\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

整体師はやめとけと言われる理由は?整体師に向いている人もご紹介!

整体師はやめとけと言われる理由は?整体師に向いている人もご紹介!

整体師は、体の歪みなどを矯正したり・調整する仕事で人気のある職種です。

しかし、整体師はやめておいた方がいいという方も多いようです。

それはなぜなのでしょうか?

そこで今回は、整体師はやめておけと言われる理由を調べていきます。

目次

整体師はやめとけと言われる理由は?

整体師はやめておけと言われる理由は6つあります。

それがコチラです。

  • 整体師の年収は低い傾向にある。
  • 競合相手が多い。
  • 専門知識の習得が必要。
  • 資格を使える場面が少ない。
  • 信頼性を得る必要がある。
  • 体力を必要とする。

それぞれ詳しく説明していきます。

整体師の年収は低い傾向にある

整体師の年収は低いから「やめておけ」と言われているようです。

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」で、このような発表がありました。

整体師の平均年収は、約443万円です。

厚生労働省https://www.e-stat.go.jp/

日本の正社員の平均年収は、458万円と言われているので平均年収よりも低いことが分かります。

整体師の収入だと、結婚や子育てが苦しくなる可能性があるので、辞めておいた方がいいと考える方が多いようです。

競合相手が多い

競合相手が多いので「やめておけ」と言われるようです。

厚生労働省が発表している「令和2年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によると、整体に関連する施術所はこのようになっています。

厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/20/

この表を見ると、柔道整復の施術所は平成22年から令和2年にかけて13,000か所も増えていますよね。

このように整体師として稼ぐのが難しくなっているためよくないと考えている方がいるようです。

専門知識の習得が必要

整体師は、幅広い技術と専門の知識の習得が必要になってきます。

そして、それを習得するのに時間がかかるので「やめておいたほうが良い」と言われるようです。

整体師は、国家資格はいりませんが体に関する正しい知識がなければ施術が出来ませんよね。

人により痛みの原因なども違うので、適切な施術が出来るまで長期間の経験が必要になってきます。

これが、辞めておいたほうが良いと言われる理由のようです。

資格を使える場面が少ない

整体師の中には、柔道整復師という国家資格を持っている方もいると思います。

この柔道整復師の資格を持っていると、骨折や脱臼などの施術が出来るんですね。

しかし、骨折などした方は整体院にいくよりも整形外科に行く方がほとんどです。

なので、せっかくとった資格なのに無駄になってしまう恐れがあるんですね。

なので、資格を使える場面が少ないから「やめておけ」と言われてしまうようです。

信頼性を得る必要がある

整体師は、スキルや知識だけでなく患者様からの信頼を得ることも必要となってきます。

信頼を得るためには、患者様の声を聞いてその人の状態や要望を理解することが大切です。

コミュニケーションをしっかり取らないと、患者様からの信頼が得られず患者様も他の整体院に行ってしまう可能性もありますよね。

整体院はいっぱいあります。

しかしすぐに信頼を得ることが難しいので「やめておけ」と言われるようです。

体力を必要とする

整体師は、体力が必要となります。

患者様への施術は、基本立ちっぱなしです。

中腰姿勢で施術を行うので、全身が凝りやすく体を傷めてしまうこともあるようです。

体力勝負というところもあるので、「やめておけ」と言われるようです。

整体師を辞めてしまうよくある原因は?

整体師が辞めてしまう主な理由は3つあります。

  • 労働条件や労働環境が悪いと感じる。
  • 人間関係が悪い。
  • クレームが多い。
労働条件や労働環境が悪いと感じる。

勤務先によって労働環境や条件はかわってきますが、だいたいアルバイトや業務委託といった雇用形態で働くケースが多いようです。

そうすると、給与は正社員のように固定給ではなくて時給制や歩合制のため稼ぎにくく辞めてしまう方が多いです。

そして、整体師が働く職場は大手企業が経営するチェーン店以外にも個人が経営している店舗もたくさんあります。

そのため、労働環境が整備されておらず労働環境が悪いと感じてやめる方も少なくありません。

人間関係が悪い。

小規模な整体院の場合、従業員の数が少なくて閉鎖的なコミュニティになりがちのようです。

良好な人間関係を築ければいいのですが、相性が悪い人がいる場合など人数が少ないため一緒にならないようにシフトをかえることも難しくなります。

なので、人間関係でうまくいかないと長く続けることが難しく辞めてしまう方が多いです。

クレームが多い。

整体師は、患者様と多く接するためクレームに繋がってしまうことがあります。

施術中などに、技術や配慮不足により患者様に不快に感じさせてしまう可能性もあります。

そうなると、口コミで広がったり、ホームページに書き込まれたりすることもあるようです。

このような精神的ダメージでやめてしまう方も少なくありません。

整体師は、精神力も必要!!

整体師の良いところは?

