\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

楽天トラベルのキャンセル料いつから発生?払わない方法は?無料期間や返金時期解説

楽天 トラベル キャンセル 料

楽天トラベルで宿やツアーなどの予約をしたけれど、どうしてもキャンセルしなければいけなくなった時に、一番気になるのはキャンセル料ですよね。

「できれば払いたくない・少しでも安く済ませたい」のが本音かもしれません。

ここでは「楽天トラベルのキャンセル料について」のあれこれをまとめてみました。

キャンセルを考えている人・いざという時のための知識として、ぜひ参考にしてみてください。

目次

楽天トラベルはいつからキャンセル料が発生する?

旅行や出張など、楽天トラベルを利用する人も多いと思います。

しかしやむを得ない理由からキャンセルしなければばらない状況になることもありますね。

早くにキャンセルが分かればまだよいですが、ぎりぎりになって分かることもあります。

キャンセルは早くすればするほど、キャンセル料がかからないということは皆さんもご存じかと思われます。

では、実際はどのくらい前のキャンセルからいくらくらいかかるのか、をみていくことにしましょう。

ホテル・宿のキャンセル料はいつから?

ホテル・宿などの宿泊施設ですが、結果から言うと楽天トラベルでは2日前までにキャンセルすれば、キャンセル料はかからない場合が多いようです。

一番多く見かけるのは「前日から宿泊代金の20%」のキャンセル料がかかるというキャンセルポリシーではないでしょうか。

楽天トラベル 宿泊施設 基本のキャンセルポリシー

宿泊2日前までのキャンセルキャンセル料なし
宿泊前日のキャンセル宿泊料金の20%
宿泊当日のキャンセル宿泊料金の80%
連絡なしの不泊宿泊料金の100%

一般的にはもっと前のキャンセルからキャンセル料を取る予約サービスもあるので、

楽天トラベルは利用者に優しいと言えるかもしれません。

しかし楽天トラベルでは個別にキャンセルポリシーを設定することもできますので、

前日よりも早い段階でキャンセル料がかかるホテル・宿もあります

格式のある旅館や、宿泊価格が高いホテル・宿を予約した時などは、

個別にキャンセルポリシーを設定しているケースが多い印象ですね。

特に旅館は、夕食や朝食がセットになっているプランが多いですよね。

このような旅館などは仕入れなどの関係もあり、通常規定よりも早い段階からキャンセル料がかかるところも多いようです。

予約時に、その宿泊施設のキャンセルポリシーをきちんと確認しましょう。

国内ツアーのキャンセル料はいつから?

楽天トラベルでは56日前までにキャンセルの場合は、キャンセル料はかかりません

楽天トラベルのJAL楽パックやANA楽パックなどのツアーについては、

キャンセルポリシーが一律で決まっているので、すべて下のルール通りにキャンセル料が決定します。

航空券取り消し手数料

取り消し日時取消手数料(1区間)
搭乗の55日前までのキャンセル500円
搭乗の54日〜21日前までのキャンセル2,000円
搭乗の20日〜8日前までのキャンセル3,000円
搭乗の7日〜1日前までのキャンセル6,000円
搭乗当日の出発時刻までのキャンセル9,000円

航空券キャンセル料

出発21日前までのキャンセル航空券取り消し手数料(別表)の額
出発の20日〜8日前までのキャンセル旅行代金の20%
出発の7日〜2日前までのキャンセル旅行代金の30%
旅行開始日前日のキャンセル旅行代金の40%
旅行開始日当日のキャンセル旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加旅行代金の100%

 キャンセル料が全額返金となるのは欠航の場合とノーチャージ便のみです。

コロナの場合などはキャンセル料がかかります。

キャンセル料が免除(全額返金)となるのは、以下のようなケースです。

・予約便が欠航となった場合

・航空会社の判断で「キャンセル料が免除される便(ノーチャージ便)」として登録されている場合

航空会社決定のノーチャージ対象便とは、天候・天災・航空会社事由などにより、キャンセル料の免除対象と判断されている状態の便のことで対象便は各航空会社により異なります。

レンタカーのキャンセル料はいつから?

