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    責任感が強く、真面目で一生懸命に働くタイプ。ESFPが楽しむことに理解を示し、安定した生活を支えることができます。お互いの価値観を尊重し、信頼できるパートナーシップを築くことができます。

ESFPタイプの人と恋愛関係においては、自分のライフスタイルに口を出さない相手や、心地よい空気を作り出せる人と相性が良いとされています。

彼らは社交的な傾向がありますが、同時に自分自身の時間も大切にしたいと考えるため、お互いの自由を尊重し合える相手と相性が良いようです。

対立しやすいペア

  • INTJ(戦略家タイプ) :
    冷静で批判的なタイプで、ESFPの楽天的で陽気な性格とは対照的です。INTJは、他人に厳しく、自分にも厳しい傾向があります。
  • INFJ(共感者タイプ):
    真剣で理想主義的なタイプで、ESFPのユーモアセンスや陽気さに合わせることができない可能性があります。また、INFJは、行動に移す前に十分な慎重さが必要であるため、ESFPとの行動の速さに違和感を感じることがあります。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    堅実で責任感が強く、ルールや秩序を重んじるタイプで、ESFPの自由奔放な性格とは対照的です。ESTJは、自分たちの考え方ややり方を押し付ける傾向があるため、ESFPとは衝突する可能性があります。

ESFPと相性が悪い傾向にあるのは、感情に対して無頓着で批判的な人や真面目な人です。

ESFPは苦手なことを後回しにしてしまう傾向があるため、きちんとしたことや真面目な人とは合わないようです。

また、ESFPは人を楽しませることが好きなので、ユーモアに欠ける人と一緒にいるとつまらないと感じるかもしれません。

ESFJ(社交家タイプ)の相性一覧

ESFJ(社交家タイプ)は、社交的であり、人への思いやりがあることが彼らの基本的な性格として知られています。彼らは人との繋がりを大切にし、人々の感情や欲求を理解し、対話を通じて関係性を構築することが得意です。

一方で、感情的に敏感であり、批判的なコメントや冷たい態度に傷つきやすい傾向があります。また、周りからの評価や自己批判が強いため、他人からの肯定的な反応や称賛を求めることがあります。

また、ESFJは、組織やグループ内での調和と秩序を尊重する傾向があります。彼らは、共感力と洞察力を持ち合わせており、人々が円滑にコミュニケーションを取ることができるようにすることができます。社交的で外向的な性格のため、人々から好かれる傾向にあります。

理想的な相性のペア

  • ESFP(楽天家タイプ):
    社交的で、人を楽しませることが上手であるため、気軽に楽しい時間を過ごすことができます。
  • ENFJ(協力者タイプ):
    人をまとめることが得意で、人々を統合することに長けています。お互いに相手の能力を認め合うことができ、チームを効果的にリードすることができます。

ESFJは、社交性が高く協調性があり、集団のルールを重んじるタイプです。

彼らは、温和で優しい性格であるため、活発で明るく前向きなタイプと相性がよく、一緒に行動すると楽しく過ごせることが多いようです。

恋愛の相性が良いペア

  • ESTJ(責任者タイプ):
    社会のルールやマナーを大切にし、お互いの意見を尊重して話し合うことができるタイプ。堅実で責任感が強く、安心感を与えてくれるでしょう。
  • ESTP(冒険者タイプ):
    社交的で、居心地の良い雰囲気を作ってくれ、エネルギッシュな性格で明るく楽しい時間を過ごせます。
  • ENTJ(リーダータイプ):
    実践的な解決策を提供し、強いリーダーシップを発揮してくれるタイプ。目的に向かって前進し、お互いを高め合うことができるでしょう。
  • INTP(研究者タイプ):
    論理的で分析力が高く、冷静かつ客観的な視点から物事を見ることができるタイプ。不安定な状況でも冷静に対処し、落ち着いた相手になってくれます。

ESFJタイプにとって相性が良いのは、自分と同じように優しく協調的な性格の人や、お互いを尊重し合える人です。

彼らは控えめな性格傾向があるため、リードしてくれる人とも相性が良いです。

対立しやすいペア

  • INTP(研究者タイプ):
    自分にとって重要なことにこだわり、周りとの交流をあまり好まないタイプです。そのため、ESFJの社交性や周りとの関係性重視の性格とは相容れないことがあります。
  • INFP(心理学者タイプ):
    自分の内面に向き合い、理想や価値観を追求することが多いタイプです。このため、周りの人と交流を持たず、ESFJの社交的な性格とは対照的な傾向があります。

