\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

新大久保に行かない方がいい理由って?治安や混み具合などその現状を調査

新大久保-行かないほうがいい

SNSなどで、「新大久保は行かないほうがいい」という噂があるのを知っていますか?

新大久保は、コリアンタウンと呼ばれ、韓国料理店や韓国コスメなど、韓国に関するお店が多いのが特徴です。

韓国のファッションなどはいま話題沸騰中なので、ぜひ行ってみたいですよね!

ですが実際は、「ぼったくりが多い」とか「治安が悪い」と言われることも……。

本当に治安が悪いの?

ぼったくりの店があるって本当?

など、新大久保の実態をご紹介します!

目次

新大久保に行かない方がいい理由

新大久保に行かないほうがいい、とされている理由は、調査したところ、大きく3つありました。

新大久保はコリアンタウンと呼ばれるほど、韓国の食べ物やコスメ、KPOP…韓国に興味がある人が集まっています。

だから町には、SNSで話題のものが多く、それ目当てで来る人たちをだますような悪質な事件も起こっているようです…

特に、事件には絶対に巻き込まれたくないですよね……。

注意が必要な点を、1つずつ見ていきましょう!

治安が悪い

新大久保は治安が悪いとよく聞きます。

どうして治安が悪いと言われるのか、調べてみたところ、どうやら新宿に関係があるようです。

新宿には歌舞伎町と言われる、これまた治安の悪い場所があります。

新大久保は新宿に近いため、歌舞伎町の人や周辺から流れてくる人に影響を受けている、ということですね。

近くで悪い商売をしている人たちが新大久保に流れてきて、無関係の人たちを事件に巻き込むということもあるようです。

実際過去には、近辺で強盗事件が起こったり、観光客女性をナンパして襲ったり、という事件があったようです。

歴史的な理由

学校の歴史の授業でも習いましたが、日本と韓国には歴史的に深いつながりがあります。

ニュースでも、日韓関係が話題になることがありますね。

日韓は、お互いを嫌う傾向にあるため、「韓国に関係があるところには行かないほうがいい」という意見の人もいます。

そして新大久保はコリアンタウンと呼ばれるほど、韓国文化が栄えている町です。

「新大久保には行かないほうがいい」という意見は、こういった歴史的な理由から生まれているんですね。

混み具合がすごい

近頃、気になるのが人との距離感。

「ソーシャルディスタンスを!」と叫ばれるように、感染症予防のためにも、単純にゆっくり観光を楽しむためにも、あまり人が多いところには行きたくないですよね。

新大久保は、土日の、特に夜の混み具合がすごいんです。

それだけ人気のスポットということなんですが、どのお店も満席、せっかく来たのにお店に入ってご飯も食べられない……なんて、残念過ぎますよね。

平日の昼間であればそこまで混んでいない、という情報があるので、行くのであれば、そういった時間帯を狙いましょう。

新大久保の治安が悪いのって本当?

ここまで新大久保に行かないほうがいい理由をご紹介してきました。

ここからは、今の新大久保の実態に注目して、新大久保という町をご紹介していきます。

さきほど「新大久保の治安が悪い」と言いましたが、コリアンタウンとして発展した現在でも、治安は悪いんでしょうか?

韓国ブームで新しいお店が増え、観光客もたくさん来るようになったはずですよね。

韓国料理の食べ歩きもすごく有名になって、若い人たちが集まる町になっています。

「もしかしたら治安の改善が進んで、今はそこまで治安が悪くないのでは?」

韓国ブームで発展した現在の新大久保を調査してみました!

新宿に近いエリアは治安が悪い

新宿には、歌舞伎町という場所があると言いました。

そして、歌舞伎町は東京の中でも特に治安が悪い、という情報もあります。

つまり、新宿方面に近づくほど、歌舞伎町の影響を受けて、新大久保にもぼったくり居酒屋や怪しい風俗店が増えていくようです。

ですが反対に、新宿から遠いほど、そういったお店が目立たなくなります。

悪質な事件に巻き込まれたくなければ、新宿から離れたところでご飯やショッピングを楽しむといいでしょう。

ですが、新宿から離れれば絶対に事件に巻き込まれない、というわけではありませんから、ナンパされたりキャッチに話しかけられたりしたら、どこでも注意が必要です。

昼間の治安は?中学生が行っても平気?

