\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

石膏ボードは燃えるゴミで出せる?廃棄する場合に個人で持ち込み可能な場所

石膏ボードは燃えるゴミで出せる?廃棄する場合に個人で持ち込み可能な場所

DIYや家のリホームでよく使う石膏ボード。

余った石膏ボードをどのように捨てたらいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

燃えるゴミとして出していいのか迷いますよね。

そこで、石膏ボードは燃えゴミで出せるのか?廃棄するときに持ち込み可能な場所などを紹介していきます。

目次

石膏ボードは燃えるゴミで出せる?

石膏ボードは燃えるゴミで出せません。

まれに、不燃ごみとして回収している自治体もありますが基本的に産業廃棄物という括りになるので焼却処分が出来ないのです。

なので、処分方法としてはコチラの2択になります。

  • 自分で産業廃棄物を埋め立てする最終処理場まで運ぶ。
  • 産業廃棄物運搬処理業者に依頼して引き取ってもらう。

なので、石膏ボードを破棄するには石膏ボードをガラ袋に入れて自分で運ぶか、業者に連絡をして取りに来てもらうかにしましょう。

石膏ボードを処分する際の基本情報

石膏ボードは、鉱物の石膏を板状にして特殊なボード用原紙で製造された建築資材のことを言います。

安くて扱いやすいので、住宅の壁や天井、床の下地や内装などに使われていますし、DIYでも使いやすい資材ですよね。

石膏ボードのメリット
  • 安い。
  • 施工性に優れている。
  • 耐火性や断熱性が高い。
  • 遮音性が高い。
石膏ボードのデメリット
  • 店の衝撃に弱く欠けやすい。
  • 水分に弱い。
  • 釘やネジで固定ができない。
  • 一般ごみで廃棄が出来ない。

※メリット・デメリットを理解したうえで使用するようにしましょう。

そして、この石膏ボードを処分するときに知っておきたい基本情報があります。

①DIYで使った石膏ボードも産業廃棄物処理扱い

上記でも言ったように、石膏ボードは普通のゴミ収集に出すことが出来ません。

石膏ボードは「産業廃棄物」の分類になるので、自治体では収集・処分していないのです。

小さくしたら分からないからいいやと捨ててはダメですよ!

②直接処理場に持ち込む場合はマニフェストが必要になる

自分で処分場に持ち込む場合は、マニフェストの作成が必要になります。

マニフェストとは、産業廃棄物を処分するときに廃棄物の流れや処分の状態を明確にするための書類のことを言います。

法律により作成することや、記入事項が義務付けられているため処理場に持ち込む場合は必ず必要になるので少しハードルが高いですね。

③濡れた石膏ボードは処理費用が値上がりしてしまう

濡れた石膏ボードは、リサイクルできずに処分の手間がかかるので処理費用が値上がりします。

石膏ボードの状態によって変わりますが、取り外した後に外に置きっぱなしにしていたり、雨の日にむき出しのまま運搬しないように注意しましょう。

乾いていても、一度濡れるとかびてしまう可能性もあるのでその場合も費用は高くなってしまいます。

石膏ボードを処分する方法

石膏ボードを処分する方法はいくつかあります。

  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物処理業者に依頼する。
  • 処分場へ持っていく。

それぞれ、説明していきます。

不用品回収業者に依頼する

石膏ボードの処分方法の中で、特に簡単で手軽にできるのが不用品業者に依頼することです。

不用品回収業者の多くは、産廃収集運搬の許可を持っているので石膏ボードの処分依頼もできるんです。

不用品回収業者なら、搬出から積み込み、そして処分まで全部を代行してくれるので面倒な手続きもなく簡単です。

しかし、1つ注意点があります。

産業処理費用は基本的に業者によってほぼ均一ですが、作業費や運搬費と言ったところは業者により料金に大きな差が出てくる場合があります。

なので、事前に見積もりを出してもらうことをおススメします。

産業廃棄物処理業者に依頼する

基本的な処分方法として、産業廃棄物処理業者に依頼することを考える方が多いのではないでしょうか。

産業廃棄物処理業者は、自治体から産業廃棄物収集運搬業許可を受けて、法律を遵守したうえで適切に運ぶことが出来る業者のことを言います。

業者に任せれば、マニフェストの作成から適切に対応してくれますよ。

こちらも注意点があります。

処理費用の他に運搬費用がかかるので、全部の処分費用が高くなってしまいます。

石膏ボードの費用よりも高くなる場合もあるので、出費の覚悟が必要です。

処分場へ持っていく

最後は、自分で処分場に持っていく方法です。

自分で持ち込むため、運搬費用がかからず産業廃棄物処理業者に依頼するよりも安く処分することが出来ます。

ただ、自分で持ち込む場合はマニフェストの作成などの手続きが必要になります。

作成にかかるコストを考えると、必ずしも安上がりになるとは限りませんよね。

石膏ボードを無料で回収してくれるところはある?

