\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

安いスポーツジムのおすすめ10選!選び方と安く利用する方法も解説

スポーツ ジム 安い

スポーツジムを利用したことはありますか?

おうち時間も増えたことで運動不足を気にし、スポーツジムを利用する人が増えているそうです。

社会人になると日々多忙で、それだけでも運動不足になったりしますよね。

「手軽に運動できる場所」となると、やはり身近なスポーツジムが思い浮かびますね。

自宅の近く・最寄り駅の近く・会社の近くなど、意外にたくさんあるのではないでしょうか。

たくさんあるのはいいけれど、逆にどこがいいのか選ぶのに困ります。

ここではたくさんある手軽なスポーツジムの基本情報などを見て、自分に一番合っていそうなスポーツジムを検討する材料にしてみてください。

目次

安いスポーツジムの選び方・チェックポイント

スポーツジムにも色々なジムがありますね。

選ぶ時の基準として、一番最初に考えることは「目的」だと思います。

ダイエットのためなのか、運動不足のためなのか、はたまた本格的に筋肉をつけたいのか…。

人それぞれ目的や考え方は違うと思います。

目的によって、利用したい環境も変わってくるのではないでしょうか。

ダイエットのために気合を入れてがんばりたい人と運動不足解消やストレス解消のためにゆったり運動したい人。

運動する行動は同じでも目的が違うので、希望する環境は違うと思います。

自分の目的からどのような環境やサービスを希望するのかを考えてみるとよいでしょう。

アクセスしやすいところにあるかどうか

通いやすいポイントとして、まず挙げられるのが「アクセスしやすいかどうか」ではないでしょうか。

普段の自分の行動範囲外にあるような場所では通いづらいでしょう。

自宅から通勤・通学範囲内にある店舗を選ぶのが、一番妥当だと言えますね。

自宅や会社・学校の最寄り駅周辺にジムがあれば、会社帰り・学校帰りにも利用しやすいでしょう。

もちろん自宅周辺にジムがあれば、休みの日にもラクに通えます。

長く通い続けるうえで、アクセスの便利さはとても重要なポイントです。

ジムのプランの中には、系列ジムならどこの施設でも通えるというプランもあったりします。

会社・学校近く、最寄り駅周辺や自宅近くなどの場所に同じ系列のジムがあれば、そのようなプランを申し込むのもいいと思います。

多少割高になったりしますが、使い勝手はよいでしょう。

車や自転車通いをしている人や普段から車・自転車を利用する人であれば、駐輪場や駐車場の有無もチェックポイントだと思います。

駐車場があっても有料か無料かも大きなポイントですよね。

ジムの中にも近くの有料駐車場と提携していたり、プランによって無料になったりするところもあるので要チェックです!

営業時間がライフスタイルに合っているかどうか

最近は24時間営業のジムも多くなってきましたね。

営業時間はジムによってまちまち。

同じ系列のジムでも、その施設によっても営業時間は変わるところも多いようです。

これは各施設に直接要確認のところが多いので、施設ごとのホームページなどで直接チェックする必要がありそうです。

それぞれのジムでは、通う時間帯に合わせてのプランも用意されているところも多いです。

主婦で平日昼間のみ通いたい人、会社帰りに通いたい人、いつでも好きな時間に通いたい人、それぞれに合わせて通う店舗やプランを選ぶとよいと思います。

同じく定休日・休館日もチェックが必要です。

年中無休の施設もありますが、「毎週〇曜日休館」と決まっているところもあります。

特に平日に通いたい人は絶対にチェックしましょうね。

解約金、解約手数料がかかるかどうか

ジムに入会する時、入会金や登録料などの初期費用を気にする人がほとんどだと思います。

逆に気にしないのが、辞める時にお金がかかるかどうか。

ジムのホームページなどを見ると、入会時のサービスや割引などのお得な入会を促すサービスなどを見ることができますが、解約金やその手数料などをきちんと明記しているサイトはあまりありません。

