\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

胡蝶蘭でお祝い!予算10000円で贈る際のおすすめのネットショップとマナー!

胡蝶蘭 お祝い 10000円

胡蝶蘭は、その美しさから大切なお祝いに贈る花として人気が高まっています。

しかし、価格帯が2,000円から5万円以上まで幅広く、選び方に悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、10,000円前後で贈るのにぴったりの胡蝶蘭に焦点を当て、贈り物としてのマナーから、困った時におすすめのネットショップなどご紹介します。

また、開店祝いにもぴったりなおしゃれな胡蝶蘭についても注目してみましょう。

目次

なぜ胡蝶蘭はお祝いの定番なの?

みなさんは、お祝いのお花を言えば何を思い浮かべますか?

胡蝶蘭が定番なのではないでしょうか。

華やかでいて上品、高級感があるが嫌味もない、とにかく見ていると幸せな気分になる胡蝶蘭ですが、なぜお祝いのお花として定番なのでしょうか。

花の種類は、世界では20万種類もあるそうです。その中で、日本で咲く花は155グループに分けられるそう。(155品種というわけではありません。)

グループに分けると155だそう。20万種類よりも数は減りますが、それでもなお数ある種類の中で、胡蝶蘭がお祝いのお花として選ばれて愛される理由は何なのでしょうか。

本日は、胡蝶蘭がなぜお祝いのお花の定番となっているのか、という点について記事を書いていこうと思います♪

花持ちが良く、お手入れの手間がかからない

まずは1点目です。

持ちが良く、お手入れの手間がかからないことがお祝いに適しているそうです。

アレンジメント花や、ブーケ(花束)といった生花は、基本的には1週間前後が綺麗です。

その後は、徐々にお花が枯れていってしまいます。造花では味わえないような変化を楽しめるのは生花の醍醐味ですが、やはり少しでも長持ちしてほしいのが正直な気持ちですよね。

胡蝶蘭も生花ではございますが、なんと他のお花と違い、約1ヶ月〜3ヶ月、綺麗で美しい状態が続きます。

とても素敵ですよね。生花であるにも関わらず、こんなにも持ちが良いなんてコスパも良いと感じられます。

ちなみに、お花が全て散ってしまった後もきちんと丁寧に管理(水やり等のお手入れ)をすれば、株はなんと50年ほど生かすことができる、寿命がとても長いお花です。

しかし、そこまで美しい状態を継続するとなると、手入れが面倒なのではと気になる方も多いかと思います。

実は、胡蝶蘭は「手間要らずなお花」としても有名なんですよ♪

  • 直射日光が当たらない場所に置く。
  • 苔が乾燥してきたらお水をたくさん与える。

上記を守って育てていくと、数ヶ月は持ちます。すごいですよね!

胡蝶蘭の株が入っているポットに、しっかりと水をやるのですがただ大量の水を与えるというわけではございません。

霧吹きで、お水をあげるんです。また、開花(満開)の場合、沢山のお水は不要です。お水の与えすぎると、逆効果になってしまいます。

また、液体肥料やその他の薬剤等は不要です。適切なタイミングで適量のお水を与えるだけで、胡蝶蘭は十分に育ちます。

せっかく贈り物でいただいた胡蝶蘭ですので、大事にしたいですよね。胡蝶蘭は、そんな気持ちにきちんと答えてくれる、素敵なお花です。

どの季節にも対応していて通年で贈ることできる

2点目は、その季節にも対応しているため、通年で贈ることができることです。

大体お花には、春夏秋冬でどの季節が一番綺麗か、その季節に合っているのかというような適性があります。

しかし胡蝶蘭は、季節問わず楽しめるお花のため春夏秋冬どの季節に贈ったとしても楽しんでいただけるお花なんです。

元々、胡蝶蘭は熱帯地域に咲く花だったそう。

ということは「寒さは苦手なのでは?」と思いますが、日本国内各地の生産者が温かい環境(温室栽培)で育てているために、どの季節でも胡蝶蘭が楽しめるみたいです。

お祝いは、1年の中でどのタイミングでも起こり得ます。

胡蝶蘭を贈りたくても季節が違うために送れない、ということが一切ないのがこのお花のメリットでもあります。

花粉と香りが少ない

3点目は、花粉と香りが少ないことです。

お花にはたくさんの種類が存在していますが、その中でも花粉が多かったり香りがきつかったりするもの、それぞれ違います。

胡蝶蘭は、花粉が少ない且つ香りが控えめだそう。

そのため、病院や飲食店、オフィスなど、送り先を問わずお祝い花として贈ることができるのでとても万能です!