楽天トラベルでのレンタカーは、基本的には6日前からキャンセル料がかかります。

7日前までのキャンセルならば、キャンセル料はかからないことが多いです。

しかし個別にルールを設定しているケースもあるので、

さらにもっと前からキャンセル料がかかる場合もありますので確認が必要です。

レンタカーは予約画面まで進まないとキャンセルポリシーを確認できないので、見落とさないように注意しましょう。

キャンセル料

出発の6日前〜3日前のキャンセル代金の20%
出発の2日前〜前日までのキャンセル代金の30%
出発当日のキャンセル代金の50%
貸出予定時間後の解除・無連絡代金の50%

高速バスのキャンセル料はいつから?

楽天トラベルで高速バスの予約をした場合は、10日前からキャンセル料がかかることが多いです。

11日前までのキャンセルには、キャンセル料がかからないということですね。

しかし、こちらも個別にルールを設定しているケースもあるので、

さらにもっと前からキャンセル料がかかる場合もあります。

ですから、キャンセルポリシーの確認は大事です。

出発の11日前までのキャンセルキャンセル料なし
出発の10日〜8日前のキャンセル代金の20%
出発の7日〜2日前までのキャンセル代金の30%
出発前日のキャンセル代金の40%
出発当日のキャンセル50%
出発後のキャンセル100%

ほとんどの場合出発前であれば50%は返金されることが多いので、しっかりルールを確認してくださいね。

【楽天トラベル】キャンセルポリシーの確認方法

キャンセルポリシーを確認するためには、

楽天トラベル内のそれぞれの宿泊施設のページへ行き、

希望する宿泊プランの詳細ページ内にある「キャンセルポリシー」の項目を表示します。

・まずは検索などで宿泊したい施設を選択し、表示します。

さらに宿泊したいプランを選択します。

・プランを選ぶとそれにそった部屋の選択肢が表示されるので、

気になる部屋の「空室カレンダー」の表示を選択します。

少し下へスクロールしていくと「キャンセルポリシー」という項目があり、

そこにキャンセル時の条件とキャンセル料が表示されています。

これでキャンセルポリシーの確認ができますね。

楽天トラベルより(例)

楽天トラベルのキャンセル料が無料なのはいつまで?

楽天トラベルの予約の場合、基本的な楽天トラベルのキャンセルポリシーはあるものの

個別に設定しているものも多いです。

ですから、キャンセル料の発生日はそれぞれのケースで、宿泊施設・プラン・日付・交通機関によってすべて異なります

上の項目でご説明した通り、宿泊施設・国内ツアー・レンタカー・高速バスによっても

それぞれキャンセル料の発生日は違います。

基本的なキャンセルポリシー(個別設定もあるのでこの限りではありません)

ホテル・宿などの宿泊施設 ~2日前
国内ツアー~56日前
レンタカー~6日前
高速バス~11日前

詳しくは、上にあるそれぞれの項目を参考にしてください。

楽天トラベルのキャンセル料

楽天保険総合窓口

楽天保険では楽天トラベル申し込みの旅行に関して、キャンセル料100%保証の「トラベルキャンセル保険」という

商品を用意しています。

国内での旅行が対象となっており、直前の急なケガや病気はもちろんインフルエンザやコロナなども対象ですし

コンサートなどのイベント参加のための旅行で、天候の影響でイベント中止になった時もキャンセル料が支払われます。

保険料もリーズナブルだと思うので、「もしもの時のため」に加入しておくのはよいかもしれませんね。

人数や加入までの時期に条件があるので、興味がある人は楽天保険の公式サイトで確認してみてはいかがでしょう。

楽天トラベルキャンセル保険はこちらから

楽天トラベルはキャンセル料を払わないとどうなる?