これをきちんと確認しておかないと、のちのち困ることにもなる場合もあるので気を付けた方がいいですね。

特に初回登録キャンペーンなどは、通う期間の条件があったりします

このようなサービスを利用して入会する時は、必ず条件や解約について確認しておきましょう。

マシンか充実しているかどうか

スポーツジムというと、色々な器具(マシン)が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

ジムを利用したことのない人にとっては、よく分からないとおっしゃる方も多いでしょう。

認知度の高いマシンと言えば、やはり「ランニングマシン」ではないでしょうか。

ジムには他にも色々なマシンがあります。

鍛える部位ごとに違うマシンや器具を使うからです。

このマシンの数が少ないと、使いたい時に使えなかったり順番待ちしなければならなくなったりします

ジムが混んでいない時間に行くのがよいとは思いますが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

そうなると、マシンの充実度は重要です。

これは、通う前に見学をしに行って実際に見て確認できるとよいですよね。

店舗の雰囲気が自分に合っているかどうか

店舗の雰囲気も大事ですね。

ゆったりリラックスして運動したいのに、周りがガチ勢ばかりでは居心地も悪くなってしまいます。

住宅地の真ん中にあるようなジムは、昼間は主婦の集まりがたくさんいるようなところもあるそうです。

友達も作りたい人にはいいかもしれませんが、男性だとやはり気が引けるようなこともないとは言えませんね。

同じジムでも、時間帯によって雰囲気がガラリと変わるところもあります

ですから、できれば通いたいと思っている時間帯に行ってみるのがよいでしょう。

雰囲気というのは行ってみないと分かりません

どうしても見学できないという人は、口コミや実際行ったことがある人に聞いてみた方がいいかもしれません。

インストラクターやトレーナーも雰囲気を決める要因の一つですね。

インストラクターからレッスンを受けようと思っている人は、どんなトレーナーがいるのかも確認した方がいいでしょう。

無料レッスンや無料トライアル、見学などを受けてみるとよいですね。

レンタルウェアや貸ロッカーがあるかどうか

会社帰りや学校帰りなど、普段の行動ルーティーンの中にジム通いを入れようとすると、どうしても荷物の問題が出てきますね。

毎回自宅から通える人であればともかく、仕事に行くのに毎回ウェアやタオルを持って歩くのは大変でしょう。

そのような時、レンタルロッカー・プライベートロッカーなどがあると、ウェアやシューズ、タオルなどを置いて置けるので便利ですね!

