\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

オッパの意味は彼氏?韓国語で「オッパと呼んで」と言われたら…どうする!?

オッパ 意味

韓国好きの方ならば、韓国ドラマやK-POPコンサートなどで女の人が「オッパ」と言っているのを一度は耳にしたことがあると思います。

もし韓国語で「オッパと呼んで」と言われたら、あなたならどうしますか?

そんなときに戸惑わないように、ここでは日本人には使い慣れない「オッパ」について紹介していきます。

目次

韓国語でオッパの意味は彼氏ってこと?

まず韓国語の「オッパ」について学んでいきましょう。

韓国語の「オッパ」ってどんな意味?

韓国語の「オッパ」は日本語でいうと「お兄さん」という意味で、ハングル文字で書くと「오(オ)」「빠(ッパ)」と表記されます。

しかし、韓国で使う「オッパ」は、日本で使われる「お兄さん」とは異なる意味を持ちます。

日本では、男女問わず年上の男兄弟や従兄、義兄を呼ぶときに「お兄さん」を使うことが多く、その他ではお店などで店員さんが男の人を呼ぶときに、年下であっても「お兄さん」と使う場合があります。

それに対して韓国語の「オッパ」は、「女の人」が年上の男性に対して親しみを込めて呼ぶときに使うので、男の人は「オッパ」と使うことができません。

相手が年上の男性といいましたが、日本のような近親者だけではなく友人や職場の先輩、彼氏や夫、俳優やアーティストなどさまざまな場面で使うことができます。

友人や職場関係の男性を「オッパ」と呼ぶ場合は、相手が自分よりも年上である必要がありますが、彼氏や夫、人気アイドルなどを呼ぶときに「オッパ」を使う場合は、親しみを込めて使うため、必ずしも相手が自分よりも年上である必要はありません。

しかし、そのような場合でも呼ぶ側は「女性」であることが求められます。

日本でも相手が女性ならば「お姉さん」、男性ならば「お兄さん」と使い分けられていますが、呼ぶ側の性別によって相手の呼び方が変わるというのは韓国ならではの呼び方です。

日本人にはない感覚なので、最初は使い方に戸惑うかもしれませんが、うまく使うことで良い印象を持たれるでしょう。

韓国で「オッパと呼んで」と言われたら喜んでいいの?

韓国の男性から「オッパと呼んで」と言われた場合、それはどのような意味をさすのでしょうか。

「オッパ」はとても便利な言葉に聞こえますが、呼ぶ側が女性で呼ぶ相手が年上の男性ならば、誰に対しても使っていいというわけではありません。

あくまでも「親しい仲」であることが重要なので、初対面の人にいきなり「オッパ」と呼ぶと、馴れ馴れしく思われることもあるので注意が必要です。

では、「親しい仲」というのはどのような仲を指すのでしょうか。

韓国でも「親しい仲」というのは感覚的なものになるため、個人によって考え方が異なります。

「食事に行く仲」「一緒にお出かけする仲」「SNSでやり取りする仲」など様々な考え方があるので、一概にこれをクリアしたら「オッパ」と呼んでもいい、というわけではないようです。

交流が深まってきても「オッパ」と呼んでもいいか悩む場合は、相手に「オッパと呼んでもよいですか?」と尋ねると良いと思います。

もし年上男性の方から「オッパと呼んでいいよ!」と言われた場合は、相手もあなたとは「親しい仲」だと認めてくれたということなので喜びましょう。

親しい仲が認められた後は、「オッパがご馳走してあげる」「オッパが買ってあげる」などと言ってくれ、とても可愛がってもらえることが増えるので、その好意に甘えさせてもらうのもいいですね。

韓国人男性は、「オッパ」と呼ばれることに誇りを持っている人も多いので、「オッパと呼んで」と言われた場合は、恥ずかしがらずに積極的に「オッパ」と呼んであげることで、さらに2人の仲が深まっていくでしょう。

韓国語の「オッパ」と「ヒョン」の違いは?