予約というのは契約ですので、キャンセル料の支払いは利用者の義務になります。

仮に支払いを拒否したとしても、ホテル旅館などの予約されている側が訴訟を起こせば民事訴訟となります。

法廷で争う形となるのです。

実際に裁判が行なわれた場合でも、支払わないというは契約の不履行にあたります。

ホテル・旅館などの側が極めて有利になります。

しかし、キャンセル料の支払いで訴訟を起こしたと言う話はほとんど聞きません。

裁判にはかなりの手間がかかりますし、

数万円程度の金額に対して訴訟を起こすという事は賢明ではないのかも知れません。

けれど、だからといって踏み倒していいわけではありませんね。

キャンセルポリシーは契約で定められたものですが、

実はホテル・旅館などの宿泊施設は柔軟な対応をしてくれるところも少なくありません。

しかし、災害などの不可抗力でのキャンセルは免責されるケースも多々あります

サイトからのキャンセルをしていても、ホテル・旅館などの施設に直接電話しておくとよいかもしれません。

キャンセルがきちんとできているかの確認とともに、キャンセル理由など

経緯を伝えることにより、場合によっては寛容な対応をとってくれるかもしれません

楽天トラベルのキャンセル料を現地決済するとどうなる?

楽天トラベルでの支払いを現地決済にした場合ですが、

その場合キャンセル料は楽天トラベル経由ではなく、ホテルや旅館など宿泊施設からの直接請求となります。

現金決済(現地決済)などを選択している場合は ホテルからの直接請求になるでしょう。

やむを得ずキャンセルした場合のキャンセル料のお支払い方法は、

現地決済の場合は宿泊施設への確認が必要となるでしょう。

電話でのキャンセル手続き確認の際に、聞いておくとよいですね。

多くの場合は振込用紙が送付されるようです。

けれど当日などの直前でなければ、キャンセル料が発生する場合でも免除してくれる場合もあります。

しかし、これはあくまでそのホテルや旅館などの好意ですので、強要するのは間違いです。

予約をキャンセルするのは利用する側ですので、双方快く解決したいものです。

楽天トラベルのキャンセル料請求はどこからくる?

楽天トラベルでの予約した後、キャンセルしなければならなくなった場合、

キャンセル料は基本的は楽天トラベルを介して支払われます

クレジットカードなどのカード決済した場合は、キャンセル料充当金額が差し引かれての返金になります。

楽天ポイントを支払いに利用している場合ですが、

利用したポイントは優先的にキャンセル料に充当されます。

利用したポイント数がキャンセル料よりも多い場合、差額分のポイントは返還されます。

ただし利用ポイントに期間限定ポインを利用している場合で

キャンセルをした時点でその有効期限が過ぎてしまっていた場合、

その期間限定ポイントは返還時に失効してしまいますので、ご注意ください。

クーポンなどを利用している場合も即日返還されますが、

こちらも有効期限が過ぎてしまっている場合は失効となります。

現地決済を選択している場合は上の項目で説明した通り、

ホテルや旅館などの宿泊施設から振込用紙などで請求されることが多いようです。

楽天トラベルでキャンセルした料金の返金はいつ?