花粉が落ちると掃除が必要になりますし、香りが多いと苦手な方々にとっては不快感を覚えます。

胡蝶蘭は、どんな方でも楽しんで喜んでいただけるお花としても有名なんです♪

花言葉は縁起の良い「幸福が飛んでくる」

4点目は、花言葉の縁起が良いことです。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。

お花にはそれぞれ花言葉があてられています。

その中でも胡蝶蘭はかなり縁起が良い花言葉なんです。素敵ですね!

ちなみに、胡蝶蘭自体の花言葉は「幸福が飛んでくる」ですが、色によって花言葉が変わるそうです。

「あなたを愛しています」「清純」「純粋な愛」と、同じ胡蝶蘭でも色が違えば意味が異なる、という説もあるそうです。

細かくこだわる必要はないですが、どの花言葉も素敵ですよね♪

お祝いのお花に相応しいと言われている意味がよく分かりました。

お祝いで胡蝶蘭を贈る際のマナー

お祝いとして胡蝶蘭を贈る際のマナーはご存じでしょうか。

胡蝶蘭を贈るとは言っても、いろいろな決まり事があります。

難しく考える必要は一切ございません。ただ、最低限のルールは覚えておくときっと役に立つと思います。

シーンによっては色に気を付ける

まず1点目は、シーンによっては色に気を付けることです。

胡蝶蘭は、基本的にお祝いのお花と言われておりますが、実はお供えとして贈る場合もあるんです。

葬儀の際に見かけたことがある方もいらっしゃるかと思います。私も見たことがあります。

葬儀の際は、明るい色合いの胡蝶蘭ではなく、標準的な白い胡蝶蘭を選ぶようにしましょう。

さらに、お通夜や葬式でよく見かける大きな祭壇に飾る場合は、存在感があり見た目に美しい大輪の白い胡蝶蘭が最適です。

色々なシーンで使われる胡蝶蘭だからこそ、場面によって色やデザインをわきまえて贈る必要がございます。

もちろん、お祝いの席では色鮮やかな胡蝶蘭を選んでOKです。

胡蝶蘭は、白、赤、ピンクというように色展開も様々です。

その場に応じた胡蝶蘭を選んで贈るようにしましょう!

関係性やシーンによっては金額にも気をつける

2点目は、関係性やシーンによって金額に気を付けることです。

ビジネスシーンでは、できるだけ豪華な胡蝶蘭を送って盛大に派手にお祝いすることが多いと思いますが、個人同士のお祝いであれば話は別です。

お相手が気を遣わない程度の規模も胡蝶蘭を贈ることを心がけましょう。

他者の贈り花とのバランスもありますし、自分だけあまりド派手なものを贈らないように注意が必要です。

個人間では、とお伝えしましたが実はビジネスシーンでも多少の配慮は必要になります。

というのも、会社同士でも立場がありますよね。

その関係性によってお花の規模感も変えましょう。個人間ほどではないですが、多少の配慮は必要かと思います。

誰に対しても豪華な、高価な胡蝶蘭を贈ればよいという訳ではございません。

しっかりと相手のことを考え、関係性をしっかりと理解することが大切です。

贈り先のスペースも確認すること

3点目は、贈り先のスペースを確認することです。

胡蝶蘭を贈る際、飾るスペースがあるかどうかのリサーチが必要になります。

大きい会場に贈るのであれば問題ないかと思いますが、実際の店舗やオフィス、個人のスペースに贈る際には必ず確認が必要です。

せっかく贈ったのにスペースがなくて邪魔になってしまった、お相手に気を遣わせるようなことになってしまうと本末転倒です。

自分の誠意を込めて、お祝いをしたいはずが、お相手を困らせてしまう可能性もございます。

胡蝶蘭は、基本的に大きいお花です。ましてやお祝い用の胡蝶蘭となると、規模感がグッと大きくなり、結構なスペースをとります。

このようなことが実際に起こっています。

せっかく生産者から販売者に渡り、必要な方に届いているにもかかわらず置くスペースがなく、仕方なく廃棄される胡蝶蘭。

いずれどの胡蝶蘭も廃棄することに変わりはありませんし、一概にこれがいけないとは言えません。

しかし、贈る方の気遣いも多少は必要になってくると考えるツイートでしたので、ご紹介させていただきました。

生産者の方々が一生懸命育てた胡蝶蘭を無駄にしたくないですし、しっかりと考えた上で手配をしましょう!

