\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

まつ毛パーマに行く時はすっぴんがいいの?コンタクトはどうしたらいいかも解説

まつ毛パーマ 行く時 すっぴん

まつ毛パーマはすっぴんで行かなきゃダメなの?

施術後予定があるからメイクをしたいな

まつ毛パーマを受ける当日はすっぴんで行くイメージが強いですが、必ずすっぴんで行かなければならないのでしょうか?

どうしても化粧を落とせない場合どうしたらよいのでしょうか?

今回は、まつ毛パーマを受ける際のメイク事情について細かく紹介していきたいと思います!

記事の内容
  • まつ毛パーマに行く時はすっぴんがいいの?
  • まつ毛パーマ当日のメイクについて
  • まつ毛パーマ行く時にどうしても化粧が落とせない場合
  • まつ毛パーマに行く時コンタクトはどうしたらいい?
  • まつ毛パーマ後すぐにメイクは可能?
  • まつ毛パーマ当日の注意点は?
  • すっぴんではまつ毛パーマが似合わないのはなぜ?
  • すっぴんでもまつ毛パーマが似合わうようにするには?
  • 「まつ毛パーマ 行く時 すっぴん」を検索する人がよく思う質問4選
目次

まつ毛パーマに行く時はすっぴんがいいの?

まつ毛パーマは、すっぴんの状態で行くのが理想です。

直前に目元メイクをオフしてもらうことも可能ですが、まつ毛にメイクの汚れや油分が残ってしまうとまつ毛パーマの仕上がりに影響が出てしまいます。

またサロンによってはメイクオフに別途料金がかかることもありますし、混雑状況によってもメイクオフが断られてしまう場合もあるのでご注意ください。

しかし、サロンによってはベースメイクやマスカラ以外のアイメイクならOKな場合も。

完全にすっぴんで行くのが嫌な場合は事前にサロンへ確認を取っておくと良いでしょう。

まつ毛パーマ当日のメイクについて

まつ毛パーマ当日のメイクについて細かく説明していきます。

  • 基本的にすっぴん
  • マスカラはダメ
  • 目もと以外のメイクはOKの場合が多い
  • アイプチはOKな場合もある
  • 迷う場合はサロンに事前確認

まつ毛パーマ当日のメイク事情がわからなくて不安という方は確認しておきましょう。

基本的にすっぴん

まつ毛パーマを受ける際は、すっぴんが基本です。

理由はメイクの油分や汚れによってパーマがかかりにくくなってしまうからです。

また、ノーメイクで施術を受けることですっぴんでも違和感を感じににくい仕上がりになります。

施術前に目元のメイクを落としてもらえることができますが、メイクの油分・汚れが落ち切らないこともあるのであまりおすすめできません。

マスカラはダメ

まつ毛パーマを受ける当日はマスカラNGです。

マスカラをつけた状態で施術することができないので注意しましょう。

また、施術後はカールがまだ安定していないので、施術後のマスカラも避けた方が無難です。

せっかくまつ毛パーマをして綺麗になっても、すぐにマスカラを塗ってしまうとカールがばらついてしまったり、まつ毛に負担がかかってしまいます。

まつ毛パーマの仕上がりを保つためにも、施術前と後のマスカラ使用は控えましょう。

目もと以外のメイクはOKの場合が多い

目もと以外のメイクであればOKなサロンが多いです。

まつ毛パーマに直接つくことがないメイク(化粧下地・ファンデーションなどのベースメイクやリップ)であれば問題なし!

しかし、まつ毛パーマ施術後に目元をふき取るのでベースメイクも一緒に落ちてしまう可能性があります。

ベースメイクをして受ける際は、念のためメイクポーチを持参しておいた方が良さそうです。

アイプチはOKな場合もある

サロンによってはアイプチOKな場合もあります。

日常的にアイプチをつけている方は、アイプチをした状態で施術を受けた方が仕上がりがイメージしやすいです。

せっかくならアイプチをした目元に合ったカールを選びたいですよね。

アイプチしている方はそのままの施術が可能か事前に確認しておきましょう。

迷う場合はサロンに事前確認

メイクについて迷っている場合はサロンに事前確認しましょう。

まつ毛パーマの種類や施術方法はサロンによって異なるので、NGとしているメイクも差があります。

当日スムーズな施術が行えるように事前確認をしておくことはとても大切です。

まつ毛パーマ行く時にどうしても化粧が落とせない場合

仕事終わりにまつ毛パーマ予約したけど化粧どうしよう…

予約前に予定が入っていて化粧が落とせない!

