\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【TOHOシネマズ】チュロスなくなったって本当?値段とカロリー一覧!

映画館で頼むフードメニューといえば、ポップコーン!という方が多いと思いますが…

最近では、映画館の売店もフードメニューに力を入れており、ポップコーン以外にも目移りしちゃいますよね!

そこで今回は、TOHOシネマズで大人気の「チュロス」をご紹介していきますので、どれを頼もうか迷った際の参考にしてください♪

また、現在、TOHOシネマズではチュロスを販売中!なくなったという噂の真相も解説します!

目次

TOHTOシネマズのチュロス【値段・カロリー一覧】

メニュー価格カロリー
シナモンシュガー360円約300kcal
チョコクリーム360円約383kcal
レインボー410円

TOHOシネマズで販売されているチュロスは3種類です。

まずは、シンプルな味わいが人気の「シナモンシュガー」は、飽きがこず、どんなドリンクとも相性ばっちりです♪

次に、甘いもの好きにおすすめの「チョコクリーム」は、チョコ風味の生地の中に、とろっとしたチョコクリームが入っていて、デザートのようなチュロス♪

最後に、インパクト大な見た目の「レインボー」は、その名の通り、七色のチュロスです!

その色によって、バニラやレモンなど色々な味が楽しめますよ♪

TOHOシネマズのチュロスってなくなった?!噂の真相

TOHOシネマズで大人気のチュロスですが、販売が終了してしまったのでは?という噂があり、ネット上でもちょっとした騒ぎになっていました!

https://twitter.com/kyama7/status/1530396534616903680

チュロスがなくなってしまったと、Twitterでも悲しみの声が広がっていましたが…

実は、チュロスは海外製で、昨今の情勢により輸入が困難になっていたようなんです。

そのため、販売を中止していたようなのですが、現在では販売が再開されており、チュロスファンの喜びの声も…♪

TOHOシネマズでチュロスの持ち帰りはできる?

大人気なTOHOシネマズのチュロス、実はお持ち帰りも出来ます!

TOHOシネマズのチュロスはボリューミーで、「ちょっと大きすぎる…」と購入をためらってしまう方もいるようです。

この画像を見ると、その大きさが伝わってきますよね!

また、チュロスって他の飲食店ではなかなか売られているのを見かけないため、「映画は見ないけど、チュロスだけ買って帰りたい!」と思っている方もいらっしゃるようです。

映画館の売店で購入したものは、映画館で食べなければいけないというルールはないので、お持ち帰りはもちろんOK!

食べ歩きならそのままでも良いですが、お家などに持ち帰るときはビニール袋の購入がおすすめ!

チュロスは生地の周りに砂糖などがまぶしてあるため、そのままで持ち歩くと、ボロボロとこぼれてしまうんです!

TOHOシネマズの売店では、10円でビニール袋を購入することも出来るので、持ち帰りの際には「持ち帰り用の袋をください」と告げましょう。

TOHOシネマズのチュロス ・レインボー味は美味しいの?

TOHOシネマズのチュロスメニューの中でも一際目を引くのが…「レインボーチュロス」!

そのインパクトのある見た目に、「色によって味は違うの?」「美味しいの?」と興味津々♪

レインボーチュロスは、その名の通り七色に色分けされており、それぞれに味が違うんです!

バニラやストロベリーなどの定番のフレーバーから、コーラやラムネといった一風変わったフレーバーまで♪

見た目だけでなく、味でも楽しませてくれます!

「美味しい!」というお声が多いなかで、「ちょっと微妙だった…」という声もあるレインボーチュロスですが…

実は食べ方によって、本来の味が楽しめないことが!

チュロスは、生地の周りに砂糖やフレーバーをまぶしているのですが、これが食べるときにポロポロ落ちちゃうんです。

そのため、フレーバーを楽しめず「生地の味しかしない…」といった残念なことに。

レインボーチュロスを食べるときは、フレーバーを落とさないよう、慌てずゆっくり食べましょうね♪

https://twitter.com/keiko1115/status/1416709273011167240

チュロス?チュリトス?映画館によって違うの?

TOHOシネマズで大人気のチュロスですが、他の映画館でも似た商品「チュリトス」が販売されているのを見かけたことはないでしょうか?

チュロスとチュリトス、何が違うの?」と疑問に感じますが、その物自体は同じもの!

スペインで生まれた棒状のドーナツのようなお菓子を「チュロス」と呼びます。

そして、アミューズメント施設向けに食品の販売をしている会社が、そのチュロスをもとに作ったお菓子が「チュリトス」なんです。

そのため、「チュロス」として販売している施設は自社で製作していて、「チュリトス」として販売されているものは食品会社から仕入れているものになります。

ちなみに…これまで「TOHOシネマズのチュロス」と言ってきましたが、実は正式名称は「チュリトス」なんです。

だから、情勢により輸入が出来ず販売中止になってしまったんですね。

TOHOシネマズのチュロス以外のお菓子「Scoop 'n' Go」

実は最近、ポップコーンやチュリトスに負けず劣らず勢いに乗っているお菓子があるのをご存じですか!?

それは、グミやナッツなどのお菓子を量り売りしている「Scoop 'n' Go」

まるでアメリカンなカラフルな見た目と、自分の好きなものを好きなだけ買えるというカスタマイズ感で人気なんです♪

https://twitter.com/masaki_kyo/status/1650038834628026368

購入方法は簡単♪

専用のビニール袋に、気になるお菓子を詰めていくだけ!

1g=4円という量り売りシステムになっています。

こちらの画像の量で、大体500円くらいですね♪

まとめ

とにかく、TOHOシネマズからチュロスがなくなってなくてよかった…

最近の映画館はフードメニューにもこだわっていて、「○○が食べたいから、ここで見よう!」と、フードメニューで映画館を決めることもありますよね♪

そんな映画鑑賞の楽しみの一つでもあるフードメニュー、迷った際の参考になれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次