韓国では、「オッパ」と似た意味の「ヒョン」という言葉があります。

ハングル文字で「형(ヒョン)」と表され「お兄さん」という意味があり、使い方は「オッパ」と同じです。

「オッパ」と「ヒョン」の違いは、「オッパ」は「女の人」が年上男性を呼ぶときに使うのに対して「ヒョン」は「男の人」が年上男性を呼ぶときに使います。

日本のように相手の年齢が年上か年下か、だけではなく呼ぶ側が女性か男性かでも呼び方が変わるので、不思議な感覚になりますね。

また、日本では、年上男性でも仲の良い友人や職場の先輩を「〇〇くん」と呼ぶことがありますが、韓国では年功序列が厳しいため、基本的にはそのような呼び方はできません。

そんなときに使えるのが「オッパ」や「ヒョン」になります。

韓国人男性は「オッパ」も「ヒョン」も親しみを込めた言葉なので、呼ばれることを喜びますし誇りに思う人もいます。

ちなみに、年上女性を呼ぶときも「オッパ」と同様に、呼ぶ側の性別により呼び方が変わります。

「女の人」が呼ぶ時は「언니(オンニ)」、「男の人」が呼ぶ時は「누나(ヌナ)」を使い、「オッパ」のようにアイドルに向けて親しみを込めて使うこともあります。

ところで日本では女性に年齢を聞くことはややタブー視されていますが、韓国では年齢によって呼び方が変わるため、相手が女性であっても年齢や誕生日を積極的に聞いてきます。

最初は驚くかもしれませんが、韓国では当たり前のことなので気にせず答えましょう。

BTSの曲に出てくるオッパってどんな意味?

韓国の大人気ボーイズグループBTSが、2014年に発売したセカンドシングル「Boy In Luv(ボーイ イン ラブ)」の中で、「オッパ」という単語が出てきます。

「オッパ」にはさまざまな意味があることをお話ししましたが、この歌の中ではどのような意味で使われているのかを見ていきます。

タイトルの「Boy In Luv」は、韓国語では「상남자(サンナムジャ)」といい、「男の中の男」という意味になります。

日本語バージョンの歌詞もありますが、韓国語歌詞の一部を直訳で紹介します。

되고파 너의 오빠      

トェゴパ ノエ オパ

あなたのオッパになりたい

너의 사랑이 난 너무 고파  

ノエ サランイ ナン ノム コパ

私はどうしてもあなたの愛がほしい

되고파 너의 오빠      

トェゴパ ノエ オパ

あなたのオッパになりたい

널 갖고 말 거야 두고 봐  

ノル カッコ マル コヤ トゥゴ ボァ

あなたを手に入れてみせるよ、見てなよ!

この歌詞には、女の子に全力で恋する男の子の気持ちが、とてもよく現れています。

日本語バージョンでもストレートに愛を伝えたい気持ちが出ており、この曲の中での「オッパ」は「彼氏」や「恋人」という意味を表しています。

韓国人にとって「オッパ」が、いかに特別なものかということがよくわかりますね。

BTSのグクは「オッパ」と呼ばれるのが嫌い?

BTSの末っ子メンバーであるグクは、ファンから「オッパ」と呼ばれることを嫌がっていたことがありました。

そもそも韓国では、人気俳優やアイドルなどに対しては年上だろうが年下だろうが関係なく、親しみを込めて「オッパ」と呼びます。

「オッパ」と呼ばれることは愛されている証拠ですし、ファンから親しまれているということを表しています。

しかし、グクはサイン会などで、明らかにグクよりも年上であろう女性から「オッパ」と呼ばれると、年齢を確認するために相手にIDの提示を求めたり、「オッパじゃないでしょう?」と女性に尋ねるほど「オッパ」に対して厳しいと有名でした。

韓国では、アイドルグループなどで最年少メンバーのことを「막내 (マンネ)」と呼びます。

普段から「マンネ」と呼ばれなれているグクにとっては、「オッパ」と呼ばれることに違和感があったのではないかといわれています。

しかし、2019年のサイン会にて、グクが「今から赤ちゃんでもオッパでもヒョンにでもなります!」と『お兄さんになる』宣言をしたことでファンを驚かせました。

グクも年齢を重ねてきたことで「オッパ」と呼ばれることに違和感がなくなったのだろうといわれており、「オッパ」呼びしたいファンにとっては、とてもうれしい出来事だったようです。

韓国では年功序列が厳しいため、グク以外でも「オッパ」の使い方には注意しなければなりません。

自分よりも年下の人に対して「オッパ」と呼ぶことは失礼に当たることもあるため、相手の年齢を確認してから呼びましょう。

「オッパ アンニョン」ってどういう意味?