まつ毛パーマ施術前に仕事や用事が入っていて化粧が落とせないという方も多いはず。

どうしても化粧が落とせない場合、次のような方法があります。

  • サロンに事前確認
  • メイク落としを持参する
  • サロンでメイクオフしてもらう

施術前に化粧を落とせない場合どうしたらよいのかそれぞれ紹介していきます。

サロンに事前確認

どうしてもメイクを落とした状態で来店が出来ない場合、早めにサロンへ事前確認をとりましょう。

予約時間に余裕のある場合はメイクオフしてもらえることが多いですよ。

施術方法やパーマの種類によってオフしなければならない範囲も異なるので、フルメイクの状態で来店する場合は事前確認をしておいたほうが安心です。

メイク落としを持参する

どうしてもメイクをして来店しなければならない場合、メイク落としを持参して早めに来店しサロン内でオフをする方法もあります!

オイルタイプのメイク落としてオフをすると油分が残ってしまう可能性があるため、スッキリ落とせるシートタイプがおすすめです。

サロンでメイクオフしてもらう

化粧をしたまま来店した場合、サロンでメイクオフしてもらえることが多いです。

しかし、サロンによっては別途料金がかかってしまう可能性も。

別途料金がかかる場合、大体300~500円ほどです。

また、予約時間の関係で施術を断られてしまう場合もあるのでご注意ください。

サロンでメイクオフをしてもらいたい場合は、事前確認をした方が良いかもしれませんね。

まつ毛パーマに行く時コンタクトはどうしたらいい?

まつ毛パーマを受ける際のコンタクト装着は控えましょう。

コンタクトをつけたまま施術すると以下のようなトラブルを招く恐れがあります。

  • 施術中にコンタクトがズレる可能性がある
  • パーマ液が目に入ってしまうと色素沈着や炎症を起こす可能性がある
  • 目が乾燥してしまう

特にハードタイプのコンタクトは施術中にレンズが壊れてしまうリスクもあります。

ソフトレンズであればつけたままの施術が可能なお店もありますが、コンタクトがズレてしまったり炎症を起こす場合も。

まつ毛パーマを受ける際は、念のためコンタクトを外したほうが安全です。

まつ毛パーマ後すぐにメイクは可能?

まつ毛パーマした後メイクをしても問題ない?

まつ毛パーマ施術後はなるべくメイクをしないことを推奨されていますが、まつ毛に負担のかからない程度であればメイクも可能です。

施術直後にメイクをする際のポイントを確認しておきましょう。

ナチュラルメイク程度ならOK

まつ毛パーマの直後にメイクをするなら負担のかからないナチュラルメイク程度にしておきましょう。

施術後はまつげのカールが安定していないため、メイクは控えるのが一番。

どうしてもメイクをしなければならない時は、シートタイプの化粧落としで落とせる程度の軽いメイクにしておきましょう。

極力マスカラは避ける

まつ毛パーマの施術後メイクは可能ですが、マスカラは極力避けましょう。

施術直後はカールがまだ安定していないので、マスカラをつけるとカールがばらついてしまいます。

綺麗なまつ毛を保つためにも施術当日はマスカラをせずに過ごしましょう。

まつ毛パーマ当日の注意点は?

まつ毛パーマの持ちを良くするためにいくつかの注意点があるので紹介します。

まつ毛パーマ当日の注意点
  • まつ毛パーマをした当日は手で触ったり水で濡らさない。
  • お風呂に入る場合は、施術後3~4時間経ってからにする。
  • 当日はマスカラを避ける。
  • 施術後うつ伏せで寝るとデザインが変形してしまう恐れがある
  • サングラスやメガネをかけるとまつげが潰されてカールが変形する恐れがある

まつ毛パーマをした当日はカールが安定していません。

水で濡らしたり目をこすることなど、まつげにダメージを与える行動は避けましょう。

万が一、メイクを落とした際に水分がついたときは擦らずに優しく拭き取ってくださいね。

うつ伏せで寝たり、メガネ・サングラスをかけたりするとまつ毛が変形する恐れがあります。せっかくの綺麗なデザインが変形しないように気を付けましょう。

すっぴんではまつ毛パーマが似合わないのはなぜ?