昔の新大久保は、未成年だけで行くには危険なエリアとされてきましたが、今は観光名所として、誰もが行きやすい場所になっています。

特に昼間は、居酒屋や風俗店も開店していないところが多いので、中学生が行っても問題ありません。

中学生だけで行っても、食べ歩きやショッピングなどを楽しめますよ。

ただし、韓国コスメを売っているようなお店でもぼったくりがあるようなので、話題になっている商品などは、ちゃんとふつうの値段を調べてから買うほうがいいでしょう。

また、新大久保に行くときは、新大久保駅から行くようにしてください。

新宿駅から新大久保に向かうとなると、歌舞伎町を通ることになるため、中学生だけで行くには危険です。

新大久保はスラム街?!危険スポットはここ

ここまで、現在の新大久保についてご紹介してきました。

悪いことを考える人がいるせいで、いろいろ注意しなければならないことが多くてたいへんですよね。

そこで、「特にこの場所には注意したほうがいい!」という危険スポットを、ピックアップしてご紹介します。

もちろん、ここを避ければ絶対に事件には巻き込まれない、というわけではありませんが、この危険スポットを知っておくことで、事件に巻き込まれるリスクを減らすことができます。

覚えておきましょう。

新大久保駅南東側

さきほど、「新大久保に行くには新大久保駅から」と言いましたが、新大久保駅は絶対安全、というわけではありません。

特に新大久保駅から南東側に伸びる道は、新宿・歌舞伎町方面です。

そのため、歌舞伎町の影響を受けているお店や人が多く、遊びに行くには非情に危険な場所と言えます。

今は未成年だけでお出かけしたり、女性1人で観光したりすることも多いと思います。

そういった時には、新大久保駅の南東側、歌舞伎町に近い方は避け、違う道を通るようにしてください。

細い路地など

怪しいお店が並んでいる場所は言わずもがな、大通りから離れた、人目に付きにくい細い路地などを1人で歩くのは非常に危険です。

人目に付きにくいということは、犯罪も見つかりにくいということです。

なのでそういった路地には、見つかったらマズイことをしている人たちも多くいます。

近道だからと言って、マップの指示にむやみに従うのはやめましょう。

歩くときは、必ず大通り、または大通りに近く、人目が多い場所を通り、目的地に向かうようにしてください。

キャッチのいるお店

キャッチは、客引きとも呼ばれていて、自分たちのお店に連れていくために、通行人などに声をかけている人のことです。

基本的には居酒屋や風俗店のキャッチが多いですが、最近は、どんなお店かをくわしく説明しないで、「安くゆっくり飲めるところがあるんだ」などと誘うキャッチも多いです。

付いていったら高額なお酒を飲まされたり、大量に飲まされてそのままどこかへ連れていかれたり、事件に巻き込まれる可能性もあります。

キャッチには絶対に付いて行かず、もし夜に新大久保を歩くのであれば、しっかりと目的地を決めていくといいでしょう。

新大久保の現在の混み具合は?コロナ感染の危険性はある?

最近は「マスクの着用が自由」になったこともあって、電車に乗るときも、買い物をするときも、マスクをしていない人をしばしば見かけます。

人が多いところでマスクをしない人を見ると、ついつい感染の危険性を疑ってしまいますよね。

新大久保では、土日、特に夜間には入れるお店のほうが少ないくらいに混みます。

混むということは当然、人との距離が近くなるため、コロナの飛沫感染のリスクが高くなるということです。

そのため、土日に新大久保へ遊びに行くときには注意しましょう。

マスクをしていない人も見られるので、もし気になるのであれば、平日や土日の昼間など、比較的人が少ない時間帯を狙って行くようにしてください。

新大久保って何時間で回れるの?食べ歩きや買い物を楽しむには

新大久保は、韓国料理や韓国コスメ、ファッションも楽しめる町です。

韓国好きならぜひ何度も行って、効率よく観光したいですよね。

コリアンタウンと呼ばれる場所を歩くだけであれば、だいたい1時間ほどで観光できます。

お店を回って、ショッピングなどを楽しむのであれば、3〜4時間程度で回れるかと思います。

どこのお店でどういったアイテムをチェックするのか、どこでお昼を食べるのかなどを決めてから行くと、スムーズに観光できますよ。

予定通りのお店に入れない場合もありますから、食べ歩きができるお店もチェックしておくのもおすすめです。

周りに気を付けながら、おいしいものをたくさん食べましょう!

まとめ

以上、新大久保に行かないほうがいい理由や、現在の新大久保の実態についてご紹介してきました。

結論、新大久保に行かないほうがいいというわけではなく、新大久保に行くときには、悪質な事件に巻き込まれないように注意したほうがいいでしょう。

特に夜間の新大久保は危険なことが多いので、中学生や女性1人で遊びに行くのであれば昼間に行くことをおすすめします。

今回ご紹介した危険スポットを参考に、安全にコリアンタウンを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次