持って帰ってからの洗濯も手間だと感じるのであれば、レンタルウェアがあるジムもあるので利用するとよいでしょう。

レンタルを利用すれば手ぶらでジム通いできるので、思いついた時に利用できるのは嬉しいことですね。

スタッフの対応が親切かどうか

インストラクターやトレーナー・受付など、ジムにも色々なスタッフさんがいますね。

24時間営業タイプのジムを毎回夜中に使う人以外は、スタッフに会う機会は多いと思います。

そうしたスタッフさんたちの雰囲気は大事ですね。

例えば買い物一つでも、対応したレジの人が無愛想で対応が悪かったら「もう二度と行かない!」となってしまう人もいるでしょう。

ジムにも同じことが言えますね。

対応が親切ならば、それだけジム全体のレベルが上がる印象を受けます。

通う人が心地よく感じるか否かは、このスタッフさんたちの対応にかかっていると言っても過言ではないかもしれませんね。

問い合わせの電話対応から、見学・無料レッスンや無料体験・無料トライアルなどに行ってみると、そのジムのスタッフさんたちの雰囲気が分かるでしょう。

人を詰め込み過ぎて混雑しているかどうか

どんなジムでも混んでいる時間、空いている時間はあると思います。

利用者層は時間により変わります

主要駅周辺の大きなジムには、昼休み時間や会社帰りの時間には人が集まります。

空いている時間を選んで通える人はいいけれど、そうはいかない人も多いですよね。

そんな混んでいる時間に利用しても、何の問題もなく余裕を持ってマシンや器具を使いたいものです。

そのジムの時間最大利用者人数とマシンなどの器具の数が合ってないとそうはなりません。

マシンなど器具がどのくらい備えてあるジムかを確認するのも必要でしょう。

数が多ければいい、というものではありませんが知っておくのはよいことかもしれません。

ジムの運営側がどのくらい利用者のこと考えているか、の指標にもなるかもしれませんね。

混むと思われる時間がどのくらい混雑しているか、を見るとどのくらいの人が利用しているかのある程度の判別は付くのではないでしょうか。

掃除がきちんとできているかどうか

掃除が行き届いているかどうか、というのは利用するうえで大事なことですね。

ふとした時に目につくところが埃だらけだったり、髪の毛がたくさん落ちていたら運動する気もなくなります。

ジムというところは言うまでもなく身体を動かすところです。

身体を動かすということは、髪の毛も落ちますし汗もかきますね。

それだけ不潔になりやすいということでもあります。

こまめに清掃がされていないと、使う人が不快になるのは言うまでもありませんよね。

これは使っている人もマナーやモラルも問われます。

いつでもきちんと清掃されているジムというのは、それだけ手がかけられているということなので、マシンや器具のメンテナンスもきちんとされていると考えてよいのではないかと思います。

どのくらいジムの施設自体に手が掛けられているかどうかを見るためにも、まず掃除が行き届いているかは、見るべき点ではないでしょうか。

料金が安いスポーツジムのおすすめ10選

ここでは人気のある代表的なスポーツジム10選をご紹介いたします。

興味のあるジムが見つかったら、公式サイトもぜひチェックしてみてくださいね!

chocoZAP

ちょこざっぷは、あのRIZAPから生まれたお手軽ジムです。

オススメ点はなんといっても低価格

しかもその価格にもかかわらず、セルフ脱毛・セルフエステが使い放題

一部店舗にはゴルフ練習場もあり、練習道具はレンタル無料になっています。

入会すると「ちょこざっぷ専用キット」と呼ばれる体組成計・ヘルスウォッチの2点が送られてきます。

「コンビニジム」と呼ばれており、着替え不要で普段着でそのまま運動できます。

靴もそのままで大丈夫!

QRコードで入退館するシステムで、入会退会もアプリで手続きするので簡単で手軽です。

365日好きな時間いつで利用できます。

無人化ですので人目を気にすることありません。

日によってはインストラクターのライブ配信があったり、YouTubeでマシンの使い方を配信していますので使い方の心配もありません。

鍵のかかるプライベートロッカーなどのオプションはありませんが、オープンロッカーはあります。

難点はトイレがある店舗とない店舗があること。シャワーもありません。

ジム内に音楽が流れていないので、音楽が欲しい人はイヤホンなどが必要かもしれません。

所在地本社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー36階
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間24時間
※一部、テナント規制により24時間営業ではない店舗もあり。
定休日年中無休
駐車場の有無基本的に無
料金プラン月会費2,980円(3,278円 税込み)
オプション料金
入会金等の初期費用入会金3,000円+事務手数料2,000円
問い合わせ0120‐941‐604
chocoZAP公式サイト
評価

エニタイムフィットネス

エニタイムフィットネスは日本初24時間年中無休

店舗数は世界No.1となっており、世界20か国以上で店舗を展開しています。

入会するとどこの店舗も利用できるので、国内はもちろん世界中の店舗を利用できます

アスリート向けの最新マシンを導入しているエニタイムですが各店舗のマシンのラインナップが違い、色々な店舗で色々なマシンを体験することができます。

館内を監視する約20台の防犯カメラと緊急呼び出しボタン、AEDが全店に設置してあり、安全面も安心です。

個室の男女別シャワー室や更衣室があり、ドライヤーも備え付けられています。

親がエニタイムフィットネス会員の子どもの高校生の場合、高校在学期間中月会費がかからないパスを利用することもできます。

しかし利用できるのはスタッフが在籍する時間帯のみ、親の登録店舗のみなのでご注意を。

スタッフがマシンの使い方をご案内する予約制の無料ファーストオリエンテーションもありますが、常駐のインストラクターがいないことがほとんどです。

きちんと効率よく筋トレしたい人は、まずはパーソナルトレーニングができるジムで基礎を覚えてからにした方がよい場合もあるかもしれません。

所在地本社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト6F
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間24時間
定休日年中無休
駐車場の有無店舗により異なる
料金プラン約7,000円~10,000円未満(月会費/店舗により異なる)
オプション料金AFベネフィットプラス(フィットネス保険付き優待サービス)月々385円
入会金等の初期費用セキュリティキー発行手数料(5,500円税込み)+入会月&翌月までor翌々月までの月会費
問い合わせ各店舗(店舗検索
エニタイムフィットネス公式サイト
評価