ESFJタイプの人にとって、対立しやすいのは、自分の独自の世界観やアイデアに固執し、周りの考え方や感情に共感しない人です。

ESFJタイプは、人との交流やコミュニケーションを大切にするため、共感や理解が得られない状況には不快感を覚えることがあります。

また、伝統や社会的ルールを重視する傾向があるため、それに反するような行動をとる人とも対立しやすいかもしれません。

INTP(研究者タイプ)の相性一覧

INTP(研究者タイプ)の人は、内向的で知的好奇心旺盛な人が多いです。

彼らは論理的で、複雑な問題を解決することが得意です。常に新しいアイデアを追求し、自分の思考を追求することを好みます。

また、多くの場合、社交的な場面での社交性や表現力に欠けることがありますが、専門的な知識や分析能力に優れています。

INTPタイプの人は、自分自身や世界の理解に深く没頭するため、自分自身との時間をとることが多いです。

また、物事を抽象的に考え、自分なりの考えを持っていることが多いので、他人と合わせることが苦手な場合があります。

しかし、彼らは創造的で柔軟性があり、優れたアイデアを生み出すことができます。

理想的な相性のペア

  • INTJ(戦略家タイプ) :
    論理的な議論や情報交換ができるため、相性が良いです。
  • ISTP(実務家タイプ):
    専門的な分野についての意見交換ができるため、相性が良いです。

INTP(研究者タイプ)の人は、知的好奇心が強く、探求心が旺盛な性格です。そのため、新しいアイデアや概念に対して非常に敏感であり、論理的な思考を好みます。

また、INTPは独創的で、創造的な問題解決能力を持っています。これにより、新しい視点やアイデアを生み出し、複雑な問題に対しても、創造的かつ効果的な解決策を見出すことができます。

INTPは、自分自身の考えに忠実であり、時には意固地になることもあります。しかし、適切な論理的な議論や討論を通じて、異なる視点を理解することができます。

したがって、INTPにとって相性が良いのは、自分と同じく論理的思考を好む人や、異なる見解を理解し合える人です。INTPは、お互いの考えやアイデアを交換することで、より創造的な成果を生み出すことができます。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFJ(協力者タイプ):
    自己主張が強く、意見の食い違いがあるときでも相手の意見を真剣に受け止めることができるタイプ。INTPの論理的な思考とENFJの感情的な面との組み合わせが良いことが多いです。
  • ENFP(改革者タイプ):
    創造的で情熱的なタイプで、INTPの分析力とENFPの創造性との組み合わせがうまく機能することが多いです。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    着実な行動力を持ち、生活面での安定を求めるタイプ。INTPの分析力が役立ち、お互いを補い合いながら関係を深めることができます。
  • ESFJ(社交家タイプ):
    人とのコミュニケーションが得意で、人間関係を大切にするタイプ。INTPの冷静な分析力とESFJの温かさが相性良く、お互いの弱点を補い合うことができます。

INTPは、自分自身の考えやアイデアを大切にし、真剣に共有や議論を行える相手が好きです。

相手のアイデアにも興味を持ち、尊重することができます。

また、相手の弱点を理解して補ってくれる人も好みます。知的な話題を提供してくれる人に惹かれる傾向があります。

対立しやすいペア

  • ESFJ(社交家タイプ):
    感情に基づいて行動する傾向があり、論理的でないとINTPから見られることがあります。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    新しいアイデアに対して否定的な傾向があり、自分の意見を主張する傾向があるため、INTPの研究やアイデアに対して理解が得られないことがあります。

