\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

スタバのバイトの倍率は?面接で受かるための失敗しない服装やポイントは?

スタバ-バイトー倍率

シアトル発祥の人気コーヒーチェーン店、スターバックスをみなさんも一度は利用したことがあるかと思います。
スタバで働いている人を見ると、なんだかかっこいい!と思う方も多いのではないでしょうか。
豊富なドリンクメニューを覚えることはもちろん、コーヒーの知識なども深いので働いている方を見るとすごい!と思いますよね。

スタバでバイトしてみたい!けど自分が採用されるのかな?

スタバのバイト受けてみたいけど倍率って高いのかな…

学生のアルバイト先としても大変な人気を誇るスタバの倍率なども気になるところです。
これからスタバでバイトをしてみたい!と考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

本記事では、スタバのバイトの倍率や受かる人の特徴、面接で失敗しないための服装やポイントについて紹介していきたいと思います。

目次

スタバのバイトの倍率はどのくらい?低いの?

また、スタバで働いているとかっこいい!というイメージを持たれやすいことからも、スタバでのバイトに憧れる人が多いみたいですね。

スタバでバイトをしたい!という学生やフリーターは大変多いので、スタバのバイトに受かるためにはかなり倍率が高そうですよね。

そんなスタバでのバイトの倍率についてですが、1店舗における求人に対して、応募人数は30人〜70人と言われており、その中で採用されるのはわずか2〜3人と言われています。

つまり、倍率に換算すると15倍〜23倍前後になることがわかります。
スタバで働くには、この高倍率を勝ち取る必要があるということですね!

スタバのバイトの倍率は時期や店舗によって変わる?

また、スタバのバイトの倍率は時期や店舗によっても変わるのかも気になりますよね。
倍率が低い時期に応募をすれば、合格する確率が上がることを期待できるかもしれません。

倍率が低いことが予想される時期としては、2〜3月です。
2〜3月は、学生のが就活が決まったり進学が決まったりする時期なので、バイトの入れ替わりが多い時期とされています。

進学や就職により辞めてしまう学生バイトがいれば、そのポストが空くことになるので狙い目の時期と言えます。

また、夏休み中や夏休み前の8月は、学生バイトが留学に行ったり、帰省をする人が多いため、バイトが足りなくなる可能性が高くなり、合格の確率があがりそうです。

夏休みは繁忙期ですので、利用者が増えることが予想されます。
お店が忙しくなる時期ですので、採用率も上がりそうですよね。

そして12月も狙い目です。
就職や進学などで学生バイトは3月に辞めることが多いですが、早めの育成のために12月に募集がかかることが多いです。

スタバでバイトをしたい!と考えている方は、夏休み前後や2〜3月などの狙い目の時期を見て応募してみてくださいね。

スタバ側が大量に人を採用したい時期と合わせて応募すれば、合格する可能性が高まるかもしれません。

スタバのバイトに受かる人ってどんな人?

では次に、どういう人がスタバのバイトに受かるのかについて紹介していきます。
スタバでバイトしたい!と考えている方は、是非本記事を参考にして面接に臨んでいただければと思います。

まず、スタバのバイトで大切なのは「接客が好きそう」「やる気がある」「清潔感がある」ことです。
飲食物を扱う仕事のため、清潔感があることは大切なポイントですよね。

また、明るい笑顔でハキハキと話すことも面接官に好印象を残す上で欠かせません。

スタババイトの面接で受かる確率を上げる方法

忙しい日にシフトを入れてくれる

まず、混雑する時間帯にシフトに入れる人はスタバのバイトに受かりやすいと言えるでしょう。

スタバが混雑する時間帯は、平日の場合だと開店1時間後、昼食時、夜20時以降と言われています。
土日祝日などは終日混んでいることが多いです。

このような混む時間帯にシフトに入れる人は採用される可能性が高くなると言えます。

たくさんシフトをいれてくれる

また、なるべく多くのシフトに入れる人は採用されやすい傾向にあります。
一週間に1日しかシフトに入れない人より、3〜4日入れる人の方がスタバ側からしても採用したいと思いますよね。

多くシフトに入ることで、仕事も覚えやすくなりますし、常連さんなどお客様と接する機会も増えるので楽しく仕事ができるのもメリットと言えますね。

求められていることを理解する

また、面接対策をしておくと合格しやすいかと思います。

スタバへの情熱や、前向きな発言など、スタバのバイトになにが求められているのか?を理解することが合格の鍵と言えます。
どのバイトの面接でもいえることですが、面接官の目を見てハキハキと話すことや、笑顔で受け答えをすること、清潔感のある身だしなみなども意識してくださいね。

