\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

メルカリで売れる写真のコツ!スマホでおしゃれな写真を撮るには?

メルカリ 写真 コツ

昨今、本業の収入だけでは不安だと感じ副業をしている人が多くなってきています。

その副業の中でも手軽に始められるフリマアプリでの出品。

そのフリマアプリで最も人気で活用されているのがメルカリです。

今回はそのメルカリで出品する際の写真の撮り方について着目してみようと思います。

目次

スマホで手軽にメルカリ用写真を撮影するコツとは?

そもそも写真は商品の購入を促す大切な役割です。

写真1つで商品が新品に見えたり、中古品に見えたりと様々な印象を与えます。

しかし、出品するのにプロのカメラマンが使っているようなカメラは高くて購入することはなかなか難しいですよね…

なので、ここではスマホで簡単に写真を撮影するコツを挙げたいと思います。

写真のサイズを把握する

まず初めに意識すべき点は写真のサイズを正方形にするということです。

メルカリで出品する際、写真は縦と横が平等な正方形で表示されます。

写真のサイズを意識していないと余白ができて商品を十分にアピールすることができません。

写真撮影する場合は正方形の設定をすることを心がけましょう。

メルカリのカメラで撮影はNG

そして次に大切なことはメルカリアプリ内のカメラで撮影するのは控えた方が良いということです。

メルカリでは出品する際、

  • 作業途中で撮影する
  • 端末内の写真から選択する

この二つから選択します。

それではなぜメルカリのカメラでの撮影は控えた方が良いのでしょうか。

それは端末で事前に撮影する方が時間をかけることができて丁寧なきれいな写真が撮れるからです。

メルカリアプリ内のカメラが悪いわけではありません。

ただ別アプリで撮影した方が写真を確認することができて試行錯誤しながら良い写真を撮影することができるのです。

出品が初めてや慣れていない人は別アプリのカメラを使うことをお勧めします。

メルカリアプリ内のカメラは出品をしている最中に写真を足したくなった時などに使用することをお勧めします。

メルカリで売れるにはおしゃれな雰囲気にするのがポイント

商品が売れるための要素として写真が8割程度を占めているといっても過言ではないほど写真は大切なものです。

商品が売れるための写真は、商品状態が分かりやすくきれいな写真ということは大前提です。

さらにそれに加えて写真をおしゃれな雰囲気にすることが大きなポイントになります。

それではここからは商品ごとにどのような撮影の仕方をすればよいか紹介します。

無造作に洋服を吊り下げる

まずは洋服などの衣類です。

洋服などは吊り下げて撮影するようにしましょう。

ハンガーで壁などに吊るして撮影することで商品全体が一目で分かるため好印象を与えることができます。

さらに着用した時に第三者から見てどのような印象になるか分かりやすくなり見た人をひきつけやすくなります。

アクセサリーはお皿や小物を活用する

続いてアクセサリー類です。

アクセサリー類は単体で撮影すると質素な感じが出てしまうのでお皿や小物を活用しましょう。

お皿や小物を活用するとアクセサリー類が目立ちおしゃれな雰囲気になります。

ネックレスは

このような小物を活用すると着けた時の雰囲気が感じられます。

背景は白い布!メルカリ用写真のコツ

では出品する際の写真撮影時に上記以外で大切なことはどのようなことでしょうか。

それは背景にも気を遣うことです。

背景は色やものによって写真の印象を大きく変えます。

汚れているものを背景にすると商品がどれだけきれいでも清潔感がなくなります。

商品の色にもよりますが背景は白い布にすると清潔感が出て好印象です。

真上から撮影すると意外と映える

その他には商品は真上から撮影することを意識しましょう。

真上から撮影することにより商品全体の印象が一目で分かるため見た人がイメージしやすくなります。

さらに商品全体の魅力も伝わるため一石二鳥です。

ここで注意すべき点はしわや汚れ、ほこりなどはふき取って綺麗にすることです。

汚れなどがあると見た人がマイナスな印象を受け取るので購入してもらうことが難しくなります。

メルカリ用写真を夜に撮影するのはダメ?コツは時間帯

出品写真をおしゃれな雰囲気に撮影する時に意識すべきことは撮影の仕方だけではありません。

同じくらい意識すべき点は時間帯です。

時間帯によっては日の光の効果で明るく好印象の写真を撮影することができます。

お勧めの時間帯は

・10時~11時頃
・13時~14時頃

です。

この時間帯は日の光が斜めから差し込むためいい写真を撮るために好都合です。

お勧めしない時間帯

・11時~13時頃
・夜

この時間帯は太陽が真上にあるため影が強くなります。

影が強くなることで商品の印象が暗くなってしまうのでNGです。

夜は自然の光がないため家の照明を活用しないといけなくなります。

照明を活用することは難易度が高くなるのでお勧めできません。

メルカリで売れるための写真の撮り方は光がポイント!