石膏ボードの処分費用は高いですよね。

無料で回収してくれる場所があったら嬉しいですね。

無料回収してくれる場所がないか調べてみたところ、キレイな石膏ボードなら人にあげたり、工務店に聞いてみるという方法がありました。

また、無料で処分する方法として破損がほとんどなかったり、釘の跡がある程度でしたら「ジモティー」などのサイトで欲しい方を探してみる方法もあります。

一般的に、産業廃棄物の業者が無料で回収してくれるところは見当たりませんでしたが、欲しい人を探せば無料で処分できるでしょう。

石膏ボードが少量でも処分が必要?

石膏ボードが少量でも、上記の処分方法で処分してください。

少量だからと言って、家庭ごみで出してはいけません。

なぜなら、石膏ボードは不適切な扱いをすると有毒な硫化水素を発生することがあったり一部の石膏ボードにはヒ素が含まれていたりと、人体への悪影響があるからです。

絶対に少量だからと一般ごみと混ぜずに正しく処分しましょう。

石膏ボードを廃棄する場合に個人で持ち込み可能な場所は?

石膏ボードを処分する場合、個人で持ち込み可能な場所はありません。

産業廃棄物は、事業活動によって排出される廃棄物を指すため、一個人による持ち込みは認められていません。

ただし、個人事業主として届け出を提出していれば、個人名でも処理施設への持ち込みが可能となっています。

なので、一番いい方法は業者に依頼することだと思います。

石膏ボードを処分費用は1枚どれくらい?

では一体、石膏ボード処分費用は1枚どのくらいかかるのでしょうか?

処分相場はコチラです。

処分相場
1枚当たり2,000円~
1㎏当たり100~200円
立米当たり新品端材:10,000円~12,000円
解体後:20,000円~
タイル・木・金属などの付着あり:25,000円~

※業者により価格は少し変わってきます。

石膏ボードを処分する際の注意点

石膏ボードの処分の仕方を色々と紹介してきましたが、処分するときの注意点もあります。

それがコチラです。

  • 一般ごみで出すのはNG
  • 水濡れに注意
  • 放置しない
  • 他のゴミと混ぜない

それぞれ、説明していきます。

一般ごみで出すのはNG

コチラで何回も説明しているように、一般ごみで出すのはNGです。

厳重管理のもと処分しなければならない理由があるから、石膏ボードは「産業廃棄物」に指定されています。

そのことをしっかりと理解して、絶対に一般ごみと混ぜて出さないようにしましょう。

水濡れに注意

産業廃棄物処理業者に依頼している場合は、水濡れに注意しましょう。

石膏ボードは、水に弱く濡れてしまうとすぐに使えなくなってしまいます。

そして、石膏ボードの処分費用は濡れていないものと濡れているものでは2倍近くの差が出てしまうので、安く処分するためにもなるべくいい状態を保つようにしておきましょう。

放置しない

石膏ボードを放置していると非常に危険です。

外に放置したまま雨に濡れてしまうと、硫化水素を生み出す可能性があります。

硫化水素の量によっては死に至ることもあります。

子供やペットがいる場合は本当に危険なので、いらない石膏ボードがある場合は速やかに処分をしましょう。

他のゴミと混ぜない

他のゴミと混ざってしまっていると処理費用が上がってしまう可能性があります。

なぜかというと、処分をする時に分別する必要があるからです。

そのように手間がかかるので処理費用が高くなってしまうんですね。

なので、処理費用を抑えたい場合は他のゴミと混ぜないように気をつけましょう。

「石膏ボード 燃えるゴミ」を検索する人がよく思う質問4選

石膏ボードは何のゴミに分類されますか?

石膏ボードは産業廃棄物に分類されます。

石膏ボードを捨てるには?

ゴミ処理場に運ぶか、産業廃棄物処理業者に依頼して捨てましょう。

石膏は燃えるゴミですか?

燃えるごみではありません。産業廃棄物となります。

石膏ボードは燃えますか?

燃えません。必ず正しい処分方法で処分してください。

まとめ:石膏ボードを燃えるゴミで出すのはNG!

いかがでしたか?

簡単にDIYで使える石膏ボードですが、処分方法は簡単にはいかないようですね。

正しい方法で処分をしなければ、人体被害もでてしまうのでしっかりと守りましょう。

絶対に燃えるごみでは出さないようにしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次