ファストジム24

総合フィットネスクラブであるティップネスが手軽に使えるジムを、とのニーズに応えて生まれた24時間営業のトレーニングジム「FASTGYM24」。

24時間営業という気軽さ、最寄り駅から徒歩5分以内の便利さ、外履きのままトレーニングできるという手軽さで好評です。

成果を出すポイントやおすすめのメニューといった内容のサポート動画をメール配信があり、便利です。

更衣室、鍵付きロッカー、シャワールームと快適に運動するための設備は全て揃っており、トレーニングマシンはフリーウェイト・ウェイトマシン・有酸素マシンの三種類全てが備えてあります。

常駐しているパーソナルインストラクターなどはいませんので、分からないことを質問したりすることはできません。

しかし、希望者には有料パーソナルトレーナーの受講可能なので利用してみるのもよいでしょう。

駅チカの店舗が多いためか、狭い店舗が多く駐車場がある店舗は少ないです。

しかし、最低限の運動には十分です。

安さ重視で、最低限の設備だけで良いという人に向いているにはコスパのよいジムではないでしょうか。

所在地〒102-0081 東京都千代田区四番町5番地6 日テレ四番町ビル1号館3階
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間24時間
定休日年中無休
駐車場の有無店舗により異なる
料金プラン約6,000~約9,000円(月会費/店舗により異なる)
8,250~9,350円(全店舗利用プラン)
オプション料金水素水飲み放題 月額利用料1,620円(税込)
プライベートロッカー 月額利用料1,100円(税込)
オーダーメイドパーソナルトレーニングサービス(提供先による)
WELBOX 月額550円(税込)
入会金等の初期費用セキュリティカード発行料(3,300円税込)+登録料(2,200円税込)
問い合わせFASTGYM24公式サイト
評価

FIT EASY

引用:FIT EASY公式サイトより

24時間年中無休・全店舗利用可能のFIT EASY。

低価格なうえ、半年・一年と長く通えばさらに割引になるという嬉しい価格設定です。

ただし、1年以内に退会すると違約金11,000円(税込)が発生します。

新しい店舗がほとんどなので、キレイなところが多いです。

毎回入店時に顔認証を行い、会員本人でしか入店できない仕組みになっており、館内約15箇所前後の防犯カメラが設置されていて、対話型システムを採用しています。

さらにトラブルが発生したときは警備会社のアルソックが24時間いつでも現場へ急行するので、安全面では安心できるでしょう。

トレーニングマシンの使い方が動画で確認できるようになっており、何度でも見られるので初心者にも分かりやすいです。

全館撮影OK、SNS投稿OKなので、若い人たちにも人気です。

悪い評判、口コミはあまり投稿されていない印象です。

ツイッターやインスタグラムなどを「#FIT EASY」で検索すれば、みんなの口コミも見られたりするので参考にしてみてはいかがでしょう。

所在地本社:〒500-8034 岐阜県岐阜市本町3丁目2番地1
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間24時間
定休日年中無休
駐車場の有無店舗により異なる
料金プラン6,500 円〜/月 (税込7,150円)継続割引あり
オプション料金貸しロッカー 月額使用料1,100円(税込)
水素水サーバー 月額使用料1,080円(税込)
プロテインサーバー 月額使用料1,620円(税込)~
タンニング 1日最大5分500円/月4回までのご利用
休会制度 月額880円(税込)
入会金等の初期費用入会金(3,300円税込み)+事務手数料(2,200円税込み)
問い合わせ各店舗(店舗検索
評価

ホリデイスポーツクラブ

ホリディスポーツクラブは大型フィットネスクラブの中ではかなり低価格です。

全店舗駐車場完備のロードサイド型店舗であることも特徴ですので、車で通いたい人には最適でしょう。

しかし、首都圏での店舗展開はまだまだ少ないようです。

ボクシングやヨガ、ダンスなどレッスンプログラムが充実していて、色々なプログラムを楽しむことが出来るでしょう。

サウナや温浴などスパ施設が充実しているのも魅力の一つですね。

もちろん、スパ施設のみの利用もOKなので疲れている時などはトレーニングでなく、スパを目的に通う人もいるそうです。

一部の店舗では露天風呂も設置されているので、露天風呂が併設されているのならぜひ利用したいですね!

