\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

爪の白い部分を減らすことはできる?爪の白い部分が多い場合の対処法

爪の白い部分を減らすことはできる?爪の白い部分が多い場合の対処法

綺麗な爪になりたいなと思っている方はいませんか?

自分の爪は、白い部分が多くてなんだか不細工…。

細長く綺麗な爪になりたいな~。

と悩んでいても、実際にどうしたらいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、爪の白い部分を減らすことができるのか?調べていきたいと思います。

目次

爪の白い部分を減らすことはできる?

爪の白い部分を減らすことはできます。

減らすためには、「ハイポ二キウム」を育てることが大切です。

「ハイポ二キウム」って聞きなれない言葉ですよね。

「ハイポキニウム」とは、別名「爪下皮」と呼ばれています。

爪を支えるために爪と指を接着している薄皮のことを言うんです。

手を裏返した時に、爪と指先の間にある不透明で、少し盛り上がった部分のことをさします。

この薄皮を育てるとピンクの部分が増えて白い部分を減らすことが出来るんですよ。

爪の白い部分が多い場合の対処法

ハイポキニウムを育てるという事が分かったけど、育てるっていったい何をしたらいいのか分かりませんよね。

爪の白い部分が多い時にハイポキニウムを育てるための対処法を紹介していきます。

それがコチラです。

  • つめ切りを別のもの変える。
  • つめを保湿する。
  • ネイルで保護をする。
  • 指先に刺激を与えない。
  • つめを伸ばす。
  • 甘皮ケアをする。
  • 正しくつめをカットする。

それぞれ、みていきましょう。

つめ切りを別のものに変える

一番簡単に対処できるのが、つめ切りを別のものに変えることです。

これは、爪やすりに変えるといいですよ。

理由としては、爪切りで爪を切ると衝撃でハイポ二キウムが剝がれてしまう可能性があります。

そうすると、いったん面積の少なくなってしまったピンクの部分はすぐに伸びないので、そのまま伸ばしても白い部分が長くなるだけなんですね

なので、それを防ぐためにも爪やすりで優しく整えていくことが大切です。

つめを保湿する

次に実践しやすいのが、つめを保湿することです。

つめが乾燥していると、ハイポ二キウムが剝がれやすいんです。

そういう時は、つめ専用の美容液やネイルオイルで保湿をすると効果大です。

一番は、乾燥が気になった時にこまめにするのが良いですがなかなか難しいですよね。

なので、夜のスキンケアの最後に一緒につめも保湿をするなど決めておくと習慣化できて良いと思います。

ネイルで保護する

癖でつめを噛んでしまう方は、ネイルをすることをおススメします。

ハイポ二キウムは、衝撃に弱いのでつめを噛むだけでも剝がれやすいです。

なので、ネイルをすることでつめをきれいに保つという気持ちが勝ってつめを噛むことがなくなるります。

ネイルによって指先がキレイになると気分も上がるので、良い気持ちで爪を守ることが出来ますね。

指先に刺激を与えない

指先に刺激を与えてしまうと、ハイポ二キウムに悪い影響を与えてしまいます。

しかし、生活をしている中で缶詰などを開けたり、シールを剝がしたりとつめに刺激を与えることがたくさんあります。

日常生活の些細なことが、つめに刺激になってしまうので難しいとは思いますが刺激を与えないように意識してい行くことが大切です。

つめを伸ばす

つめを伸ばすことで、ハイポ二キウムは育成されます。

なので、つめの白い部分を無くしてしまうのはいけないんですね。

つめの白い部分を綺麗に切ってしまうと、ハイポ二キウムが伸びにくくなってしまいつめの白い部分を減らすことが出来なくなってしまいます。

衛生上、伸ばしすぎるのは良くないのである程度の長さを保っていましょう。

甘皮ケアをする

たまに甘皮ケアをすることも大切です。

甘皮をそのままにしておくと、つめの成長を妨げたり伸びるときに乾燥の原因になったりしてしまいます。

そうなると、ハイポ二キウムの育成に良くないことだらけですよね。

甘皮が気になってきたときにはケアをしましょう。

正しくつめをカットする

深爪は絶対にいけません。

つめを深く切りすぎてしまい、痛みを感じたことはありませんか?