本数は必ず奇数にする

4点目は、必ず奇数にするということです。

4点目胡蝶蘭をお祝いとして贈る際、本数を必ず奇数にするということです。

日本では、お祝いの場(めでたい場)で割り切れる数字を使うことは縁起が悪く、不吉だといわれております。

そのため、胡蝶蘭をお祝いとして贈る場合は、3本や5本といった割り切れない数にする必要があります。

奇数が良いからとは言え、1本は無しです。3本以上がマナーになります。

あまりにも多い本数も扱いに困るので、3〜5本が一般的だと言えますね。

立て札は必ずつける

5点目は、立て札を必ずつけることです。

立て札とは、胡蝶蘭に贈り主と用途が一目見て分かるようにする為のものです。

開店・開業のお祝いとなると、沢山の方からお花が贈られてくることが想定されます。

そんな中、誰からの贈り花であるのかしっかりと判断する必要がありますね。

また、それだけではないんです。新しく開業・開店する会社やお店の名前が書かれている札がたくさん並んでいることで、来客の方々の視界に自然と入り、社名や店名を覚えてもらいやすいというメリットも考えられます。

立て札には、下記の3項目を記入します。

  • お祝いの言葉(御祝、祝開店、祝開業等)
  • お届け先の名前(会社名、個人名等)
  • 贈り主の名前

立て立て札は、お花を注文した際に基本的にお花屋さんが準備してくれることがほとんどです。

どんな感じにしたいかなどを具体的にお伝えするとその通りに手配してくれるので、必要な場合は依頼しましょう!

お見舞いで胡蝶蘭を贈るのはタブー

6点目は、お見舞いで胡蝶蘭を贈らないことです。

お見舞いで胡蝶蘭を贈ることはタブーだそうです。

胡蝶蘭だけではなく、鉢植えを贈ることがそもそもタブーとされています。

というのも、鉢植えは根っこが土に根付いているということから「寝付く」ことを連想させ、縁起が悪い、不吉だといわれています。

綺麗なお花があったとしても、鉢植えを贈ることはやめておきましょう。

長期入院されている方に対し「植物を育てることが日々の楽しみになれば・・」という気持ちで贈りたい気持ちも理解できますが、鉢植えには上記のような意味を連想させるため、グッと堪えましょう。

ただ、胡蝶蘭自体を贈ることは全く問題ございません。あくまで、鉢植えが不吉だということを覚えておきましょう。

鉢植えの胡蝶蘭ではなく、切花のものを贈ると全く問題ございませんのでご安心くださいね!

胡蝶蘭を予算一万円で探す理由

胡蝶蘭のお値段は、基本的には5000円から50,000円までとかなり幅広いです。

お祝い事に、企業から企業、企業から個人など様々なパターンで贈り花としてメジャーな存在になっています。

なぜ胡蝶蘭を10,000円で探すのでしょうか。

豪華過ぎず、地味過ぎない見た目で、程よくお祝いをするとなると10,000円が妥当な価格帯だからです。

10,000円以下となると、少し迫力に欠けるかもしれません。50,000円となると豪華過ぎます。間をとると10,000円がちょうど良いんですよね。

また、会社から胡蝶蘭を贈る際にも丁度良い金額なんですよね。

あまりにも高くなると、決裁が必要になり時間がかかってしまいます。

10,000円が決裁不要のラインなので、10,000円で探している方が多いというお話も聞いたことがあります。

【予算10000円】お祝い胡蝶蘭を注文できるネットショップ

予算10,000円で、お祝いの胡蝶蘭を注文できるのは実際の店舗だけではありません。

最近では、ネットショップでもお花の購入(手配)が出来るんです。とても便利ですよね。

今回は代表的な4つのサイトを調べてみましたので、ぜひご確認ください。

ベストフラワー

まずは、ベストフラワーです。

商品数2点(1万円以下の商品)
送料全国送料無料
配送午前11時半まで当日発送(平日のみ)※在庫状況による
決済方法クレジットカード、銀行振り込み
電話番号0120-68-4187(受付時間:10時〜18時)

10,000円以下は現時点で2件ほどございました。そのうちの1つが下記商品になります。

なんと10,000円でもお釣りが出ます。こちら、1本立てで、11輪の胡蝶蘭です。8000円台でこのクオリティはかなり高いと思います。コスパが良いですね。

このお値段でもかなり豪華に見えませんか?ラッピングがかなり綺麗ですし、完全にお祝いのラッピングですね!

HitoHana

続きまして、HitoHanaというサイトです。

商品数約200点(1万円以下の商品)
送料全国送料無料
配送午前12時半の注文で最短翌日発送
決済方法クレジットカード、銀行振り込み(※法人のみ請求書払い可)
電話番号048-606-2625(受付時間:9時〜18時)

Hitohanaさんは、胡蝶蘭の種類がかなり多かったです。

胡蝶蘭の相場は平均10,000円なのですが、3000円〜5000円の価格帯で約40点、5000円〜10,000円の価格帯では約150点もの商品がございました。

10,000円以下の胡蝶蘭で200種類もあると迷ってしまいますね。

5000円台でも十分素敵な胡蝶蘭がありました。こちらだけではなく、本当に沢山の種類の胡蝶蘭がありました!

是非サイトを見てみてください!