INTPタイプは、分析したり考えることが得意なため、論理的で理性的なアプローチを好みます。

そのため、自分の意見を強く押し付けたり、新しいアイデアに否定的な態度を示す人とは対立しやすい傾向があります。

また、感情的に行動する傾向が強いESFJタイプとも相性が悪い傾向があるようです。

INTPタイプの人は、精密で緻密な分析を好むため、感情や直感よりも論理的な思考に重点を置きます。

そのため、論理的な議論や知的な話題に興味を持ち、相手の考えにも興味を持って尊重することができます。

しかし、自分と合わない考え方を持っている人とは対立しやすいため、相性が悪いと感じることが多いようです。

INTJ(戦略家タイプ)の相性一覧

INTJ(戦略家タイプ)の人は、論理的で合理的な思考を得意とし、常に自分の考え方や意見を磨こうとする人たちです。

彼らは常に知識を吸収し、将来の目標やプロジェクトのために情報を集めることに情熱を注ぎます。特に、彼らが関心を持つ分野に関しては、積極的に研究し、専門的な知識を持っていることが多いです。

彼らは非常に内向的で、社交的な場面ではあまり自信を持っていないことがあります。しかし、必要な場合にはリーダーシップを発揮することもできます。

また、INTJタイプの人は、計画を立てることが得意で、明確な目標を設定し、それに向かって進んでいくことができます。彼らは、独自のビジョンやアイデアを持っており、それを実現するために常に行動に移す傾向があります。

理想的な相性のペア

・INTP(研究者タイプ):
論理的思考力があり、物事を分析することが得意なタイプ

INTJと相性が良いのは、論理的思考が得意なタイプであることが挙げられます。

INTJ自身も論理的な思考を好み、自分の意見を明確にする傾向があるため、同じように物事を論理的に分析することができる相手と相性が良いと言えます。

また、INTJは興味のある分野について深く掘り下げる情熱を持つタイプであり、同じように自分が興味を持ったことについて情熱を注ぐ相手との相性も良いとされます。

このように、知的好奇心が旺盛な両者は、共に刺激しあいながら高次の議論を展開できる可能性が高く、相性が良いと言われています。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    今後のポジティブな出来事について前向きに話し合うことができるので、INTJと一緒に未来を共有することができます。
  • INFP(心理学者タイプ):
    ライフスタイルが似ていることから、共通の趣味や関心事を持っていることが多く、考えを話し合うことができるタイプです。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    INTJにとって新しい体験をもたらし、彼らの生活環境を自分に合わせてくれるため、興味深く、有益な関係を築くことができます。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    話を聞いたり相談相手になってくれ、心にゆとりがあるため、INTJがストレスを感じることなく、自分の考えを打ち明けることができます。

INTJと恋愛の相性がいいのは、自分の考えを理解して共感してくれる人です。

また、彼らにとっては自分の弱点を理解し、補ってくれて、安定した生活を送るために支援してくれる人が重要です。

これは彼らが常に将来の計画や目標に取り組んでいるため、パートナーにも同じくらいの献身と情熱が求められるためです。

対立しやすいペア

  • ESFJ(社交家タイプ):
    密なコミュニケーションを大切にし、人とのつながりを重視するタイプ。INTJは内向的で、深いつながりを求めるため、価値観が合わない場合があります。
  • ESTP(冒険者タイプ):
    先に行動することを好み、その場のノリで判断することが多いタイプ。INTJは計画的に物事を進めることが好きなため、相性が悪いことがあります。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    自分自身や周りの人に対しても厳しく、完璧主義的な傾向があります。INTJは自分の考えを優先し、他人にも同じように求める傾向があるため、意見が合わないことがあります。
  • ESFP(楽天家タイプ):
    楽観的で、行動力があるタイプ。INTJは行動よりも計画を重視する傾向があり、相性が合わないことがあります。

INTJタイプの人は、論理的な思考や戦略的な計画を好み、感情よりも理性を優先する傾向があります。

このような特性から、口のうまい社交家タイプや直感的に行動する冒険家タイプとは意見が合わないことが多いようです。

また、自分にも他人にも厳しく、周囲にも厳しい責任者タイプとも相性が悪い傾向があります。

さらに、楽天的で即行動を好む楽天家タイプとも、思考スタイルや価値観が合わないため対立しやすいとされています。

INFP(心理学者タイプ)の相性一覧

INFP(心理学者タイプ)は、内向的で優しい性格が特徴的です。

彼らは人を思いやり、人の気持ちに寄り添うことが得意で、人々から深い愛情を受けます。また、自分自身にも非常に厳しい傾向があり、完璧主義者と言われることもあります。

INFPタイプは、創造性や芸術的な表現力に秀でている場合が多く、自分自身の感情や内面の世界をよく理解しています。一方で、現実的な問題や実務面に弱い傾向があり、短期的な目標よりも長期的な目標や理想に向かって努力することを好みます。