整体師は「やめておいたほうが良い」という理由などを説明しましたが、良いところももちろんあります。

それがコチラです。

  • 独立開業を目指すことができる。
  • 収入アップする場合もある。
  • 健康に関する知識を習得できる。
  • 手に職をつけることが出来る。
  • コミュニケーションスキルが身に付く。

それぞれ、詳しく説明していきます。

独立開業を目指すことができる

整体師は、一定のスキルや知識を見ぃつければ他の業種よりも独立開業しやすいです。

飲食店のように、仕入れ先を決めたりすることもなく場所があれば仕事ができるので経営者として活躍したい方にもおススメです。

ただ、開業したからと言ってすぐに軌道に乗るとは限らないのでその点は注意してください。

収入アップする場合もある

整体師は、平均年収は低いですが職場により高収入を目指すことが出来ます。

正社員に採用されるなど、職場や働き方により年収を500万円以上にできるケースも少なくありません。

このような場合は、委員長候補として採用さる経験や柔道整復師といった国家資格を求めることが多いです。

収入アップを目指している方は、資格を取得することが有効的です。

健康に関する知識を習得できる

整体師は、身体に関する様々な知識を身につけることが出来ます。

仕事のために必要な知識ですが、自分の身体の健康にも役立つことが出来ますよね。

他にも、自分だけでなく家族や友人の身体の悩みも解決できるかもしれません。

将来的に健康に過ごすためにも、整体師になるメリットはあると思います。

手に職をつけることができる

整体師は、患者様の健康や体のバランスを自分の手で施術をして改善していきます。

最近では、AIが仕事をするようになってきましたが整体師はAIに奪われることがありません。

なので、専門的な手に職をつくことで一生使える武器になります。

コミュニケーションスキルが身に付く

整体師は、技術の他に患者様とのコミュニケーションスキルも欠かせません。

整体師として活躍していくと、患者様も増えて多くの方と関われるので人生経験も豊かになるでしょう。

コミュニケーションスキルが身に付くことで、患者様のニーズに合わせた施術がしやすくなりますね。

整体師の将来性は?

整体師の将来性はあると言えるでしょう。

整体師は将来衰退していく企業ではなく、むしろ今後も需要が見込まれます。

そして日本は、少子高齢化でどんどんシニアの方が増えていきますよね。

病院に行くまでもないけれど、身体を良くしていきたいという方が増えていくと思うので整体院に足を運ぶ方もどんどん増えていくでしょう。

整体師に向いている人は?

整体師に向いている人の特徴があります。

それがコチラです。

  • 気を配れる人
  • 責任感がある人
  • 興味や向上心がある人
気を配れる人

整体師は、患者様の悩みをしっかりと聞いて適切な施術をしなければいけません。

患者様は、身体の不安を抱えて整体院に訪れるので悩みを聞いて解決していくミュニケーションが必要です。

患者様の悩みに寄り添えることで、効果的な施術が出来るので気を配れる方であれば患者様に適切に接客できますね。

責任感がある人

整体師は、患者様の身体を扱うので、責任感がないといけません。

誤った施術をしてしまうと、患者様の身体を余計悪化させてしまうことがあります。

そのため、適切な施術をしなければなりませんよね。

責任をもって、最適な対応ができるように普段から知識を深めることが出来る方が向いているでしょう。

興味や向上心がある人

自分のスキルを上げるには、普段から整体に関する勉強を重ねて、技術を磨く必要がありますよね。

なので、人体について興味があり、向上心がなければ継続することが難しいでしょう。

常にいろいろな情報を察知できる人が向いていると思います。

整体師になるには?

整体師になるには、整体師の学校や専門学校で学び基礎を身につける必要があります。

また、基礎を身につけるだけでなく実務経験を積んでいくことも大切です。

学校では基礎を、現場ではスキルをしっかり身につけながら整体師として成長していくと思います。

整体師に国家資格は必要なの?

整体師としての資格は必ず必要ではありません。

ただ、資格を持っていることで、専門性や信頼性をアピールすることが出来ますよね。

整体師の方でよく持っている資格は、柔道整復師と鍼灸師が多いようです。

ですが、一番大事なことは患者様の症状を改善してくことなので、スキルアップしていくことが大切です。

整体師として成功するポイントは?

整体師として成功するためのポイントは5つあります。

①目標・目的を持つ

ただ、たんたんと仕事をこなしていても何も成長しません。

「いつまでに独立する。」などと目標を持って仕事をすることで向上心も高まってきますよね。

②成功者の真似をする

目標などが明確になったら、成功している人のマネをしましょう。

マネをすることで、どのように動いたらいいのか分かるので目標に近づきやすくなります。

③マーケティングスキルを身につける

働いている整体院や経営している整体院の売り上げを伸ばしたい方は、マーケティングの勉強がかならず必要です。

技術も磨きながら、マーケティングを勉強することで集客アップにもつながってきます。

④開業を視野に入れる

開業をして、得られた収入は全て自分のものになります。

ただ、開業したばかりでは知名度がないので、大きな収益を得るまでには時間がかかるでしょう。

なので、上記の通りマーケティングを勉強して、集客方法を考えることが大切です。

⑤知識と技術を磨く

リピーターが増えるには、患者様が満足することです。

そのためにも、知識と技術の両方をスキルアップさせる必要があります。

独学だけでなく、セミナーなどの参加もしてみると良いでしょう。

「整体師 やめとけ」を検索する人がよく思う質問4選

整体師の廃業率は?

整体師の廃業率は95%を超えているとされています。

整体は誰でもなれるの?

無資格・未経験でも働くことが出来ます。

整体師ができないことは何ですか?

骨折、脱臼、打撲、ねんざなどの治療はできません。

整体師の平均年収は?

平均年収は、443万円です。

まとめ:整体師はデメリットもあるがメリットも多い職種

いかがでしたか?

今回は、整体師はやめておけと言われる理由などを調べました。

整体師は、デメリットもありますがメリットも多い仕事ですし、患者様に感謝をされる素敵な仕事だと思います。

少しでも気になっている方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次