上の項目でご紹介した内容もありますが、詳しく見ていきましょう。

楽天トラブルのキャンセルでの返金のタイミングは決済方法によって変わりますので、決済方法別に見ていきましょう。

いずれもキャンセル料が100%発生している場合、返金はされません

クレジットカードで支払いの場合

クレジットカード利用の際の実際の返金・引き落としは、各クレジットカード会社の締日により、

当月内に相殺される場合一度予約成約料金が請求され、約1~2ヶ月後に返金される場合があります。

予約後すぐのキャンセルであっても、処理のタイミングにより一度請求がされた後、返金される場合もあるそうです。

また、カード明細上同月内に同じサービスで「別予約の請求額」がある場合、

クレジットカード会社によってはその別予約と相殺のうえ、返金を行うこともあります。

返金日や請求日など詳細は直接クレジットカード会社への確認が必要になります。

楽天カードへの問い合わせはこちらから

デビットカードやプリペイドカードでは、内容変更などによって予約後に請求額が変更された場合、

予約時点の請求とは別に新しい金額で引き落としがされるので、一時的に料金が重複して引き落としされてしまうそうです。

予約がエラーの場合でも、一時的に引き落としされる可能性があります。

このような場合、即時請求は取り消しとなりますが、

実際の返金の時期はカード会社の処理により異なります

返金予定などのお問い合わせは、利用したカード発行会社へ直接問い合わせが必要です。

楽天ポイントで支払いの場合

楽天ポイントを使用して予約した場合は、キャンセル完了後即時~翌営業日中に返還されます!

基本的には使用したポイントは失効することなく、そのまま返還されます。

もしキャンセル料が発生した場合は、キャンセル料に利用ポイントが優先して充当します。

予約キャンセル時に有効期限が過ぎている期間限定ポイントについては、返還後に即失効となり使えなくなります。

一度失効した楽天ポイントは復活・再利用することは出来ないので、

予約にポイントを使用する時、キャンセル時にはポイントの有効期限に注意しましょう。

コンビニ決済で支払いの場合

楽天トラベルにて予約する時に、コンビニ決済を選択した場合ですが

「キャンセル料」と「銀行の振込手数料」を差し引いた金額を、予約した人の銀行口座へ振込みでの返金になります。

キャンセル後に送られてくる確認メールに、銀行口座登録の案内が記載されます。

それを確認にして登録手続きを行ってください。

銀行口座をご登録されてから、7~10日営業日程度で返金されるそうです。

年末年始やゴールデンウィークなど長期休業時にはもう少し時間がかかることもあるそうです。

楽天トラベルのキャンセル・コロナ流行時の対応はある?

【全般】新型コロナウイルスの対応について

【弊社対応について】

■国内宿泊

お客様の体調を第一にお考えいただいた上で旅行を検討いただけますよう、施設に代わってお願い申し上げます。

やむを得ず旅行を取りやめられる場合、キャンセル料につきましては原則規定通りとなり楽天トラベルでは言及することができかねますが、各施設に対し、

ひとりひとりのお客様の状況を考慮しご配慮いただくよう要請を実施しております。 詳細は宿泊施設へご確認ください。

楽天トラベル公式サイトより

楽天トラベルの公式サイトに記載されている「新型コロナウィルスの対応について」です。

原則規定のキャンセルポリシーに基づいていますが、キャンセル料は宿泊施設が自由に決める事が出来ます。

コロナの影響で日本の多くの宿泊施設は苦境に立たされていました。

このような状況になった時は、キャンセルポリシーを通常より厳しくしている可能性が高いとも言えます。

宿泊施設・レンタカーについては、各施設などによって様々なので、詳細は予約先に問い合わせた方がいいですね。

その他の国内ツアーや海外ツアーなどは、特別対応はしていないようです。

楽天トラベルのキャンセル料「3日前から」とはいつ?

ホテルキャンセル料が3日前からかかるというのは、当日含め3日前ということでしょうか?