INFPは、感情的な面が強く、相手に対して共感や理解を示すことが重要です。

一方で、自分自身の価値観や意見を大切にするため、相手と意見が合わない場合は、対立してしまうこともあるため、相性が悪いと感じた場合は、相手とのコミュニケーションを深めることが大切です。

理想的な相性のペア

  • ISFP(芸術家タイプ):
    自分の感性に忠実で、美的センスに優れている人が多く、INFPとも共感し合える部分があるようです。
  • INTP(研究者タイプ):
    冷静で論理的な考え方が特徴的で、INFPとはお互いに新しい情報やアイデアを交換しあうことができる相性が良いようです。
  • INFJ(共感者タイプ):
    人間関係に敏感で、他人の気持ちを理解する力があり、INFPとも共感し合える部分があるため、理想的な相性のペアの一つとされています。

INFPは、人に親切で優しい性格が特徴的なタイプです。

このタイプの人にとって、相性が良いのは自分自身や他人の一人一人の価値観を尊重できる人です。

自分の意見に固執するよりも、相手の意見を聞き入れ、尊重することができます。

また、相手に寄り添って理解しようとする姿勢があるため、相手との間に信頼関係を築きやすく、多くの人から愛される傾向があります。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    お互いに個人的な特徴を尊重でき、お互いにコミュニケーションを取り、関係を発展させるために話し合いをすることができます。
  • ESTJ(責任者タイプ):
    ESTJはINFPにとって、安定感と安心感を提供することができます。彼らは長期的な目標を持ち、物事を堅実に進めることができます。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    INFPとISTJの相性が良いのは、彼らが安定した関係を築くことができ、信頼や安心を与えるためです。彼らはお互いに感情に敏感であり、互いに尊重することができます。

恋愛において、INFPは気軽にお互いの意見を話し合うことができ、相手が自分の弱点を補ってくれるような人と相性が良いとされています。

INFPは、内向的な性格のため、友人関係や恋愛関係においても、なかなか心を開くことができない傾向があります。

しかし、一度仲良くなると、心を許せる存在となるため、相手との信頼関係が深まり、より親密な関係を築くことができます。

INFPは、相手との気持ちのやりとりや、感情の共有を通じて、関係を深めることが好きです。

また、相手の気持ちに寄り添い、共感することができるため、相手にとって安心感や信頼感を与えることができます。

ただし、自分の価値観に強くこだわり、相手にも同じように求めることがあるため、相手が自分に合わせて変わってくれないと、関係にストレスが生じることがあります。

また、感情的な傾向が強いため、感情の揺れ動きが激しいという特徴があります。このため、相手にも感情的な揺れ動きがある人や、自分と同じように価値観にこだわりを持つ人と相性が良いとされます。

対立しやすいペア

  • ESTJ(責任者タイプ):
    相手を批判し、自分の思うようにコントロールしようとするタイプ。INFPは、自分自身や他人の感情に敏感であり、自分をコントロールされることにストレスを感じます。
  • ESFJ(社交家タイプ):
    相手を心配するあまり、お節介しすぎてしまうタイプ。INFPは、自分自身の感情を重んじるため、相手から干渉されることにストレスを感じることがあります。また、自分自身の問題を解決するために、自分のペースで行動することが重要であるため、ESFJのようなお節介なタイプとは対立しやすいとされています。
  • ENTJ(リーダータイプ):
    厳しく、自分の意見を押し付けるタイプ。INFPは、自分自身の価値観に強くこだわりを持っており、自分の意見を尊重して欲しいと思っています。一方で、ENTJはリーダータイプであり、自分の意見を強く主張する傾向があるため、INFPとは価値観や意見が合わない場合があり、対立しやすいとされています。

INFPタイプが対立する傾向のある相手とは、自己主張が強く他者の価値観を尊重しない人であることが挙げられます。

同様に、過剰な心配やお節介をしてしまう傾向がある人との相性も良くないようです。INFPタイプは、自分自身も敏感で感受性が豊かなので、相手に対しても同様の思いやりを求める傾向があります。

