\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

車のフルローンは後悔するって本当?フルローンのメリットやデメリットを紹介!

車のフルローンは後悔するって本当?フルローンのメリットやデメリットを紹介!

車が欲しい、今すぐに欲しい。けれどもお金はない。

そんな時に過るのが「フルローンでの購入」ですよね?

フルローン購入は頭金なしでできる、現金がなくても今すぐに車が手に入るというメリットがあります。

けれども中には「フルローン購入をして後悔をした」という意見も。

本当に車のフルローン購入は後悔するものなのでしょうか?

フルローン購入について詳しく解説していきます。

目次

車のフルローンは後悔するって本当?

車のフルローンで後悔をするかどうかは個人の経済状況やライフスタイルによってことなります。

そのため「後悔するかどうか」は人によって異なります。

けれども人によっては以下のような部分でで後悔をすることが多いです。

・ローンの金利

フルローンを組む場合、金利がかかります
金利が高い場合、総支払額が増える可能性があります。
金利次第で、通常よりも大幅に高い金額で購入する可能性があります。

・月々の支払い能力

フルローンを組むと、毎月の支払いが大きくなります。
自分の収入や支出に合わせて返済計画を立て、無理なく支払えるかどうかを検討しなければ後々後悔をする可能性があります。

・車の価値の減少

車は時間とともに価値が減少します。
フルローンで車を購入すると、支払いが終わるまでに車の価値が減少してしまう可能性があります。
もちろん途中で壊れる可能性も高く、支払いを継続するモチベーションが低下する可能性が高いです。

・将来の予測不能な支出

フルローンを組んでしまうと、追加の支出に備えにくくなる可能性があります。
貯蓄が思うようにできないなどの点から後々に負担を大きく感じる可能性が高いでしょう。

・保険料とメンテナンス

車の所有には保険料やメンテナンス費用もかかります。
これらと月々のフルローン費用が加わると、相当な出費になるでしょう。

これらの理由でフルローン購入で負担を感じる、後悔をしたという人が多いです。

車のフルローンで後悔した体験談

「後悔をしていない」という意見も少なくはありません。
けれども、強がりで言っている方も多く見受けられました。
特に若い方が無理をしてフルローンで車を購入し負担を感じている傾向があります。
そのため、軽はずみな気持ちや衝動的な欲求で購入を決めると後悔をする可能性が高いでしょう。

車のフルローンは何年かかる?

車の総額や月々の支払金額によって何年かかるかは異なります。

車のフルローンの返済期間は3年(36ヶ月)から7年(84ヶ月)までの範囲が一般的ではあります。

しかし、中には10年(120ヶ月)以上の長期のローンを組む方もいます。

短期間であればあるほど金利負担も最小限で済みますが、月々の金額は高くなります。

長くなればなるほど、月々の支払金額は少ないですが、金利は高くなり支払総額は増加する傾向にあるでしょう。

そのため、トータルの金額や自分の経済状況や将来の計画に合わせて慎重に検討する必要があります。

短い期間で返済すると金利負担が少なくなりますが、月々の支払いが高くなります。

逆に、長い期間で返済すると月々の支払いは軽減されますが、金利によっては総支払額が増加する可能性があります。

車のフルローンは月々の支払はいくらになる?

車のフルローンの月々の支払い額は、借入金額、金利、返済期間などさまざまな要因によって決まります。

そのためここではいくつかの例を用いて説明をしていきたいと思います。

300万の車をフルローンで購入した場合

月々の支払い額は、借入金額、金利などによって大きく異なります。

ここでは金利4%として解説していきたいと思います。

たとえば返済期間3年の場合は月9万円代。

返済期間5年の場合は5,5万円代になります。

返済期間7年の場合は4,4万円代になります。

500万の車をフルローンで購入した場合

月々の支払い額は、借入金額、金利などによって大きく異なります。

ここでは金利4%として解説していきたいと思います。

たとえば返済期間3年の場合は月15万円代。

返済期間5年の場合は9万円代になります。

返済期間7年の場合は7.5万円代になります。

車フルローンのメリットは?

車のフルローンにはメリットとデメリットがあります。

ここではメリットについて解説をしていきたいと思います。

車をフルローンで購入すると、即時の車の所有が可能です。

フルローンを利用すると、車を即座に所有することができます。

ローンが承認されたら、車を購入し、その所有者となります。

今すぐに車が欲しいけれどもお金がないという人には大きなメリットでしょう。

また、フルローンを組むことで、比較的長い期間にわたって車を利用できます。

「お金が貯まったら車を買う」という考えだとすぐには車を手に入れられません。

車使用期間が早まることで、生活が便利になり、時間の短縮にもつながります。

クレジット履歴の向上というメリットもあります。

ローンの返済履歴がしっかりしていれば、クレジット履歴が向上し、将来的な信用の向上につながる可能性があります。

車フルローンのデメリットは?

