\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

マックポテトの温め直し!レンジやフライパンでカリカリに復活させる方法

マック ポテト 温め直し

マクドナルドのフライドポテト、大好きな方も多いのではないでしょうか。

「ファストフードのポテトはマックが一番!」と言う人も多いようです。

しかしこの美味しいポテトをテイクアウトしても、家に着く頃には冷めてべちゃべちゃに。

そんな経験はありませんか?

フライドポテトは時間が経って冷めてしまうとポテトの中の水分が外のカリカリ部分に染み込んでしまい、カリカリ部分が水分を含んで、全体的にシナシナになってしまいます。

こうなるともう、美味しいポテトとは言えません。

ここでは、そんなフライドポテトを温め直す方法をご紹介します。

冷めてしまったフライドポテトを復活させて、ぜひとも美味しくいただきたいですね。

さらに、冷めてしまったポテトをリメイクさせて改めて料理として提供するレシピをご紹介します。

ぜひともお試しください!

目次

マックのポテトを温め直し技【電子レンジを使う方法】

温めると言うと、一番最初に付くのはやはり電子レンジではないでしょうか。

電子レンジは簡単に温めることができるので、総菜などを温める機会も多いでしょう。

でも揚げ物などをそのまま温めると、水っぽくなってしまったりして美味しくないですよね。

特にポテトはしなしな・ばさばさで決して美味しいものではありません。

電子レンジで温めるには、少しコツがあるのです。

キッチンペーパーの上に重ならないように並べます。

まずは電子レンジ600Wで30秒くらい加熱します。

更に様子を見ながら20秒ごとに加熱します。

ポテト表面に油が浮き出てきたら加熱を止め、塩をまぶして完成。

Mサイズのポテト半量の場合、加熱時間30秒から1分程度でしんなり食感になります。

電子レンジでの加熱は、少しの時間でかなり変わってしまいます

しんなりではなくカリカリにしようとして長めに加熱にすると、

中の水分まで抜けて焦げたりしてしまいますのでご注意ください。

マックのポテトを温め直し技【オーブントースターを使う方法】

オーブントースターで温めるのもお手軽でメジャーな方法ですね。

オーブントースターを利用する場合は、オーブン皿にアルミホイルを敷きます。

このアルミホイルは丸めてゆっくり広げ、全体がくしゃくしゃにしたものを使います。

こうすることによって、にじみ出る油がポテトに戻るのを防ぐことになります。

温めたオーブントースターで2~6分、様子を見ながら焼きます。

温度設定ができるタイプのオーブントースターであれば、180~200℃で3~5分焼きます。

オーブントースターは温めておくことをオススメします。

温めておいた方が焼きムラが少なくなり、上手に焼くことができますよ。

さらに焼く前に霧吹きなどで水分を吹いておくと、カリッとホクホクの食感を出すことができます

もちろん霧吹きがなくても大丈夫ですが、その場合は焦げやすいので加熱時間に気を付けてくださいね。

オーブントースターはほとんどが上からの加熱だけなので、

まんべんなく焼きたい場合は、途中で上下を裏返したり混ぜたりするとよいです。

焼き上がりに軽くを振ってもよいでしょう。

マックのポテトを温め直し技【フライパンを使う方法】

フライパンはどのご家庭にもあると思うので、どなたにでもできる方法ではないでしょうか。

油で揚げるよりは簡単で、かなり美味しく温め直すことができますよ。

フライパンで温め直す時のコツは、フライドポテトは1度に大量に入れないことです。

テフロン加工などのフライパンの上で重ならない程度の量を並べてから中火で熱します。

最初からあまりかき混ぜることはせず、フライドポテトが温まってきてから上下に返すように炒ります。

菜箸に当たるポテトの感覚がカリカリとして、薄いきつね色の焼き色がついたら完成です。

フライドポテトは元々揚げてあるので、ほとんどの場合油を使わなくても大丈夫かと思われます。

しかしどうしても油が必要なフライパンであれば、薄く油を引いてください。

その場合は一旦キッチンペーパーの上などに取って、軽く油を取るとよいでしょう。

焼き上がりの最後の仕上げにバターを少し加えても、バター風味が付いて美味しいポテトになります。

大人用であれば、バターを加えたあとにコショウを振っても美味しいですよ。

マックのポテトを温め直し技【油で揚げる方法】

油を使って揚げなおしで温める方法は、少し手間がかかりますね。

少し敬遠しがちな方法ではありますが、揚げたての食感が蘇るのでオススメです。

揚げなおすと表面の水分が飛ぶので、他の方法とカリカリ感が違います。

180~190度くらいに熱した油で短時間にカラリと揚げてください。

コツはたくさん入れすぎないことです。

たくさん入れると時間もかかりうまく揚げることができないので、

量がある時でも少しづつ揚げた方が結果として早くできます

もちろん、きちんと油は切ってくださいね。

熱いうちに塩を少し振ると更に美味しくなりますよ。

マックのポテトを温め直し技【ノンフライヤーを使う方法】

COSORI ノンフライヤー (Amazonより)

ノンフライヤーとは、油を使用せずに揚げ物を調理できる調理機器です。

ノンフライヤーはポテトが非常においしく調理できると歌い文句にしているくらい、ポテト調理に自信がある機器です。

ご家庭にノンフライヤーをお持ちでしたら、ぜひポテトの温め直しにも活用してください。

機器の種類によっても多少差はありますが、200度に温めたノンフライヤーで2~3分で出来上がります。

調べてみると「フライドポテトの温めはノンフライヤー一択!」という方もいて、

フライドポテトだけではなく、揚げ物の温め直しには一番手軽で美味しいと高い評価でした。

揚げ物の温め直しが多いご家庭には「ノンフライヤー」があると便利かもしれませんね!