Yahoo知恵袋より
出発日当日 例 6月5日
前日1日前  6月4日
前々日2日前  6月3日
3日前  6月2日

例でいえば、3日前というのは6月2日0時よりキャンセル料がかかる、ということになります。

楽天トラベルの予約をキャンセルする方法

キャンセルをする場合は、楽天トラベルのマイページから手続きができます。

楽天トラベルのトップページに右上にある「予約の確認・キャンセル」をクリック

「現在の予約」タブから、キャンセルしたい予約の「キャンセル」を選択

現在の予約内容が表示されるので、同様に「キャンセル」を選択

「一室キャンセル」をクリックするとキャンセルが成立

複数部屋を予約で、全部屋のキャンセル希望の場合は、「一括キャンセル」を選択

「キャンセル確認メール」を送信して保管しておくことをおすすめします。

楽天IDを持たない人がコールセンターを通じて予約した場合は、コールセンターに電話してキャンセルを行います。

楽天IDを持たずにネット予約をされた場合は、トップページの「予約確認・キャンセル」から

予約の際に送られてくる確認メールに記載されている「予約受付番号」と「確認キー」を入力して

キャンセルします。

どのような予約形態をとった場合でも、宿泊施設に直接電話してのキャンセル可能です。

電話番号はサイトからは確認できません。

予約時に送られてくる「予約完了メール」に問い合わせ先が記載されています。

トラブルを回避するためにも、電話した時間・通話した担当の名前などを控えておきましょう。

なぜかキャンセルができない時によくある原因

スマホからキャンセルする方法が分からない

楽天トラベルのスマホ画面ではキャンセルする場所が分かり難いと言われます。

上の項目でキャンセルの手順をご紹介しましたが、

スマホからの場合はマイページに入る時に、ログイン要求されることが多いです。

ログインしてマイページに入ったら、

右上のメニューから「予約の確認・キャンセル」を選択して手続きします。

予約の受付締切日が過ぎている

受付締切日が過ぎていると、WEBからのキャンセル手続きをすることができなくなります。

どうしてもキャンセルしなければならない場合は、

直接ホテルや宿に電話をして事情を話してみましょう

上の項目でもご紹介した通り、「予約完了メール」に問い合わせ先が記載されています。

電話で予約をした場合

電話で予約をした場合は、キャンセルは電話のみの受付となっています。

予約した時と同じ方法で問い合わせ先に電話をし、キャンセルしたい旨を伝えてください。

楽天会員ではない場合

楽天の会員ではない場合は、マイページからのキャンセルすることができません。

予約時に送られてくる「予約確認メール」に記載されている「予約受付番号」と「確認キー」を使ってキャンセル手続きを行ってください。

キャンペーン利用時は特にキャンセル料に注意が必要

楽天グループでは、色々なキャンペーンを開催していますね。

楽天会員であれば、「スーパーセール」などの大型キャンペーンを利用している人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードでの決済でいつもよりもたくさんのポイントがもらえますね。

旅行なども対象ですから、スーパーセール中に旅行計画を立てる人もいますね。

次回の楽天セールがいつからか、情報はこちらをご確認ください

ではこの「楽天スーパーセール」などのキャンペーンで予約した場合のキャンセルについてはどうでしょうか。

結果から言うと楽天トラベルの大型キャンペーンなどでの予約キャンセルについて、

通常予約のキャンセルとなんら変わりはありません

何度もご紹介していますが、宿泊施設など基本的キャンセルポリシーとは別に個別にルールを設けることができます。

キャンペーンなどで予約が殺到する時や、コロナで規制が厳しくなったりする場合、

予約した時点でキャンセル料が発生したりすることがあります

このようなルールは個別ですから一概には言えません。

ですから、大型キャンペーンなどで予約する場合は、キャンセルポリシーの事前確認を絶対に忘れずに確認してください。

あとからキャンセルしなければならなくなった場合、大変困ることになりかねません。

まとめ

「楽しみにしていた旅行をどうしてもキャンセルしなければならなくなった…」

これはすごく残念なことですよね。できればそんなことをしたくはないですね。

しかし、キャンセルを避けられないこともあることは事実です。

最初からキャンセルすることを考えて予約することはほとんどないでしょう。

できれば、トラブルにはなりたくありません。

ですから、予約した宿泊施設・交通機関の予約をする時は、必ずキャンセルポリシーを確認してください。

プランの金額などももちろん大事ですが、いざという時のためには非常に大事なことです。

これからは旅行を楽しむ人も多いでしょう。

キャンセルポリシーを確認し、いいご旅行を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次