すっぴんの状態でまつ毛パーマに違和感がある場合、次のような原因が考えられます。

すっぴんの状態でまつ毛パーマが似合わない理由
  • そもそも失敗している
  • 目力が強くなり、目元だけメイクしているように見えるから
  • メイクした顔に合ったデザインになっているから

まつ毛パーマに違和感がある場合、パーマ自体が失敗している可能性があります。

施術後のまつ毛が折り曲がっていたり、上がりすぎている場合はパーマの仕上がりの問題であると考えましょう。

仕上がりに問題がないのに違和感があるのは、パーマによってまつ毛がぐっと上がり目力が強くなるからです。

目元の印象が強くなりアイメイクだけしているように見えるのです。

また、普段からしっかりとメイクをされている方は、メイクに合わせてまつ毛パーマのデザインを決めていることもあります。

そのため、すっぴんの状態では不自然に感じるのかもしれません。

すっぴんの状態でも、まつ毛パーマが自然になるようにしたい場合は、あらかじめスタッフの方に相談しておくことをおすすめします。

すっぴんでもまつ毛パーマが似合うようにするには?

すっぴんの状態でもまつ毛パーマが似合うようにするためにはどうすればよいのでしょうか?

すっぴんでもまつ毛パーマが似合うようにするには次の2点が大切です。

  • すっぴんの状態でも似合うデザインでパーマをかけてもらう
  • すっぴんの状態で施術する

まつ毛パーマは、一人一人の顔に合わせてパーマのデザインを調節します。

そのため、メイク前と後では似合うデザインが変わってきます。

すっぴんでも似合うようなデザインにしてもらいたい場合は、その旨をスタッフの方に伝えると良いでしょう。

また、すっぴんでも似合うまつ毛パーマにしてもらうためにも、すっぴんの状態で来店し施術を受けましょう。

アイプチをしている方も、アイプチをして施術を受けた方が理想的な仕上がりになります。

「まつ毛パーマ 行く時 すっぴん」を検索する人がよく思う質問4選

ここからは、「まつ毛パーマ 行く時 すっぴん」と検索する人がよく思う質問4選を紹介します。

まつげパーマはすっぴんでいくの?

まつ毛パーマ来店時は、すっぴんが理想とされています。

メイクをした状態だと油分や汚れがついているので、まつ毛パーマの仕上がりが悪くなる可能性があるからです。

また、すっぴんで施術を受けることで顔に似合う自然な仕上がりすることができます。

まつげサロンに行くときはすっぴんで行った方がいいですか?

まつ毛パーマ当日は、何も付けていない状態で施術を受けます。

アイメイクをしていくとクレンジングをする手間がかかるほか、別途料金もかかる場合があります。そのため、すっぴんでいくことをおすすめします。

まつ毛パーマに行く時は化粧はしてもいいですか?

まつ毛パーマに行く時は、まつ毛に触れないメイク(ベースメイクやリップなど)であれば問題ないとされています。

ただし、マスカラやまつ毛美容液はNG。クレンジングをしても油分が落ちないこともありパーマがかかりにくくなるので注意しましょう。

まつ毛パーマの施術当日はメイクしない方がいいですか?

まつ毛パーマ施術当日はマスカラの使用を避けましょう。

また、まつ毛に負担のかからないナチュラルメイクであれば問題ありません。

クレンジングもシートタイプでサッと拭ける程度のメイクにしておきましょう。

まとめ:まつ毛パーマに行く時はできるだけすっぴんが良い

以上、まつ毛パーマを受ける際のメイク事情について紹介しました。

まつ毛に触れないメイクであればメイクをしていっても大丈夫だということがわかりましたね。

メイクについて不安な方はサロンに直接相談することをおすすめします。

ただ、マスカラをすると施術が出来ないので注意が必要です。

まつ毛パーマの仕上がりをよくするためにも、できるだけすっぴんで来店しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次