\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

実印は女性の縦書きはダメ?フルネームか名前のみか銀行印のおすすめも紹介

実印 女性 縦書きはダメ

正式な書類や役所への申請に必要な実印ですが、性別によって異なるのをご存じでしょうか?

実は、男性はフルネーム女性は名前のみなどの違いがあるのです。

また「女性は縦書きの実印はダメ」とも言われています。

では、なぜ女性にはこのような制限がかかっているのでしょうか?

今回は、実印を作る際に女性の縦書きはダメなのか、フルネームや名前のみで作るメリットなどをご紹介していきます。

目次

実印は女性の縦書きはダメ?

実印は「女性なら横書きがいい」とされているのをご存じですか?

これは、横書きが安定を意味し“吉”とされているからです。

では、女性でも縦書きにしてはいけないのでしょうか?

女性であっても縦書きにして問題ありません。

実際に、女性であってもフルネームの実印を求める人も多く、フルネームの場合は縦書きになります。

そのため、女性だから縦書きはいけないということはありませんので、安心してください。

実印で女性におすすめなのは縦書き・横書きどっち?

女性におすすめできる実印は、縦書き・横書きどちらもおすすめです。

ただ、名前のみの実印を作る場合は横書きの方が良いでしょう。

横書きにすることは、安定などを意味しており、女性がより一層幸せになれると言われています。

そのため、女性の実印は横書きを薦められることが多いのです。

対して、縦書きの実印には成長や発展を意味し、男性に薦められることが多いです。

しかし、フルネームで実印を作る場合は、女性であっても縦書きになります。

また、近年は女性がビジネスで成功する例も多く見られ、昔とは異なります。

さらに、結婚などによって苗字が変わらないことも増えてきましたので、縦書きの実印を作成してもなんら問題はありません。

そのため、どちらでも女性にはおすすめできると言えます。

実印を女性がフルネームで作るメリットは?

女性がフルネームの実印を作ることで得られるメリットは、偽造防止や個人の証明ができることです。

実印は、印鑑証明などの重要な書類に押印することが多いです。

そのため、ハンコの偽造を防ぐ必要があり、フルネームの実印であれば、個人の証明が強くできます。

また、名前のみのハンコは、実印でも可愛らしい印象を与えてしまうため「ビジネスでは使いにくい......」と感じる人も少なくありません。

そのため、フルネームの実印にすることで、ビジネスでも使いやすくなりますね。

実印を女性が名前のみで作るメリットは?

女性が名前のみの実印を作ることで得られるメリットは、結婚後も長く使い続けられることです。

近年、結婚後も夫婦別性や婿養子などにより、女性側の苗字を変えないことも多くなりましたね。

実際、結婚後の苗字変更は、会社や銀行、保険や免許証などと、しなければならないところが多く、かなりの時間をとられ面倒です。

フルネームのハンコを作っている場合は、ハンコも作り変えなくてはなりませんね。

しかし、実印を名前だけにしておけば、結婚後にハンコを作り変える必要はありません。

名前だけのハンコなら、結婚前から後まで長く使うことができます。

実印の横書きは【右から・左から】どっちから彫刻する?

実印で横書きの場合は、右から左へと彫刻します。

ただし、現代では左から右へと彫刻する場合もあり、お客様の要望により変更してくれるようです。

右から左への彫刻が主流になったのは、かなり昔に『横書きは右から左へ書いていた』ことが由来のようです。

現代では、左から右へ書くのが主流ですから、若干違和感があるのはこのためです。

しかし、どちらの彫刻であっても作ることができ、利用も問題ありませんので安心してください。

実印で名前のみだと登録できない自治体はある?

実印は、役所などで印鑑証明などで登録することが多くあります。

ただ、自治体ごとに実印に対する規定があり、名前のみだと登録できない自治体も存在します。

また、それ以外にもハンコのサイズなどによっては登録できない可能性があります。

そのため、実印を作る前にお住まいの自治体に確認した方が良いでしょう。

銀行印で女性におすすめなのは縦書き・横書きどっち?

銀行印で、女性におすすめなのはセキュリティの観点から、フルネームの縦書きがおすすめです。

フルネームの縦書きハンコであれば、偽造防止や強い個人の証明ができます。

もしも、偽造されたりして、お金を見ず知らずの人に引き出されてしまったら困りますね。

そのため、お金に関わる銀行印はフルネームの縦書きが安心です。

ただし、苗字のみや名前のみでも問題ありません。

むしろ、その方が一般的かもしれませんね。

また、苗字のみや名前のみの場合は、縦書き・横書きどちらでも大丈夫です。

しかし、上から下へとお金が落ちていくイメージのある縦書きよりも、お金が貯まるイメージのある横書きの方が良いとされています。

縦書き・横書きどちらでも問題なく使用はできますが、縁起担ぎのような選んでも良いですね。

銀行印を縦書きにしてしまったけど使える?

銀行印は縦書きでも問題なく使用可能です。

銀行印に関しては、横書きでも縦書きでも規定はありません。

ただ、横書きにしておくことで「銀行印だ」と一目で分かるといった利点はあります。

また、上から下へとお金が落ちるイメージがある縦書きよりも、お金が貯まるイメージのある横書きを好んで使う人もいます。

横書きでも縦書きでも、自身の好みなどで選択できますので気にしなくて大丈夫です。

「実印 女性 縦書きはダメ」を検索する人がよく思う疑問4選

女性の実印は名前のみ縦横どちらがいいですか?

女性の実印は、名前のみなら横書きが良いでしょう。

横書きが良いとされる理由は、安定を意味しており、女性がより一層幸せになれるとされているからです。

女性の実印の文字の向きは?

女性の実印の文字の向きは、右から左に彫られることが主流です。

しかし、現代では横書きの文字は左から右に読まれることが多いです。

そのため、現在は左から右に彫られたハンコもあり、どちらでも問題ありません。

女性の実印のルールは?

女性の実印だからといって、細かなルールはありません。

ただ、サイズや名前のみの実印は、自治体によって登録できないことがあります。

そのため、実印を作る前には、自治体に問い合わせてから作った方が安心です。

女性の実印の名前はフルネームでもいいですか?

女性の実印は、フルネームでも問題ありません。

ただ、フルネームの場合は縦書きになります。

しかし、フルネームだからといって登録できないや利用できないといったことはありませんので大丈夫ですよ。

まとめ

今回は、女性の実印についてご紹介してきました。

女性の実印は、フルネーム名前のみで作られることが多いです。

また、名前のみの場合だと横書きで彫られることが多く、可愛らしい印象を与えてしまい好まない人もいます。

ハンコの歴史はたいへん古く、当時の名残のままになっていることも多いのです。

しかし、現代では比較的柔軟にハンコを作ることができるため、あまり気にしなくても大丈夫ですよ。

ただ、自治体に登録する実印は、自治体によって規定があるため確認してから作る方が安心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次