その他にも、経歴など嘘をついていないか、受け答えで矛盾がないかなど当たり前のことを守るようにしましょう。

スタバで働きたい!という熱意をスタバ側にわかってもらえるように面接対策をしておくことをおすすめします。

スタバの面接に落ちたサインってある?落ちた理由はコレ

スタバの面接をしたけれど、残念ながら落ちてしまった、、という方もいるかと思います。

ここでは、面接で落ちたサインが既に出ているのか?落ちた理由について紹介いたします。

落ちる理由一つ目は、「シフトに制限や条件が多い」ことです。
例えば店舗側が早朝の時間帯のバイトを募集しているにも関わらず、早朝は働けないといった場合、店舗側のニーズと合わないため落とされる可能性が高くなってしまいます。
応募をする際には、店舗の募集内容によく目を通すようにしてください。

落ちる理由二つ目は、「志望動機から熱意が感じられない」ことです。
適当に仕上げた志望動機や、スタバに限らずどこのカフェでも通じるような志望動機は熱意が感じられず落とされる可能性が高くなってしまします。
他の応募者に埋もれないためにも、スタバで働きたい!という熱意が伝わる志望動機を作りましょう。

スタバのバイトの面接は顔採用があるって噂は本当?

スタバで働いている人は美男美女が多く、

顔採用なのでは?

と思う方もいるかもしれません。

現在のところ、スタバのバイトの面接は顔採用という情報は得られませんでした。

容姿に自信がない、という方でも笑顔でハキハキと、相手の目を見て話すことを心がけると印象がかなり変わりますので意識してみてくださいね。

スタバのバイトの面接は厳しいの?

スタバの面接は厳しい!と言われることもあるようですが、人気のバイト先のため、企業側は「よりスタバに熱意を持って働ける人」を探しているかと思います。

ですので、面接時にはスタバへの情熱を図るために深掘りした質問をされることもあるようです。
なぜ他のカフェチェーンではなく、スタバえ働きたいのか?なぜ他の店舗ではなくこの店舗で働きたいのか?など、熱意を問われる質問が多い傾向にあるのが厳しいと言われる理由かもしれません。

スタバへの情熱をアピールできるようにしたいですね。

スタバのバイトの面接で即採用されることはある?

スタバでのバイトの面接で即採用されることはあるか?についてですが、前例としてはあまり多くないようです。

ただし、スタバ側の求める人物像に合致していた場合などはすぐに声がかかる可能性もありますので、事前に面接対策をしっかり行うなど入念に準備をしておきたいですね。

スタバの面接時の服装や髪型などの男女別ベストな身だしなみは?

服装はどうしたらいいの?

スタバの面接時の服装については、シンプルな服装が望ましいです。
スタバにはドレスコードがあり、店員さんは皆ドレスコードを守って仕事をしているので、ドレスコードに近い服装で行くのが良いかと思います。

髪型はどうしたらいいの?

髪型はどうしたらいいの?と迷う方は、スタバで実際に働いている店員さんをお手本にするのが良いと思います。

男性でしたらしっかりとセットをすること、女性は長い髪は一つに束ねる方が良いと思います。
男女共に、明るすぎる髪色などはおススメできませんので注意してくださいね。

スタバのバイト面接でよく聞かれる質問とは?

前職の仕事内容について

スタバのバイト面接でよく聞かれる質問の一つは、前職の仕事内容です。
これまでどんなバイトをしてきたのか?などを聞かれることが多いようです。
接客業などの経験があれば是非アピールしたいですね!

学業の内容について

また、学生の場合は学業の内容について聞かれることもあるようです。
大学でどんなことを学んでいるのか、何に興味があるのかを知りたいようですね。

志望動機は?

志望動機は、面接で最も多く聞かれる質問内容の一つです。
スタバで働きたい!という熱意を伝えるチャンスですので、あらかじめ何をいうか考えておくことをおすすめします。

なぜスタバで働きたいのか?

なぜスタバで働きたいのか、についてもきちんと自分の意見をいえるように整理しておく必要があります。
カフェバイトの場合、他のコーヒーチェーン店もありますので、なぜスタバなのかを言えるようにしておきましょう。

なぜこの店舗で働きたいのか?

また、なぜ他の店舗ではなくこの店舗なのか?についても面接官が知りたい内容の一つです。
自分が働きたい店舗と他の店舗を比べて、違いや強みを明確に答えることができると合格率がグッと上がりそうですね。
また、自分の強みや経験がこの店舗で活かせる!といった自己アピールも加えると良いかと思います。

自己PRのポイントとは?

自己PRのポイントは、「チームプレー」「協調性」「人」を交えて話すことをおすすめします。
スタバは「人」と「チームプレー」を大切にしていますので、学生でしたら学業やゼミ、サークルなどで仲間と協力して何かを成し遂げた経験などを話すと面接官に伝わりやすいと思います。

スタバのバイトの高い倍率でも採用されるために

スタバでのバイトは高倍率で合格するのが難しい!と言われていますが、本記事では高い倍率でも採用されるためのポイントについて紹介してきました。

事前の面接準備などはもちろんですが、スタバで働きたい!という熱意を伝えことが大切です。
どうしてスタバで働きたいのか、なぜこの店舗が良いのかなどは面接時に聞かれることが多い項目ですのでしっかりと熱意をアピールできるようにしたいですね。

面接時の服装や髪型についてもまとめておりますので、面接前に是非本記事を参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次