マスター会員はトレーニングマシンやプール、サウナなど自由にトレーニングできるのでお得でしょう。

有料で「マイトレ」と呼ばれるマンツーマントレーニングを用意してあるので、初心者でトレーニングに不安がある人は利用してみてもいいかもしれません。

無料体験は随時実施しているので、一度行ってみてはいかがですか。

所在地本社:〒446-0056 愛知県安城市三河安城町1-16-5
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間平日・土曜:10:00~23:00
日曜・祝日:10:00~19:00 (店舗により異なる場合あり)
定休日店舗により異なる
駐車場の有無全店舗駐車場完備(有料の場合あり)
料金プランマスター会員(営業時間内いつでも利用可能):約9,000円
デイ会員(10時~17時):約7,000円
*店舗により異なる
オプション料金契約ロッカー 月額使用料770円(税込)
測定サポート 300円(税込)/1回
スタートサポート(インストラクター指導) 1,100円(税込)/1回
入会金等の初期費用入会金(3,300円税込)+登録料(2,200円税込)+月会費2か月分
問い合わせデジタルvoice box
評価

TIPNESS ティップネス

総合フィットネスクラブであるティップネスには、ジムだけではありません。

スタジオはもちろん、プール・お風呂・マッサージチェアなどのリフレッシュができる施設が併設しています。

お風呂やスパなどリラクゼーションを目的として通う事が可能なのです。

オーダーメイドパーソナル・加圧トレーニング・ヨガやピラティス・スイミングなど会員であれば誰でも無料で利用できるプログラムが沢山用意されています。

みんなで楽しく取組めるプログラムから集中して一人黙々と鍛えるジムでのトレーニング、マンツーマンでサポートを受けられるパーソナルトレーニングなど、活用方法がいろいろ選べるジムとして好評なティップネス。

24時間営業ジムではなかなか難しいサービスだと思います。

初心者から上級者まで、目的やレベルに合わせて利用できるジムとなっていますね。

ティップネスとFASTGYM24は運営母体が同じなので、ティップネスのレギュラープランやクロススタンダードプランに+500円(税抜)で全国のFASTGYM24が利用可能です。

一日体験を実施している店舗も多いので、利用してみてはいかがでしょうか。

所在地本社:〒102-0081 東京都千代田区四番町5番地6 日テレ四番町ビル1号館3階
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間店舗により異なる(24時間営業の店舗もあり)
定休日毎週水曜日、年末年始、メンテナンス休館
駐車場の有無店舗により異なる
料金プランレギュラー会員 7,500円(8,250円税込み)好きな時に利用可能・回数制限無
デイタイム会員 6,500円(7,150円税込み)朝~夕方のみ利用可能
アフター6会員 7,300円(8,030円税込み)夕方~利用可能
フレックス会員 6,200円(6,820円税込み)月に4回利用可能
*各プランの最安値・店舗により異なる
*2023年5月分月会費より改定予定
オプション料金プライベートロッカー 月額使用料1,100円(税込)
レンタルタオル(2枚) 月額使用料1,650円(税込み)・利用ごと340円(税込み)
レンタル5点(ウェア上下・シューズ・タオル2枚) 月額使用料3,300円(税込み)
                         利用ごと1,140円(税込み)
水素水飲み放題 月額利用料1,620円(税込み)
WELBOX 月額880円(税込み)
入会金等の初期費用登録料(5,500円税込み)
問い合わせTIPNESS公式サイト
問い合わせ
評価