ノンフライヤーはこちら!

マックのポテトの美味しいアレンジ・レシピ

フライドポテトをそのまま温めて食べるのもよいですが、たまにはひと手間かけてリメイクしてみてはいかがでしょうか。

たくさん買いすぎて飽きてしまったフライドポテトの利用法としてもいいですね。

冷凍のフライドポテトを解凍して作ることもできますよ。

ここではリメイクレシピを3つほどご紹介いたします。

「ひと手間」と言ってもそれほど大変ではないですし、家に常備しているもので作れます。

手間をかけることでフライドポテトとは違う料理になり、

朝食やブランチ、おつまみにも最適ですよ!

フライドポテトのチーズ焼き

材料

フライドポテト 80g~100g

とろけるチーズ 40g~50g

残ったフライドポテトをフライパンに平らに入れて、中火にします。

その上から、とろけるチーズをまんべんなくかけます!

少し溶けてきたら、フライ返しでひっくり返します。

さらに少ししたら、また返します。

チーズをカリカリに焼いてから、お皿に入れて完成です。

カリカリチーズがとても美味しそうですよね!

フライパン一つでできるお手軽メニューなので、男性でも簡単に作れると思います。

大人向けでしたら、チーズをかけたうえに粗びきの黒コショウをたっぷりとかけてもよいでしょう。

ビールにも合いそうですね!

※レシピリンク:https://cookpad.com/recipe/4464528

フライドポテトのカレー炒め

材料

フライドポテト 適量

ピーマン、パプリカなど 1〜2個

ウィンナー 3〜4本

カレー粉 適量

コショウ 適量

油 少量

ピーマン、パプリカなど、具材を短冊切りにする。ウインナーも食べやすい大きさに切る。

フライパンに少量の油をひき、ウインナー、ピーマン、パプリカを炒める。

火が通ってきたら、フライパンにフライドポテトを加え、さらに炒める。

カレー粉、コショウをお好み量加え、全体に和えるように炒めたら、火を止め完成。

みんな大好きカレー味ですね!

フライドポテトには塩味がついているので、塩やカレー粉の量は調節してください。

お子様向けには、カレー粉を少な目にしてケチャップを入れてもいいと思います。

玉ねぎの薄切りをよく炒めて加えると一層美味しいですよ!

※レシピリンク:https://cookpad.com/recipe/5357160

フライドポテトでスパニッシュオムレツ~

<材料> 直径15cmのオムレツ1台分 4~5人分

卵 ( Lサイズ)・・・3個

玉ねぎ (小)・・・1/2個

茹で大豆・・・100g

マクドナルドのフライドポテト (Sサイズ)・・・1袋

豆乳または牛乳・・・大さじ3程度

塩、こしょう・・・適量

パルメザンチーズ・・・大さじ2

オリーブオイル・・・お好みの量

トマトケチャップ・・・100g

トマト(小)・・・1個

  • フライドポテトを1cm程度に刻みボウルに入れる。

①  豆乳を加え混ぜ、15分ほど置く。

※冷めたポテトは固くてパサパサですが、豆乳でしっとりふんわりさせることができます。

② 玉ねぎをスライスする。

③ フライパンに油を熱し、2の玉ねぎを加えしんなりするまで炒める。

  1のポテト、大豆を加え軽く炒める。

④ 卵を溶きほぐしパルメザンチーズを加え混ぜ、3に加える。

  全体を混ぜ合わせ、半分ほど火が通ったらごく弱火にし、蓋をする。

⑤ ほぼ全体に火が通ったら、裏返し軽く焼き、皿に上げる。

⑥ 1cm程度に切ったトマトとトマトケチャップを混ぜ合わせたソースと一緒にどうぞ。

こちらのレシピでは大豆が入っていますが、大豆の代わりに他の野菜を加えてもよいと思います。

おすすめはズッキーニ。他にも人参の細切りを玉ねぎと一緒に炒めてもいいですね。

「ツナを入れるとおいしい」とおっしゃられていますが、ツナだけでなく

ウインナーやベーコンなどでもボリュームがでて美味しいです。

※レシピリンク:https://www.recipe-blog.jp/profile/174250/blog/17876671

まとめ

冷めたポテトを美味しく温め直す方法を色々ご紹介しましたが、いかがでしたか?

では、最後にリメイクレシピをもうひとつ。

グラタン皿に冷めたポテトを広げます。(冷凍フライドポテトをそのまま広げてもOK)

その上からパスタ用のミートソース(缶詰やレトルトでOK)をかけ、チーズを散らします。

オーブンやオーブントースターなどで焼けば完成。

200度で10分くらいが目安です。

冷凍ポテトをそのまま使う場合は、もう少し長めに焼いてください。(レンチンしてから焼いた方が時短ですよ)

簡単で、これ一つでランチになるくらいボリュームもありますよ!

冷めたポテトをそのまま捨ててしまうはもったいないので、

色々な方法で工夫して美味しくいただきたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次