10,000円以上の胡蝶蘭と比較すると、お花の数が少ない気はしますが、それでも十分に華やかで綺麗ですよね。

色々な胡蝶蘭の種類があって、かなり見応えのあるサイトでした。

上記の商品ページにも記載がありましたが、ラッピングも無料で行ってくれるためとても良心的です。

また、到着後に枯れたり痛んだりした際の保証までついているかなり手厚いサービスがあります。

ビジネスフラワー

次に、ビジネスフラワーというサイトです。

こちらは、検索する際にかなり細かく絞ることができます。

引用元:ビジネスフラワー 公式サイト

胡蝶蘭でも、大輪・中大輪・ミディ・アレンジというように、さらに細かい条件で絞って検索することができます。

検索は、数あるサイトの中でも一番しやすい印象です。(あくまで個人的な感想です♪)

胡蝶蘭とは言え、小さいサイズが良い、大きいサイズが良い、中間のサイズが良い、というそれぞれのご希望がありますよね。

ここまで絞ることができると、目的の商品にたどりつきやすくなりますし、注文に至るまでの時間も短縮されますね。

探しにくいため、サイトを見ている途中で断念することってありますよね。(商品問わず)

そんなことが絶対に起こらないサイトだと思いました。スムーズに自分が求めている商品にたどりつけますよ♪

商品数約100件(1万円以下の商品)
送料全国送料無料
配送15時までの注文で当日発送可能(平日のみ)※配送状況による
決済方法クレジットカード、銀行振り込み、NP後払い

ビジネスフラワーさんも、かなり商品数が多い印象でした!

特に、ミディサイズの胡蝶蘭がかなりスタイリッシュでおしゃれで、色んなパターンがございました。

お色もたくさん展開されており、デザインがたくさんあります。

胡蝶蘭、と聞くと大きいサイズのものを頭に浮かべる方がほとんどだと思います。

ミディサイズの胡蝶蘭を一度ご覧ください。胡蝶蘭の概念が、良い意味で変わると思います。

こんなに小さくて可愛い胡蝶蘭もあるの?と、ついつい見入ってしまいます。ぜひ、お気に入りの胡蝶蘭を見つけてみてはいかがでしょうか。

Hanayaka

次に、Hanayakaというサイトです。

商品数4件(1万円以下の商品)
送料沖縄県を除き全国送料無料(※沖縄県は3300円)
配送午前11時半まで当日発送(平日のみ)※在庫状況による
決済方法クレジットカード、請求書払い、Amazonギフト券
電話番号0120-935-878(営業時間:10時〜17時 ※日曜日と12時〜13時を除く)
引用元:Hanayaka公式サイト

Hanayakaさんのお電話番号を載せておりますが、電話注文は出来ませんのでご注意ください♪

胡蝶蘭がかなり探しやすかったです。胡蝶蘭でもどのような規模感のものか詳細を選択すると該当商品が表示されます。

上記で4つ、サイトを紹介いたしましたが送料の安さと配送の早さに驚きました。

胡蝶蘭は、やはりメジャーな贈り花なので、どのサイトも見やすかった印象です。

絞り込み検索がかなり細かくできるサイトは、やはり見やすく探しやすかったです。

年齢層によって使いやすい、見やすい、という感覚は異なりますが、基本的にどのサイトも見やすく検索しやすかったです。

あと、送料や配送のタイミングについてもかなり分かりやすく記載されているので、わざわざ調べにいくこともなく大変便利なサイトばかりでした。

あとは、どのような胡蝶蘭が好みかという問題かと思います。

自分が求めている胡蝶蘭が、そのサイトにあるかどうかです♪

しかし、胡蝶蘭を探すだけでもこれだけのサイトがあり、これだけの種類があるのであれば、きっとピッタリはまる胡蝶蘭が探せるかと思います。

まとめ

お祝い花として胡蝶蘭を贈る際のマナー、その他の情報、ネットショップについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

お祝いでお花を贈る、と言っても本当に色々細かいマナーがあるということを改めて知りました。

せっかく良いことをしているのに、マナーを知らないだけでお相手に不快感を与えてしまうのはとても勿体無いことですよね。

ほんの少しの知識があれば、双方が気持ち良くお祝いムードを感じられます!

全てのルールを完璧に守らないといけない!という訳ではございません。

時と場合に応じて、臨機応変に対応することが大切です。

全ては相手を思いやる気持ちから。

純粋に「お祝いしたい」という気持ちが、ストレートにお相手に伝わりますように。

マナーをしっかり備えて、お祝いの際にカッコよくスマートに胡蝶蘭を贈れたらとてもかっこいいですよね♪

少しでも、知識のアップデートをしていただけたら私も嬉しいです♪

私も記事を執筆している中で、知らないことがありました。

完璧に覚えなくても、なんとなく知ってさえいれば意識することは出来ますし、この機会に是非1つだけでも知識をつけていただけると嬉しいです♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次