RENAISSANCE ルネサンス

ルネサンスはプール・温泉・サウナ・休憩スペースから、ゴルフを練習できる打ちっぱなし場まで様々な施設があり充実しています。

年齢や目的に合わせたプランが豊富で、全て無料で参加することができ、さまざまなニーズに答えてくれると好評です。

特にゴルフやテニスは評判がよいそうです。

有料でトレーナーを指名してパーソナルトレーニングを受けることもできます。

立地の良さと利便性の高さがよいとの口コミも多くあります。

郊外型でも駐車場が広くて利用が楽など通うのには、とても便利ですね。

全国展開をしているスポーツクラブですので、各地に進出した時期が異なることもあり、施設の老朽化やロッカースペースの狭さが気になるという人が多いです。

利用者もかなり多く、特に昼は年齢層の高い方で混んでいるようです。

一部店舗では60分会員導入店舗があります。

格安価格で施設が利用し放題の会員プランなので、気軽に通うにはよいとの口コミも多くあります。

無料体験もありますが、こちらは予約制なので希望する店舗に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

所在地本社:〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア 3階
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間店舗により異なる(24時間営業の店舗あり)
定休日店舗により異なる
駐車場の有無基本的に完備(有料あり)
料金プラン平日会員  8,250円 ~18時まで利用可能
ナイト会員 7,700円 20時~利用可能
月4会員 7,693円 月4回利用可能
東日本マスター会員 月額使用料15,070円(税込み)
全国マスター会員 月額使用料15,620円(税込み)
             *店舗により異なる・その他多数プランあり
オプション料金タオルレンタル 月額使用料1,760円(税込)
オールレンタル 月額使用料3,740円(税込)
プライベートロッカー 月額使用料:店舗による
水素水サービス 月額使用料1,620円(税込)
WELBOX ぐっピープラス/月額605円 ぐっピープラスエース/月額935円
入会金等の初期費用入会金(3,300円税込み)+事務手数料(5,500円税込み)+月会費2か月分
問い合わせRENAISSANCE公式サイト
評価

メガロス

総合フィットネスのメガロスは、プールやサウナ、エステなどが完備された店舗も多く充実していると評判がよいです。

本格的なトレーニングマシンだけでなく、初心者にも扱いやすいマシンが豊富に用意されておりスタンダードプログラムに加え、トレンドプログラムや話題の暗闇プログラムなど、オリジナリティあふれるプログラムも多数用意されています。

パーソナルトレーニングは1回から利用できるものもあるので、まずはお試しでレッスンを受けてみることもできます。

24時間営業のジムエリアがある店舗が豊富にあるのもよいですね。

女性専用の「メガロスルフレ」が展開されており、女性が安心して利用できます。

トレーナー・スタッフに関するポジティブな評判・口コミが多く集まっています。

ジムに特化した24時間ジム「メガロス24」も展開されていて、両方利用できるプランもあります。

「フィットネスクラブ利用満足度No.1」や「グッドデザイン賞」を受賞したこともあるメガロスはその充実度・満足度に定評があるのも頷けるラインナップなので、気になった人は見学や体験をしてみてはいかがでしょう。

所在地本社:東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー15階
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間店舗により異なる(24時間営業の店舗あり)
定休日店舗により異なる
駐車場の有無一部店舗には有
料金プラン・メガロスゴールド24会員  複数店舗共通17,050円(税込)
(メガロス店(24時間営業の大型ジム含む)、メガロス24(24時間営業のコンパクトジム)
複数店舗全営業時間利用可能)
・メガロスゴールド会員  複数店舗共通15,950円(税込)
(メガロス店(24時間営業の大型ジムの深夜早朝を除く)複数店舗利用可能。
※メガロス24(24時間営業のコンパクトジム)利用不可)
 *メガロスでは料金プランが多数なので、ここでは複数店舗利用可能プランのみご紹介 
オプション料金バリュープラス(見舞金や優待サービスなど) 月額500円(税抜き)
タオルプラス(バスタオル、フェイスタオルのセットを1日1回利用可能) 
月額使用料1,500円(税抜き)
水素水飲み放題 月額使用料1,100円(税抜き)
コラーゲンプラス(コラーゲンマシンを1日1回まで利用可能)
月額使用料5,500円(税抜き)
プロテインオプション12(プロテインサーバーを月12杯ご利用)
月額使用料1,500円(税抜き)
プロテインオプション30(プロテインサーバーを月30杯ご利用)
月額使用料3,300円(税込)
契約ロッカー 月額使用料1,100円(税抜き)〜
  *店舗により料金やサービスが異なる場合あり
  *その他オプションあり
入会金等の初期費用事務登録料(6,600円税込み)+会費2か月分
 *メガロスルフレ店のみ+10,000円
 *セキュリティカード発行手数料(必要な人のみ)+2,200円(税込)
問い合わせメガロス公式サイト
各店舗(店舗検索
評価