INFJ(共感者タイプ)の相性一覧

INFJタイプは、外見からは穏やかに見えますが、内面には情熱を秘めています。

彼らは、自分にとって重要な目標を設定し、その目標を達成するために全力を尽くします。また、前向きで励まし上手であり、周りの人たちを元気づけることができます。

ただし、彼らは自分独自の価値観やこだわりを持っており、それが強いため、時に他者と価値観が合わないことがあります。そういった場合には、周りの意見を聞き入れることも必要です。

理想的な相性のペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    未来に起こりうることや可能性について前向きに話し合えるタイプで、共に理想に向かって取り組むことができます。
  • INFP(心理学者タイプ):
    周囲の人々の意見に耳を傾け、共感することが得意なタイプで、共に深い理解とつながりを築くことができます。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    穏やかで安定した雰囲気を作ることが得意なタイプで、相手に安心感を与えることができます。また、家庭的な要素が強く、家庭を大切にするINFJにとっては理想的なパートナーとなります。

INFJ(共感者タイプ)と相性が良いのは、来のビジョンや目標、アイデアについて真剣に話し合える相手です。

INFJは自分自身について深く考え、自分の持つ価値観について熟考するタイプなので、彼らと相性が良いのは自分の考え方を尊重し、支援してくれる人です。

また、INFJは相手の立場や気持ちを理解するのが得意なので、相手が抱える問題や悩みに対して、共感や助言をすることができます。

したがって、自分自身や相手の心の声を大切にし、真摯に向き合い、協力しあえる人と相性が良いようです。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFJ(協力者タイプ):
    周りの人々を思いやることができ、励ましや勇気を与えることができるタイプ。
  • ENFP(改革者タイプ):
    お互いの価値観や個性を尊重し合い、意見を共有することができるタイプ。
  • ESTP(冒険者タイプ):
    自分の弱点や欠点をフォローしてくれるだけでなく、助言やアドバイスを与え、安心感を与えてくれるタイプ。
  • INTP(研究者タイプ):
    意見やアイデアの交換ができるだけでなく、お互いの思考を刺激し合い、情報交換を積極的に行うことができるタイプです。

INFJは、恋愛においては、自分の理想や価値観に合致する相手を求める傾向があります。

相手には、誠実で真面目な姿勢を持ち、自分に足りないところを補ってくれるという魅力を求めます。

また、相手と深い絆を築き、感情や思考を共有することができることも重要視します。

INFJは、自分自身が深い情熱を持って目標に向かって努力する性格であり、同じような熱意を持っている相手と出会うことで、共感し合うことができます。

恋愛においては、相手とともに成長し、互いに支え合い、励まし合うことができる相手が理想的です。

対立しやすいペア

ESTP(冒険者タイプ):
コミュニケーションが苦手で、自分の意見に固執し、他人の意見やアイデアを受け入れることが難しいタイプ

INFJは、自分自身だけでなく周りの人々のことも考え、共感することが得意なタイプです。

そのため、自分の考えや意見を押し付けるような人や、自分勝手な行動を取る人とは対立しやすい傾向があります。

INFJは、相手との良好な関係を築くことを大切にし、協力的なコミュニケーションを好みます。

しかし、自分の考えを尊重してもらえない場合や、自分勝手な行動を取られる場合は、ストレスを感じることがあります。

ISTP(実務家タイプ)の相性一覧

ISTP(実務家タイプ)の人は、内向的で無口で、控えめな性格を持っています。

しかし、一度決めたことには真剣に取り組み、時には大胆に行動することもあります。

また、自分に興味を持ったことに対しては、冷静かつ好奇心旺盛に挑戦し、努力を惜しまないという特徴があります。

このタイプの人は、とりあえず興味があることに手を出し、失敗することもありますが、そこから学び、経験を積むことで自己成長を図ります。

理想的な相性のペア

  • ISTJ(努力家タイプ):
    現実的かつ実用的に物事を考えることができ、努力を惜しまずに物事を進めることができるタイプ。
  • ENTP(発明家タイプ):
    アイデアを出し、実現するために必要な冷静な判断力を持っているタイプ。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    物事を現実的に考えつつも、自己表現の自由を重んじることができるタイプ