商品に対していい印象を持ってもらうためには時間帯と同時に光の当たり方などを意識しないといけません。

太陽の光を利用する場合はよく光が差し込む窓際が良いでしょう。

日の光が強い場合は薄いカーテンや薄い布などを仲介して光の強さを調整しましょう。

ここでさらに意識すべき点は

光を当てる角度

です。

光を当てる角度を調整することで商品の印象がガラッと変わるためよりよいと思う写真を選択することができます。

光の当たり方

・逆光    ・・・カメラに向かって光がさしている状態。被写体は影が強くなる
・半逆光   ・・・斜め45度からカメラに向かって光がさしている状態。被写体に立体感が出る。
・サイド光  ・・・横から光が当たる状態。明暗がはっきりとしたメリハリのある写真が撮影できる。
・斜光    ・・・カメラ側斜め45度程度から光がさす状態。立体感と質感が強調される。
・順光    ・・・カメラ側から光がさす状態。色や形をはっきりとらえることができる。

このように光が当たる角度も様々でその効果もバラバラです。

実際に何枚も撮影して確認してみましょう。

さらに光の加減を調整するのにレフ板と呼ばれる道具を使ってみてもよいかもしれません。

レフ板は光を反射させる道具で、商品を明るく見せることができるものです。

白いカラーボードや画用紙で代用できるのでぜひ活用してみてください。

反射しないメルカリ用写真の撮り方

上記で夜の撮影はお勧めしないと説明しましたが、絶対ではありません。

空き時間を使い出品したいと考えている人も多いと思います。

本業などで時間が限られていると夜に撮影しないといけないですよね。

そうなると自宅の照明を活用しなければなりません。

自宅の照明を活用する時に気になるのが反射です。

反射すると商品の全体像が分かりにくくなり商品よりも反射したものに目が行きます。

ではどのような工夫をするとこの反射はなくなるのでしょうか。

それは商品の上部の下に小物を挟んだり道具を活用して少し浮かせることです。

このように商品を斜めにして撮影することで照明の反射の影響がなくなり綺麗に撮影することができます。

家にあるような小さな物(お子様のおもちゃ等)を挟むだけでもいいので誰でもできるテクニックです。

このような技を活用すると夜しか撮影できない人でも問題なく出品を進められますね!

背景を100均アイテムでリメイク!さらにメルカリ用写真をおしゃれにするコツ

実は、上記に加えてさらにおしゃれな写真を撮影するコツがあります。

なのでここでは上記に挙げたおしゃれな雰囲気にする撮影の仕方に加えてさらにおしゃれにするコツを紹介します。

さらにおしゃれな写真を撮影するためにはアイテムが必要です。

そのアイテムは撮影ボードと呼ばれるものです。

撮影ボードは背景ボード、撮影用天板とも呼ばれる、写真撮影用のボードです。

このボードが背景にあることによって重圧な質感で商品の魅力を十分に引き出すことがあります。

でも「こんなおしゃれなボード持ってないよ~」と思っている人も多いと思います。

安心してください。

このボードはなんと100均に売っているもので作成することが可能なんです。

必要なものと簡単な作成の流れを紹介します。

必要なもの

・画面つや消しタイプのPPシート

・木目調や大理石風のリメイクシート

作成の流れ

・リメイクシートを広げ、その上にPPシートを置く
        ↓
・サイズに合わせてカットする
        ↓
・はがし用シール二枚をリメイクシートに貼る(表裏両面)
        ↓
・そのシールの表面にPPシートを端からゆっくりと貼る
  ※注意点・・・空気が入ったりしわになる場合があります。
         その時はゆっくりとはがしまた端から貼りなおしてみてください。

  ※コツ・・・引っ張りながら貼ることでしわがあまりできなくなります。
        割と強く引っ張っても簡単に破損することはありません。
        貼る前に強度を確かめておきましょう。

撮影ボードはコストがあまりかからず、自分好みのものを作ることができるので是非参考にしてみてください。

綺麗に撮れるアプリに変えるだけでメルカリ用写真が激変!

写真アプリを数点紹介してください

写真は上記で紹介した「撮影の仕方」だけではなく、「撮影に使用するアプリ」でも大きく変化します。

アプリによっては明るさや色彩などが変わるので商品のイメージも変わります。

ここではお勧めの写真アプリ5つを紹介します。

スマホ内蔵のカメラアプリ

最近販売されているスマートフォンは内蔵されているカメラの質が高く、いい写真を撮影することが可能です。

特徴としては大きく盛ることがないため実物に近いものが撮影されます。

実物に近いため視覚だけでリアルな情報を与えることができます。

LINEカメラ

LINEカメラは正方形の写真を撮影したいと思っている人にお勧めです。

LINEカメラは操作が簡単で初心者にも易しいアプリです。

さらに撮影だけでなく加工もこのアプリ1つでできるのでいろいろと手間が省けます。

Foodie

このFoodieというアプリはもともと食品撮影向けのアプリになっています。

そのため色鮮やかな明るい写真を撮影することができます。

明るさ調整機能が40段階と多く自分好みの明るさを選択できるのでお勧めです。

SODA

このアプリはFoodieと比べると色味が大きく変化することはありません。

しかし全体的に軽めのふんわりとした写真を撮影することができます。

明るさもいろいろな種類のフィルターがあるため調整しながら試行錯誤できます。

Picsart

このアプリは一つでいろいろなことができるぐらい多くの機能を備えています。

・テキスト挿入
・低品質の画像のアップグレード
・背景をぼかせる
・ステッカー
・フィルターやエフェクト 等…

いちいちアプリを切り替える必要がないので手間がかからないです。

このように写真アプリによって様々な特徴があり目的別で使い分けることでより良い写真を撮影することができます。

いろいろなアプリが存在しているので是非活用してみてください。

まとめ

今回はメルカリで売れやすくなるためのコツについて紹介しました。

こうやって見てみると割と簡単なことで写真の印象が変わります。

写真を変えることにより多くの人の目に留まるようになり、それが購入につながるとなるとあきらめる前に試してみる価値もありますよね。

大事なのはおしゃれな雰囲気にするということです。

いろいろなアプリ、撮影方法、使用道具を少し変えてみるだけでも全然違う写真になります。

明るさや背景を意識して撮影してみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次