セントラルスポーツ

マシンやウェイトトレーニングマシンなど設備が充実しており、

筋トレやダイエットなど目的に合わせて効果的なトレーニングができます。

店舗により、大型プールやジャグジー・岩盤浴・ゴルフレンジなどがあり、追加料金無しで自由に利用することができます。

セントラルスポーツは、特にプールプログラムに強いと言われています。

スクールのジャンルも幅広く、水泳以外にもテニスやゴルフ、ダンス、格闘系からスカッシュに至るまで色々と豊富です。

月会費内でプールやスタジオ・ジムなどの多彩なプログラムを楽しめるため、リーズナブルに感じられる人が多いといいます。

会員種別やコースは非常に種類が多く、ここでは紹介しきれません。

利用の頻度や曜日・時間帯・オプションの有無など色々な条件によって違ったコース・プランがあります。

自分の条件に合った料金プランをよく考えて選ぶことができるので、無駄が少ないとも言えますね。

主要駅から近い店舗や駐車場完備の店舗も多いので、通うのにも便利ですよ。

見学は予約なしで無料でできますが、体験は500円~2,160円かかります。

体験も予約は要りませんが、スムーズに体験するためにも予約したほうがいいかもしれません。

所在地本社:東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間店舗により異なる(24時間営業の店舗あり)
定休日店舗により異なる
駐車場の有無店舗により異なる
料金プラン全国シングルA会員(一部除く全店舗いつでも利用可。タオル付)18,480円(税込)
全国シングルC会員(一部除く全店舗いつでも利用可。タオル無) 16,280円(税込)
 *セントラルスポーツは料金プランが多数なので、ここでは一部プランのみご紹介
 *店舗ごとに料金が異なり、上記も一部店舗では違う場合あり
オプション料金スマートサービス(見舞金や優待サービス) 月額550円(税込)
タオルオプション
ウエアオプション
契約ロッカー    など色々なオプションがあるが店舗ごとに違う
入会金等の初期費用登録手数料(2,200円税込)+カード発行手数料(1,100円税込)+会費2か月分
問い合わせセントラルスポーツ公式サイト
問い合わせ
評価

コナミスポーツクラブ

1973年設立と運営年数が長いスポーツクラブです。

広々とした雰囲気の店舗が多く、敷地内に様々な施設がある点が大きな強みとなっています。

プールや風呂・サウナが併設されており、エステを受けられるスペースなどがある店舗もあるようです。

利用するときだけ料金を支払うプランの「都度利用プラン」もあり、月によって変更可能なのでその月のライフスタイルに合わせて変えてもいいと思います。

人気のヨガやダンス、気になる部位を重点的に鍛える筋力系エクササイズの他にもトランポリンやフラダンスなどのユニークなプログラムもあるので、楽しくエクササイズできそうですね。

月会費や登録料もナシのパッケージ化されたパーソナルトレーニングもあるので、本格的な筋トレ・ダイエットなどを目指している人は考慮してみてもいいかもしれません。

登録施設に限り利用時間や回数制限なく利用できるおトクなフリープランをどんどん新規導入している店舗もあります。

インストラクターがしっかり教育されているので、安心感があります。

YouTubeの公式チャンネルも配信していますので、参考になるかもしれません。

飽きっぽい人も長く続けることができそうですね。

所在地本社:東京都品川区東品川4丁目10番1号
店舗検索
最寄駅店舗により異なる
営業時間店舗により異なる
定休日店舗により異なる
駐車場の有無一部駐車場のない施設もあり
料金プラン回数制限フリープラン 10,340~16,060円
月4プラン 6,050~8,690円
月8プラン 7,810~13,530円
*利用店舗のカテゴリによって料金が変わる
*その他プランあり・都度利用プランあり
オプション料金安心プラス(見舞金や優待サービス) 月額550円(税込)
タオルなどレンタルオプションあり(店舗により異なる)
入会金等の初期費用登録料(5,500円税込)+会員カード発行手数料(1,100円税込)
問い合わせコナミスポーツクラブ公式サイト
問い合わせ
評価

スポーツジムを安く利用する方法

ジムにかける金額が安いかそうでないかは、それぞれの価値観だと思います。

高いな…と思っても、その施設を十分に活用できれば安いものかもしれません。

利用したいジムがあれば、自分にあうかどうかを見極める必要があるかもしれませんね。

そのうえでさらに安く利用できればうれしいですよね!