ISTPと理想的な相性を持つ人は、現実的で実用的な思考力を持ち、冷静な判断力を持っている一方で、創造性や自由を尊重することができる傾向の人です。

これらの相性の良いタイプとの出会いや関係を築くことで、ISTPはより充実した人生を送ることができます。

恋愛の相性が良いペア

  • ESTP(冒険者タイプ):
    現実的な思考を持ち、冷静に物事を考えることができるタイプとの相性が良いです。
  • ENTP(発明家タイプ):
    実際に使えて応用も効く考え方を持ち、創造的な面を持つタイプとの相性が良いです。
  • ENFJ(協力者タイプ):
    どんな状況でも冷静であり、安心感を与えてくれるタイプとの相性が良いです。

ISTPと恋愛の相性が良いのは、世渡り上手で機知に富んだ人や、冷静で信頼感のある人です。

ISTPは、冷静で現実的な性格であり、感情的になることはあまりありません。そのため、パートナーが感情的になったり、緊張感のある状況に直面したりしても、冷静さを保って対処することができます。

また、ISTPは、自分の興味があることには熱心に取り組む傾向があります。恋愛においても同じで、相手に対して興味を持った場合には、真剣に向き合い、相手を知ろうとする姿勢が大切です。

ISTPと相性が良いのは、自分自身も現実的で冷静な考え方を持ちつつ、相手の個性や感情を尊重し、且つ冷静で信頼感のあるパートナーだと言えます。

対立しやすいペア

ENFJ(協力者タイプ):
理想を追求するために行動に移すことが難しい傾向があるタイプ。

ISTPと対立しやすい相手は、現実的で合理的な考え方が苦手な人や、理想主義的で行動力に欠けるタイプの人です。

ISTPは常に現実に即した実践的なアプローチを好むため、抽象的で理論的な考えに対しては慣れないと感じることがあります。

また、行動力に欠ける人やプランを実行に移せない人と相性が悪いとされています。

一方で、ISTPは非常に思い切った行動を取ることができるため、決断力のない相手とも相性が悪い場合があります。

ISTJ(努力家タイプ)の相性一覧

ISTJ(努力家タイプ)の人は、堅実で真面目な性格であり、周囲の期待や信頼に応えるために常に最善を尽くします。

常に責任感を持ち、綿密に計画を立て、正確にタスクを実行することが得意です。論理的思考力に優れ、感情的にならずに冷静に状況を判断できます。

しかし、一方で、新しいことに取り組むことに不慣れで、保守的であるため、柔軟性に欠ける傾向があります。また、自分の考え方にとらわれすぎて、他者のアイデアや意見に対して受け入れることが難しい場合もあります。

このような特徴から、ISTJの人は、組織やチームの中で安定感を提供し、信頼性の高いリーダーやマネージャーとして活躍することが多い一方で、変化や不確実性が多い状況に対応する際に苦労することもあるようです。

理想的な相性のペア

  • ISFJ(保護者タイプ):
    周囲の人たちを大切に思い、誠実で温かみのある性格が特徴です。ISTJと同様に、責任感が強く、義務を果たすことに誇りを持ちます。
  • ENTJ(リーダータイプ):
    自分の考えをしっかり持ち、決断力やリーダーシップを発揮できるタイプです。ISTJは、組織の中で堅実な役割を果たすことが多いので、ENTJの強いリーダーシップが補完的になります。
  • INFJ(共感者タイプ):
    人々の気持ちや感情に敏感で、倫理感や常識を持ったタイプです。ISTJもまた、常識や倫理観を大切にするため、意見や価値観が合うことが多いです。

ISTJ(努力家タイプ)の人は、誠実で責任感が強く、周囲からの信頼が厚い傾向があります。

冷静かつ論理的に物事を考え、計画的な行動を取ることができるため、誤りを犯すことは少なく、信頼される存在です。

しかし、真面目すぎて、保守的な傾向があるため、柔軟な対応が求められる場合には苦手とすることがあります。

そんなISTJ(努力家タイプ)の人に対して常識や倫理観を重んじる真面目なタイプの人が、相性がいい傾向にあります。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    道徳心が強く、倫理観がしっかりしていることで、ISTJの真面目さや責任感に共感し、相手を支えることができるタイプです。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    周りに合わせることができ、道徳心や倫理観を大切にすることで、ISTJとの共通点が多く、お互いを理解しやすい相性と言えます。