アイドルのコンサートなどで、女性ファンが「オッパ アンニョン~!」と叫ぶ姿がありますが、どのような意味があるのでしょうか。

アンニョンは、ハングル文字で「안녕」と書き「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」を崩した言い方になります。

「アンニョンハセヨ」は、日本語の挨拶である「おはよう・こんにちは・こんばんは」などをすべて含んでおり、時間問わずに挨拶の言葉として使うことができます。

日本語の挨拶で説明すると、「おはようございます」が「アンニョンハセヨ」であり、それを崩した言い方になる「おはよう」が「アンニョン」となります。

「アンニョン」は、それに加えて「またね」「じゃぁね」など、別れの挨拶としても使うことができるのでとても便利です。

注意しなければならないのは、「アンニョン」はタメ口表現になるため、相手が年上の場合は丁寧な表現になる言葉を使うようにしましょう。

韓国語の日常会話の丁寧語とタメ口の表現はこちらで詳しくご案内していますので、チェックしてみてください。

「オッパ アンニョン」は、「オッパ」は年上男性に対して「アンニョン」は年下に対して使うので反対の表現になります。

年功序列に厳しい韓国社会ですからタメ口で話すほど仲の良い「オッパ」のときか、アイドルなどに親しみを込めて「オッパまたね~!」などと伝えるときに使われるようです。

コンサートなどに行った際は、ぜひ「オッパ アンニョン~!」と伝えてみてくださいね。

英語表記のオッパ(OPPA)ってどういう意味?

近年、映画の翻訳や衣類のロゴなどに、英語表記の「OPPA」を目にする機会が増えました。

どのような意味があるのか翻訳ページを使ってみると「英語 OPPA」→「日本語 オッパ」と翻訳されました。

日本語の「sushi(寿司)」や「kimono(着物)」が、そのまま英語表記になっているのと同じで、「OPPA」も韓国語の「オッパ」が、そのまま英語表記になっているようです。

海外では、K-POPや韓国ドラマ・韓国映画が人気を集めており、英語で翻訳された場合でも「OPPA」と表記されていることがあります。

日本では、「オッパ」を「お兄さん」と翻訳されている場合もあり、「お兄さん」の意味が日本と韓国では異なるため、不思議に思う人もいるかもしれません。

また、「OPPA」以外にも韓国語がそのまま英語表記になる言葉が増えてきています。

例えば韓国語で最愛を意味する「사랑(チェエ)」は、英語では「Choeae」と表記され、グループ最年少メンバーを表す「막내(マンネ)」も海外ファンからはそのまま使われており、英語で「maknae」と表記されています。

K-POPアイドルのコンサートなどでは、韓国人以外でも「オッパ~!」と親しみを込めて使われており、世界中に韓国ブームが起きていることがわかりますね。

コンサートや韓国ドラマを満足して楽しめるように、韓国語を勉強する人も増えてきていますので、この機会にぜひ韓国語を学んでみてはいかがでしょうか。

日本語の方言の「おっぱ」と韓国語の「オッパ」って関係ある?

日本語にも「おっぱ」という言葉がありますが、韓国語の「オッパ」とは意味が全く異なります。

日本語の「おっぱ」は「おんぶ・背負う」という意味があり、和歌山・千葉など複数の地方で聞かれます。

和歌山では「おっぱする」、千葉では「おっぱる」などと会話の中で使われており、「おんぶするよ」という意味でつかわれます。

しかし、「おっぱ」は昔に使われていた方言なので、最近は使う人がへり、若い世代ではなじみがない人も増えています。

さらに、沖縄では『桜井・有吉THE夜会』で紹介された、「おっぱ牛乳」「おっぱジェラート」なる物が売られています。

名前だけ聞くとどんな牛乳なのか、どんなジェラートなのかとても気になりますよね。

これらの商品を販売しているのは、「有限会社おっぱ乳業」という会社です。

会社の名前を聞いたら、もっと気になってしまいますね。

会社名に使われている「おっぱ」は、沖縄県今帰仁村(なきじんそん)にある乙羽岳(おっぱだけ・おとはだけ・標高275m)を由来にしています。

おっぱ乳業では、沖縄県産100%の牛乳やジェラートを販売されていて、地元の方にも人気の商品となっています。

沖縄に行った際は、ぜひ味わってみてください。

オッパの意味まとめ

いかがでしたでしょうか。

「オッパ」という言葉はよく耳にするようになりましたが、呼ぶほうの性別で呼び方が変わるというのは、日本ではあまりなじみのない感覚です。

でも、親しみを込めて「オッパ」と呼ばれたら、呼ぶほうも呼ばれるもうれしくなりますね。

「オッパ」をうまく使いこなして、韓国人や韓国ファンの方と仲良くなりましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次