店舗独自のキャンペーンを活用する

どのジム・スポーツクラブ・フィットネス、各店舗では独自のキャンペーンを繰り広げています。

入会金無料や月会費2か月半額などなど。

他にも友達と二人で入会すると割引されるなど、色々なものがあります。

トータルすると数万円の割引になるキャンペーンもあるので、利用しない手はありません。

店舗の中にはまずはお試しで安く入会し、その期限が終わってから本入会できるところもあります。

入会金や月会費が高いジムほどお得感があります

この時期、ライフスタイルが変わるタイミングなのと夏に向けてダイエットを考える人が多いせいか、どの店舗もキャンペーンに力を入れているようです。

たくさんのキャンペーンがあるので、ここでは紹介しきれませんが

気になるジムがある人はぜひ調べてみましょう。

思ったより入会するハードルが低くなるかもしれませんよ。

福利厚生を活用する

ジムによっては法人プランというものを設けているところがあります。

会員優待サービスや普通に入会するよりも安いプランで同じサービスを受けられるなど、

お得なプランです。

昨今、福利厚生に力を入れている企業も多いですよね。

ジムによって、色々な企業と提携していたりするので

ご自分やご家族がお勤めの企業の福利厚生を確認してみるとよいでしょう。

安いプランを利用する

ほとんどのジムでは、各種プランが用意されています。

メガロスやセントラルスポーツクラブなどでは、10種類以上のプランがあったりします。

利用する時間帯、年齢、利用したい施設やプログラムなど、ご自分のライフスタイルや目的、希望に沿って選ぶことで満足度の高いサービスを受けることができます

無駄を省くことで料金を節約することも可能です。

通っていて不便があれば、プランを変えられるサービスがあるかどうかも確認しておくとよいですね。

どんなプランがあるかは、多種多様のジムほど見学に行って確認した方がよいので面倒でも足を運ぶようにしましょう。

公営ジムを利用する

今までは民間のスポーツジムなどを紹介してきましたが、公営ジムがあるのをご存じでしょうか。

ここでいう「公営ジム」というのは全国に約5万ヶ所あるとされる公共のスポーツ施設の中などにあるジムのことです。

県・市区町村などの地方自治体(地方公共団体)が税金で運営しています。

ですから、公営ジムの多くは安価な料金(数百円)もしくは無料で利用することができます

設備の充実度は自治体によっても違いがありますが、トレーニングマシンの数が少ない場合・古い場合も多いです。

大抵の公営ジムはアクセスがあまりよくないことも多くあります。

しかし、地元の自治体の運営がほとんどですから、ご自宅の近くにあることも多いのではないでしょうか。

専門的な知識を持つスタッフがいるとは言えませんが、公共施設であるのでスタッフの質が悪いわけではありません。

知識はなくても親切な場合が多い気がします。

まずはジムとはどんなものかを体験したいという初心者の人は、公営ジムに行ってみるのもよいでしょう。

都度払い・現金払いなので気兼ねなく利用できるのもよいですね。

まとめ

一口にスポーツジム・スポーツクラブといっても様々ですね。

情報を詰め込みすぎたので、ここでご紹介している各店舗・施設の全部が全てではありません。

もっとメリットやよい点、またデメリットや良くない点は多々あります。

器具やマシン・プログラムが揃っていても、雰囲気が合わなければ楽しくないでしょうし、

その逆の場合は、楽しくても効果は得られないかもしれません。

口コミも大事だとは思いますが、どこにでも一部マナーのよくない人がいるのは常だったりします。

何事もそうですが、やはり興味があるジムやクラブに足を運んでみるのが一番でしょう。

ご自分のスタイルに合ったジムが見つかるといいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次