車のフルローンにはメリットとデメリットがあります。

ここではデリットについて解説をしていきたいと思います。

まず、フルローンでの購入は金利による追加コストがかかります。

フルローンは通常、金利を伴います。

金利が高い場合、総返済額が増加し、最終的な支払いが増える可能性が高いです。

月々の支払いが大きいのもデメリットの一つでしょう。

高額なローン金額や長期間の返済期間の場合、月々の支払いが大きくなり、家計に負担をかけることがあります。

車の早期価値減少という点も気になる点です。

車は時間とともに価値が減少しますが、ローンは金利や手数料とともに支払い続けなければなりません。

このように、フルローン購入にはさまざまなデメリットがあります。

デメリットを考慮したうえで、フルローン購入を決めて下さい。

フルローンで後悔しないための対処法

フルローンで後悔をしないという人もいるのが事実です。

けれども、フルローン購入をして後悔をしたという人も多いでしょう。

ここでは車のフルローン購入をする上で後悔をしないために行うべきポイントを解説していきます。

頭金を用意しておく

フルローン購入はデメリットも多く、後悔をする方も多いです。

そのため少額でも良いので頭金を用意することで後々の負担を軽減することができます。

頭金を支払うことで、借入額が減少します。

これにより、月々のローン返済額が軽減されて、家計の負担が軽くなります。

もちろん借入額が減少するため、支払うべき利息も減ります。

これにより、総返済額が削減される可能性があります。

借入額が減り、それに伴い返済期間も短縮されることがあります。

その結果、ローンを早く完済できる可能性が高まります。

このように頭金を用意するメリットはとても大きいでしょう。

フルローンを組むよりも、ある程度の頭金を用意してからの購入をおすすめします。

低金利ローンを選ぶ

低金利ローンを利用して車を購入することは、フルローンで車を購入するうえでもとても大切なことです。

低金利ローンを利用することで、総返済額を抑えつつ、返済期間を短縮しやすくなります。

ただ、低金利ローンには注意点もあります。

低金利といっても変動金利の可能性があります。

そのため契約において金利の条件や変動する可能性を確認しましょう。

固定金利か変動金利か、契約の条件を理解しておくことが重要です。

低金利には手数料やその他の費用が含まれることがあります。

契約前にこれらの費用も含めた総費用を確認しましょう。

最後に信用スコアの重要性です。

低金利を受けるためには、良好な信用スコアが求められることがあります。

クレジット履歴がない方、信用度の低い方は低金利ローンを組めない可能性もあります。

これらのことを考慮したうえで低金利ローンを探してください。

無理のない車を購入する

総額費用の安い車であれば当然、総ローン金額も安くなり、負担なく返済をすることができます。

長年使う車ということで、つい見栄を張って購入をしたりオプションをつけて高額な車になることもあるでしょう。

けれども、フルローンで購入をする場合は無理のない金額の車を選ぶ必要があります。

負担なく返済をするためにも、総額や月々の支払金額を考慮したうえで車を選んでください。

残価設定ローンを選ぶ

残価設定ローンは、車のフルローン購入方法の一つです。

通常のローン期間中に返済されない残額が最後に一括で支払われるという形の支払方法です。

残価設定ローンは、ローン期間中、借り入れた金額と金利に基づいて月々の一定額を支払います。

これにより、通常のローンと同様に車の購入代金を分割して支払うことが可能です。

そして、ローン契約の最後に、まだ支払われていない残額(残価)が残ります。

残価は、通常は車の予想残存価値や市場価値に基づいて設定されます。

ローン期間終了時に、残りの残価を一括で支払うことが求められます。

この残りの支払いを行うことで、車の返済が完了します。

残価設定ローンのメリットは、購入時の支払いが軽減され、新しい車を手に入れやすくなるという点です。

ローン契約終了時に車を所有できるため、車を長期間使い続けたい人にぴったりな支払方法です。

ただ、最終的な一括返済が求められるため、返済計画が必要です。

通常のローンよりも総返済額が増えることもあるので、よく考慮をしたうえで残価設定ローンでの購入を検討して下さい。

車をローンで購入する以外の方法は?

車をローンで購入する以外にも、いくつかの購入方法があります。

車が欲しい、今すぐに欲しいけれどもお金はない。

そんな時フルローンの選択が1番に思い浮かぶでしょう。

けれどもフルローン以外にもいくつかの選択があります。

ここではフルローン以外に車をすぐに使用ができる方法について解説していきます。

カーシェアリングやレンタカー

カーシェアリングやレンタカーを利用することには、車をフルローンで購入するよりもいくつかのメリットが得られます。

コスト削減
車の購入には初期費用や月々のローン、維持費用がかかります。
しかし、カーシェアリングやレンタカーは利用した分だけの支払いとなります。
駐車場代や燃料費も考慮に入れると、総合的にコストが削減できる可能性が高いです。

