\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

クマを消す方法で中学生にできる方法は?すぐできる?黒クマやクマの原因調査

クマを消す方法 中学生

クマがあることで悩んでいる方は多いでしょう。

クマができる原因は、日常的なストレスや睡眠不足、遺伝などさまざま。

年齢に関係なくできるので、中学生でも悩んでいたりもします。

クマはできれば消したいですよね。実は中学生でもクマを消せる方法があるんです。

本記事では、クマの消し方から中学生でクマができる原因まで解説します。

目次

クマを消す方法で中学生にできる対処法は?

中学生ができるクマを消す方法はどんなものがあるのでしょうか?

クマには青クマと茶クマがあり、それぞれに対処法が違います。

ここでは、青クマと茶クマの改善方法をそれぞれお伝えします。

青クマの改善方法

目元の血流が悪くなると、目の下の皮膚が青や紫に見えるのが青クマと言われる状態です。

青クマができる主な原因は血行不良や目の疲れ、睡眠不足が挙げられます。

青クマを改善するには十分な睡眠も大切ですが、血流を良くすることでも改善できます

青クマができている部分は皮膚が薄くなって血管が透けている状態です。

きちんと保湿をしてからマッサージをしてあげましょう。

そのほかにも適度な運動をして、体全体の血流を促すことも重要です。

とくに寝る3時間前に運動すると自然に眠りにつけるので、睡眠不足も解消できます。

茶クマの改善方法

茶クマは、メイク汚れが残ったり、紫外線などの刺激を受けたりしてメラニンが蓄積されてできます

茶クマの場合は、肌のターンオーバーを促してメラニンを排出することが大切です。

保湿が十分でないとターンオーバーが乱れてしまうので、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの成分を補ってあげましょう。

紫外線に当たるとメラニンが増えて色素沈着するので、紫外線対策も同時に行っていきます。

また、マッサージなどで肌を刺激すると、メラニンが増える原因になるので、注意しましょう。

中学生でクマができる原因

中学生にクマができる原因は、次の6つがあります。

  • スマホの利用
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣
  • ホルモンバランスの変化
  • 食生活の乱れ

詳しく説明します。

スマホの利用

スマホを使っていると、目や目の周辺が疲れるのでクマができる原因になります。

目や目の周辺の筋肉が疲れると、凝り固まって血流が滞ります。

血流が悪くなると、酸素不足になるので、血液が黒っぽくなり皮膚を通してみると青黒く見えるというわけです。

睡眠不足

睡眠不足もクマができる原因のひとつです。睡眠不足になると自律神経の乱れや血流の悪化が起こります

人は寝ている間に副交感神経が活発になって全身の血管が開き、全身に血液を届けています。

ですが、睡眠不足が続くと交感神経がずっと頑張っている状態なので、血管が狭い状態が続き血流が悪くなります。

ストレス

ストレスもクマができる原因のひとつです。ストレスを受けると、脳が対応しようとして交感神経を刺激します。

交感神経は血管を収縮させるので、血液の流れを悪くします。

また血液だけでなくリンパの流れも悪くなるので、老廃物が排泄されにくくなり、代謝も悪くなります

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣も、クマができる原因のひとつです。

不規則な生活習慣を続けていると、肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素が排出できずに肌に沈着します。

メラニンが沈着すると茶クマの原因になります。

不規則な生活は、クマの原因だけでなく、疲れた印象の肌になるので生活改善をしていきましょう

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化もクマができる原因になります。

女性ホルモンは「プロゲステロン」と「エストロゲン」の2種類でバランスをとっています。

特に生理中はプロゲステロンが減り、体の冷えや血流の悪化が起こりがちです。

このほかにも、妊娠、出産、更年期などにも、ホルモンバランスは変化します。

目の周りの血流を良くするとともに、ホルモンバランスを整えるような工夫が必要です。

食生活の乱れ

食生活の乱れでも、体全体の血流が悪くなりクマができやすくなります。

脂っこい食事や糖質が多い食品などは、血液がドロドロになりやすく、血の流れを悪くします。

油っぽい食事は控え、食事量も摂り過ぎには注意、さらに野菜も一緒に摂るなどバランスを意識した食事を心がけましょう。

中学生ができるセルフケア方法は?

中学生のクマの主な原因は、睡眠不足やストレス、不規則な生活習慣です。

長時間の勉強やスマートフォンの使用、不健康な食生活によって、クマができることが多いです。

また思春期のホルモンバランスの変化によって、肌トラブルになることもあるでしょう。

ですから、まずは生活習慣の見直しが中学生ができるセルフケアになります。

中学生でクマをすぐ消す方法は?

中学生がクマを早く治したいなら、目の周りの血行を促進するマッサージを行うといいでしょう。

中学生にできやすい青クマは、血行不良が原因で起こります。

マッサージする際は、必ず保湿をしてから行いましょう。

目の周りの皮膚はかなり薄いので、力の入れ過ぎに注意して優しくマッサージしてくださいね。

黒クマは中学生でもできる?

黒クマは、一般的には加齢によって肌の弾力がなくなり、弛んでくるとできるものです。

目の周りの皮膚が弛むことで、目の下に黒い影を作ってクマに見えます。

加齢によるものなので、中学生で出てくるのは稀です。

ですが、生まれつき眼窩脂肪が目立つ人スマートフォンを長時間使ったことでも、目の下のくぼみができやすく、黒クマは中学生には絶対出ないとは言えません。

中学生でクマがどうしても消えないときは?

どうしてもクマが消えないというときには、メイクでクマを隠すのがおすすめです。

青クマの場合は、顔色が悪く見えるので下地にオレンジ色のコンシーラーを混ぜると血色感が出ます。

茶クマの場合は、顔がくすんで見えるので、イエローのコンシーラーを使います。

色素沈着している部分に点置きして、目立たなくなるまで細かくなじませます。

老け顔に見える黒クマは、明るいベージュを入れたりハイライトで影を飛ばしてあげましょう。

それぞれのクマに合わせたカラーがあるので、選び方には注意してくださいね。

「クマを消す方法 中学生」を検索する人がよく思う質問4選

クマを消す方法を知りたい中学生が、よく思う疑問に回答していきましょう。

目の下のクマはどうやったら治りますか?

クマの種類にもよりますが、中学生に多い青クマであれば、目の周りの血流を改善することで治ります。

子供にクマができる原因は何ですか?

若いうちにできやすいのは、青クマです。

目の周りの血流が悪くなることで出現します。

血流が悪くなる原因は、睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの変化などがあります。

寝不足のクマを消す方法はありますか?

睡眠の質を改善することはもちろんですが、目の周りを温める、またはマッサージをすることで血流が改善され、クマが目立たなくなります。

黒いクマを取る方法はありますか?

黒クマを改善するには、顔の筋トレとアンチエイジングケアが有効です。

目をぎゅっと閉じる・大きく開くを繰り返すトレーニングをすれば、眼輪筋の緊張がほぐれて弾力をキープできます。

目元の保湿をするのも肌のハリを回復させるのにおすすめです。

まとめ:まずは規則正しい生活習慣とセルフケアから!

中学生がクマができる原因は、睡眠不足やスマホの使いすぎ、ホルモンバランスの変化によるものです。

クマを消すには、血流をよくするか、肌のターンオーバーを促す方法があります。

どちらも生活習慣の乱れによって悪くなるので、普段の生活を整えていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次