ISTJと恋愛の相性がいいのは、しっかりと計画を立てる人や、時間をきっちり守る人、どんな状況でも冷静で安心感を与えてくれる人です。

ISTJの人は、まじめで計画性があり、決めたことは必ず実行するタイプです。

時間を守り、責任感が強く、安定感があるため、相手にとって安心感を与えます。何事にも冷静であるため、どんな状況でも的確な対処をしてくれます。

恋愛においても、しっかりとした関係を築くことができるでしょう。

対立しやすいペア

ESFP(楽天家タイプ):
周りの状況やスケジュールを適当に考えてしまうタイプ。ISTJは計画性や時間管理を重視するため、ESFPがその点においては乱雑だと感じることがあります。

ISTJと対立することがあるのは、一般的な行動やマナーに従わず、自分の意見を優先して行動する人や、ルールや決まり事にとらわれない人です。

ISTJは周りに合わせたり、一定のルールに則って行動することを重視するため、相手がそのような行動を取ると対立することがあります。

ISFP(芸術家タイプ)の相性一覧

ISFP(芸術家タイプ)の人は、人当たりが柔らかく、友好的で親しみやすい雰囲気を持っています。初対面の人とも素早く打ち解けることができ、自分自身も他人の話を聞いたり、感情を共有することが得意です。

ただ、感受性が豊かで繊細な性格のため、周りからの評価や自分自身の感情に影響されやすく、時には消極的になってしまうこともあります。

また、ストレスやプレッシャーを感じると自分を閉じこもらせ、自己表現が苦手になることもあります。

しかし、感情表現や芸術表現など、自分の内面を表現することには熱心で、クリエイティブな才能を持つことが多いです。

理想的な相性のペア

  • INFP(心理学者タイプ):
    個人の自由や気持ちを尊重し、深く共感することができるタイプです。ISFPと同じく繊細で感性豊かであるため、お互いに理解しやすい関係性が築けるでしょう。
  • ENFP(改革者タイプ):
    創造性や想像力に富み、自由奔放な考え方を持つタイプです。ISFPの芸術的な才能やアイデアを高く評価し、共にアイデアを出し合って楽しむことができます。
  • ISFJ(保護者タイプ):
    家庭的な雰囲気を持ち、思いやりや優しさを持って接するタイプです。ISFPが感受性が豊かな反面、繊細で傷つきやすいため、ISFJのように安心感を与えてくれる相手との相性が良いでしょう。
  • INTP(研究者タイプ):
    分析力や論理的な思考力に優れ、自分なりの考え方を持つタイプです。ISFPの独創的なアイデアに対して、INTPは冷静に分析し、より深く掘り下げた意見を持つことができます。お互いに意見交換をし、刺激しあえる相手との相性が良いでしょう。

ISFP(芸術家タイプ)と相性が良いのは、互いの自由や考えを尊重し合い、個性を大切にできる人です。一緒にいることで、お互いの才能や魅力を引き出し合い、刺激し合ってより豊かな人生を送ることができます。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFJ(協力者タイプ):
    ISFPに安心感を与え、一緒にいると癒しを感じられるタイプです。
  • INTJ(戦略家タイプ) :
    ISFPと共通の目標を持ち、落ち着いた安定感のある雰囲気を作ることができます。
  • ENFP(改革者タイプ):
    親しみやすくISFPの繊細な気持ちを理解し、お互いの個性を尊重しあえるタイプです。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    ISFPにとってどんな状況でも安心感を与え、優しく支えてくれる存在となります。

ISFPと恋愛の相性が良いのは、相手の気持ちを理解し、親しみやすく居心地のいい雰囲気を作ることができるENFPタイプや、目標達成に向けてコツコツと準備を進め、安定感のあるINTJタイプといった、お互いを高め合える存在の人です。

また、どんな状況でも安心感を与えてくれるENFJやISTJといったタイプとの相性も良いでしょう。

対立しやすいペア

  • ESTJ(責任者タイプ):
    自分の意見を押し付けてくるような批判的なタイプ。
  • ENTJ(リーダータイプ):
    几帳面で厳しい性格で自分にも他人にも厳しいタイプ。