柔軟性と利便性
カーシェアリングやレンタカーは必要な時に車を利用できる方法です。
特に都市部では公共交通機関が充実しているため、日常の移動に車を使わない人も多いでしょう。
車のメンテナンス不要なのも嬉しい部分です。
車を購入すると定期的なメンテナンスや修理が必要です。
しかし、カーシェアリングやレンタカーを利用する場合はその心配がありません。
車両のメンテナンスや保険は提供元が行うため、手間をかけずに車の利用できます。

・駐車場の問題回避

特に都市部では駐車場の確保が難しいことが多いでしょう。
けれどもカーシェアリングやレンタカーの場合、指定の駐車場に返却するだけで済むため、駐車の心配がありません。

このように、フルローンで購入するよりも金銭的負担は少なくさまざまなメリットが得られます。

車のサブスク

車のサブスクリプション(車の定額制サービス)も利用者が増えています。

こちらも低価格で車の利用ができるので、フルローンで購入を検討している方は、一度車のサブスクの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

車をサブスクで利用するメリットは?

車のサブスクには沢山のメリットがあります。

車のサブスクリプションは、通常、月額または年額で支払い、必要な時に車を利用できます。

車が不要なときは契約を解約することもできて、都度、異なる車種を利用することも可能です。

そのためその時に使いたい車を随時セレクトして使用することが可能です。

車のサブスクリプションには通常、初期費用が購入よりも低い場合があります。

車を購入すると、月々にそれなりの金額を支払うことになります。

しかし、サブスクリプションではこれらの初期費用が軽減されます。

サブスクリプションに登録すると、通常は定期的なメンテナンスや保険が提供されます。

これにより、ユーザーは車の状態や安全性について心配する必要がなくなります。

最後にさまざまな費用の軽減です。

サブスクリプションサービスには通常、燃料費や保険、メンテナンスなどが含まれています

そのため車を所有する場合に比べて、総合的なコストが削減されることがあります。

ただし、サブスクリプションサービスにも制約があります。

利用可能な車種やサービスエリアが限られていることもありますし、長期的に利用する場合には購入をしたほうが経済的な場合もあります。

車をローンで購入するのとサブスクはどちらがいいの?

車をローンで購入するか、サブスクリプションで利用するかは、現状や好みによります。

車をローンで購入するメリットは、所有感と自由度です。

車を購入すると、自分自身の車なので車を自由にカスタマイズできます。

車をローンで購入する場合、一度の支払いが多いものの、長期的に利用する場合はトータル費用が安く収まる可能性があります。

長く愛用したい、好きに車を改造したりオプションを組みたい、欲しい車が決まっていてサブスクリプションにはないという場合はローン購入のほうがメリットを得られます。

車をサブスクリプションで利用するメリットは柔軟性と利便性です。

サブスクリプションは柔軟で、必要なときに車を利用し、不要なときに解約することができます。

もちろん月々の負担も軽減され気軽な気持ちで車の購入ができます。

仕事や家庭の事情で車が必要になった場合や車にこだわりがない場合、短期間だけ使用をしたい場合はサブスクリプションのほうがお得な可能性が高いでしょう。

最初はサブスクリプションを利用して、長期的に使う可能性が出たり、自身の車が欲しいという願望を強く抱いた時、購入の検討をすることをおすすめします。

「車 フル ローン 後悔」を検索する人がよく思う質問4選

車のローンは借金になりますか?

車のローンは基本的には借金になります。車のローンは、金融機関や貸付機関から車の購入資金を借り入れることを意味します。借り入れた金額を後で返済することが契約条件となります。

車のローンは借金と同じですか?

車のローンは基本的には借金になります。車のローンは、金融機関や貸付機関から車の購入資金を借り入れることを意味します。借り入れた金額を後で返済することが契約条件となります。

頭金はいくら必要 車?

必要な車の金額によって異なりますが、購入者の総額の1割から2割が妥当だと言われています。もちろん多ければ多いほど返済額が低くなるので、できるだけ多く用意をすることをおすすめします。

車のローンが払えなくなったらどうなる?

ローンが支払えなくなったらまずは連絡をしましょう。遅延や未払いは追加の手数料や罰則が生じる可能性があります。また、信用スコアにも影響が及び、今後住宅ローンを組めなくなる、クレジットカードの取得に影響する可能性等があります。差し押さえやリボでの支払いの可能性も出てきます。

まとめ:車のローンが気になる場合は他の方法を考えてみよう!

車をフルローンで購入をする人もいますが、決しておすすめができる方法ではありません。

全て返済ができたという人もいますが、途中で返済が辛くなったり負担を感じる方も多いです。

最近は車のサブスクリプションやレンタカー、カーシェアリングなどを活用する人も増えています。

どの車が欲しいのか、どれだけの使用頻度なのか、そして自身の生活費などを見定めたうえで購入を検討しましょう。

ローンをすぐに決めるよりも、そのほかの方法も調べたうえで購入の検討を行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次