それは、ハイポ二キウムまで切ってしまっている可能性があります。

正しくカットするためには、上記でも説明したようにやすりで他の人が怪我をしない程度の長さにけずることが大切です。

爪の先の白い部分が長い原因

なぜ、つめの先の白い部分が長くなってしまうのでしょうか。

それにも原因があるんですね。

それがコチラです。

  • つめの切りすぎ。
  • ハイポ二キウムが乾燥している。
  • ハイポ二キウムが剥がれている。

それぞれ、説明していきます。

つめの切りすぎ

つめを切りすぎてしまうと、何回も説明していますがハイポ二キウムが剥がれてしまいます。

一度剥がれるとなかなか元にはもどりません。

なので、つめが伸びるときに白い部分だけが伸びてしまうんですね。

そうならないためにも、やすりをポーチに入れておくと良いかもしれませんね。

ハイポニキウムが乾燥している

つめを切りすぎていないけど、白い部分が伸びてしまうという方はハイポ二キウムが乾燥している可能性があります。

乾燥しているとハイポ二キウムが育たないので白い部分ばかり伸びてしまうんですね。

なので、上記で説明していたようにつめを保湿してハイポ二キウムが乾燥しないように心がけましょう。

ハイポニキウムが剥がれている

白い部分が伸びてしまう原因として最後にあげられるのが、ハイポ二キウムが剥がれていることも挙げられます。

上記でも説明しているように、ハイポキニウムは少しの刺激でも剥がれてしまいます。

パソコン仕事をしている方は、つめでカタカタと打っているだけで剥がれてしまうこともあります。

その場合は、指の腹でパソコンを打つようにしましょう。

また、家事仕事でも剥がれてしまうことがたくさんあります。

家事仕事をしないというのは難しいので、ゴム手袋などで手を保護しながら行うと良いでしょう。

爪ケアをしてキレイになるまでの期間は?

上記のようなつめのケアを初めて、どのくらいでピンクの部分の多い綺麗な爪に変化していくのか気になりますよね。

個人差はありますが、だいたい4カ月~6カ月で爪全体が生え変わってきます。

季節や年齢により変わりますが、手の爪は1日に約0.1ミリ伸びる言われています。

なので、1カ月で伸びる長さは約3ミリ程度です。

年齢で言ってしまうと、20歳ころが最大で1日に約0.1ミリ伸びてくれるので、年齢と共にどんどん伸びるスピードは衰えてしまいます。

それを考えると、キレイになるまでに4カ月~6カ月という事なんですね。

なかなかすぐに伸びるものではないので、まだかまだかと待ちどおしですがしっかりケアをしていくと見違えるほど変わってきますので楽しみにしていてください。

手の爪の生え変わる目安期間は4カ月~6カ月

「爪 白い部分 減らす」を検索する人がよく思う質問4選

爪の白い部分を透明にするにはどうしたらいいですか?

オイルを1日に7回以上塗って保湿をすると白い部分がだんだん透明になってきます。

爪の白い部分がどんどん増えていくのはなぜですか?

ハイポキニウムが剥がれている可能性があるからです。

爪のピンクの部分を増やす方法はありますか?

ハイポキニウムを保湿するための簡単なネイルケアと栄養補給を継続して続けることが大切です。

爪の白い部分はどのくらい残すのが理想ですか?

白い部分が1ミリ以上残すことが大切です。

まとめ:正しい爪のケアをすると改善する

いかがでしたか?

今回は、爪の白い部分は減らすことが出来るのか?について調べまいた。

結果、正しくつめをケアしていくとキレイなピンク色の部分が長くなることが分かりましたね。

私も自分の爪の形が好きではなくてあまり人に見せたくありません。

しかし、この爪のケアの仕方を調べたら簡単にできる方法で私もこれからしっかりとケアをしていこうと思いました。

爪で悩んでいる方がいたら、少しでもこちらが参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次