ISFPと対立しやすいのは、自分の意見や方法が正しいと信じ、それを押し付けてくるようなタイプです。

また、ISFPは感受性が豊かで傷つきやすいため、批判的な意見を持つ人とも相性が悪い傾向があります。

ISFPは自分自身や周りの人々を受け入れることができる柔軟性があるため、相手も同じような柔軟性を持って接してくれる人が好ましいでしょう。

ISFJ(保護者タイプ)の相性一覧

ISFJ(保護者タイプ)は、真面目で思慮深く、周りに対して思いやりがある人が多いです。

彼らは、自分自身に対しても他人に対しても責任感が強く、義務を果たすことを大切にします。

また、彼らは常に細部まで気配りをし、几帳面な性格も持っています。信頼できる存在であるため、仕事を任せられることが多く、周りからの信頼も厚いです。

しかし、優しさゆえに人を疑わず、利用されたり騙されたりすることもあるようです。このため、彼らが自己防衛能力を身につけることが大切です。

理想的な相性のペア

  • ENFJ(協力者タイプ):
    人の気持ちを理解することが得意で、思いやりがあるため、ISFJと相性が良いです。ENFJは、ISFJの感受性に寄り添い、気配りをしながら、自分の考えやアイデアを伝えてくれます。
  • ISTJ(努力家タイプ):
    真面目で信頼できる人が多く、ISFJとも相性が良いとされています。ISTJは、ISFJが任された仕事をきちんとこなせるよう、支援してくれます。そのため、ISFJは安心感を持って、ISTJと協力することができます。
  • ISFP(芸術家タイプ):
    お互いの気持ちや考えを理解し、共感し合えるタイプとしてISFJと相性が良いとされています。ISFJは、ISFPが抱える感情や悩みに寄り添い、理解してくれます。また、ISFJは、ISFPの独創的なアイデアに興味を持ち、サポートしてくれます。

ISFJ(保護者タイプ)の理想的な相性は、人の気持ちを理解することができる、思いやりがあり真面目で信頼できるタイプです。

ISFJは、真面目で思慮深く、思いやりに溢れているため、相手を気遣うことができます。

周りをよく見て気持ちを理解することができるので、相手の気持ちに寄り添うことができるENFJとの相性が良いです。

また、ISFJは自分が担当した仕事をきちんとこなすことができるISTJとも相性が良いとされています。そして、お互いの感覚を理解し合えるISFPとも相性が良く、共感することでお互いの価値観を共有できます。

恋愛の相性が良いペア

  • ENFP(改革者タイプ):
    人懐っこく、周りに気を配ることができるため、相手を思いやり、良好な人間関係を築くことができる人
  • INTJ(戦略家タイプ) :
    理性的で冷静な性格で、将来を見据えた計画的な行動ができるため、ISFJと安定した関係を築くことができる人

ISFJの恋愛相性が良いのは、良好な人間関係を築くことができる改革者タイプ(ENFP)や、先を見越して計画的に行動する戦略家タイプ(INTJ)と言われています。

また、ISFJ自身が恋愛においては、安心感を与えてくれる相手や、周りの人を気遣う相手に惹かれる傾向があるとされています。

対立しやすいペア

  • ENTP(発明家タイプ):
    色々なことを質問攻めにしてくるため、ISFJはそれに疲れてしまうことがあります。
  • ESTP(冒険者タイプ):
    自分勝手に行動するため、ISFJとの価値観の相違から対立することがあります。

ISFJの人は、周りの人たちを気遣って自分の行動を決めることが多いため、自分勝手な人や自分の意見を曲げない人とは衝突しやすいです。
特に、自分の考えに固執するタイプや、自分の欲求に従って行動するタイプとは相性が悪いと言われています。

ISFJの人は相手の意見を尊重しつつ、調和を保ちながら物事を進めることが大切です。

まとめ

この記事では、MBTI診断における全16パーソナリティについて、その基本的な性格や相性について解説しました。

各タイプには、それぞれに特徴的な長所と短所があり、相性の良いタイプと悪いタイプが存在することが分かります。

自分がどのタイプに属するかを知ることで、周囲の人々との接し方について理解が深まり、より良好な人間関係を築くことができるでしょう。

しかし、忘れてはいけないのは、mbti診断は一生変わらない判定ではなく、あなたも、相手も変化するということです。

あまり結果に固執しすぎると、良好な人間関係に亀裂が入ったり、本来描いていた未来とかけ離れた選択をして失敗することも起こり得ます。

あくまで参考とし、より良いコミュニケーションや人間関係のヒントとして活用できると日々の生活が向上していくかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次