\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

不動産鑑定士の惨状とは?不動産鑑定士が向いている人についても分析!

不動産鑑定士の惨状とは?不動産鑑定士が向いている人についても分析!

日本の文系三大国家資格の中の一つでもある、不動産鑑定士。

しかし、この不動産鑑定士は知名度が低く聞いたことが無いという方も多いのではないでしょうか。

そんな不動産鑑定士ですが、やめておけと言われているようです。

そこで今回は、不動産鑑定士の惨状について調べていきたいと思います。

目次

不動産鑑定士の惨状とは?

不動産鑑定士とはいったいどのような仕事なのでしょうか?

  • 不動産鑑定士の仕事内容
  • 不動産鑑定士の試験
  • 不動産鑑定士の離職率
  • 不動産研停止の年収
  • 不動産鑑定士の仕事が減少

それぞれ、説明していきます。

不動産鑑定士の仕事内容

不動産鑑定士は、不動産の価値を評価してその結果をクライアントに提供する専門家です。

主な仕事は、土地や建物などの不動産に関する市場価値を正確に出すことです。

市場調査や物理的な検査が含まれ、得られた情報は詳細な評価レポートにまとめます。

不動産鑑定士は法的な観点や市場の動きにも詳しくて、評価に影響する要因を的確に把握しているようです。

得られた評価結果はクライアントに分かりやすく説明してくれて、取り引きや資産管理において役立ちます。

法廷や交渉の場で専門的な知識を提供して、公正かつ客観的な評価を行うこともあるようです。

簡単に言えば、不動産鑑定士は不動産の真の価値を見極めて、クライアントに確かな情報を提供して、不動産取引や市資産運用の意思決定をサポートする役割を果たしてくれます。

不動産鑑定士の試験

不動産鑑定士になるには、国土交通省土地鑑定委員会が実施する国家試験に合格する必要があります。

平成18年より学歴に関係なく誰でも受験が出来るようになったんです。

試験の流れはコチラです。

短答式試験→論文試験→実務修習→終了考査→不動産鑑定士登録

短答式試験とは…

マークシートで行う試験です。

試験科目は「不動産に関する行政法規」と「不動産の鑑定評価に関する理論」の2科目から実施します。

論文試験とは…

「民法」「経済学」「会計学」「不動産の鑑定評価に関する理論」の4科目から行います。

実務修習とは…

不動産鑑定士に必要な技能及び高度な専門的能力の習得のために、国土交通大臣の登録を受けた実務修習期間で実務修習を受けます。

実務修習の期間は、1年と2年に2種類のコースがあって選択できます。

終了考査とは…

実務修習のすべての過程において、不動産鑑定士として習得すべき技能と高等の専門的応用能力を取得しているかどうかを確認する目的で行います。

不動産鑑定士になるには、終了考査に合格したのちに登録を受けないといけません。

不動産鑑定士になるには、かなりの長い道のりですね。

不動産鑑定士の離職率

不動産鑑定士の離職率を調べてみましたが、分かりませんでした。

不動産業界の離職率は様々な要因に影響されるので、業界や地域によって変わってきます。

離職率を知りたい方は、不動産鑑定士の試験時に聞いてみましょう。

不動産鑑定士の年収

不動産鑑定士の仕事の平均年収は596万円。

日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。

月給で換算すると50万円、初任給は21万円程度が相場のようです。

求人ボックスhttps://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/

現在の日本の平均年収は461万円のようなので、100万円程高い年収のようです。

しかし、こちらはあくまでも平均なのでそれぞれの雇用主や雇用状況によって給与水準は変わってきます。

詳しく知りたい場合は、業界団体の情報を参照すると良いでしょう。

不動産鑑定士の仕事が減少

現在、不動産鑑定士の仕事は減少していると言われています。

その理由としては、長引く不況により2000年代に入ってから不動産の取引が減少傾向にあるようです。

なので、不動産鑑定にの関わる案件も減っているというのが現状のようです。

また、デジタル化が進み自動化された鑑定ルールが一部の業務を行うようになりその点も不動産鑑定士の仕事が減っている理由のようです。

不動産鑑定士に将来性はあるの?

上記で話したように現在、不動産鑑定士の仕事は減少しています。

なので、将来性があるかと言われるとなんとも言えないのが現状です。

そして、地方ではどんどん人口も減ってきていて不動産物件の動きも鈍くなっているようです。

また、不動産鑑定士の仕事はほぼ公的機関からの依頼に頼っている面が多いともいわれているようです。

不動産鑑定士として将来を見据えているならば、都心で働くといいでしょう。

不動産鑑定士の魅力は?

不動産鑑定士の魅力はいくつかあります。

専門の知識を深めることができます。

不動産市場や評価に関する知識を身につけ、専門家としてのスキルを磨くことが出来ます。

また、社会への貢献が感じることが出来ます。

不動産の正確な価値を評価することで、不動産取引や投資が公正に行われ社会全体に良い影響を与えることが出来ますよね。

そして、不動産鑑定士は様々なキャリアパスがあり、公的な機関から不動産会社まで様々な場所で働くことが出来、独立して自らの事業を展開することもできます。

変動のある環境で仕事することができるので、常に新しい学びと挑戦がまっていますよ。

不動産鑑定士はやめとけと言われる理由は?

不動産鑑定士はやめておけと言われる理由は3つあります。

それがコチラです。

  • 新人は就職が難しい。
  • 需要が不安定。
  • 仕事が単調。

それぞれ、説明していきます。

新人は就職が難しい

資格取得が難しく、専門的な知識やスキルが必要になってきます。

競争も激しいため、資格を持っているだけではなかなか採用されません。

また、経験がない新人は経験者と比較して雇用されることが難しいです。

業界内での人脈やネットワークも新人の就職に影響を与えてしまいます。

需要が不安定

不動産鑑定士は需要が安定しないんですね。

それは、景気の影響を受けるからです。

不動産市場が変動すると、需要もかわります。

市場が好調な時は需要が増えて、逆に不調な時は需要が減ることがあります。

経済が不安定な時期や不況の時期には、不動産の需要が低下しやすいので不動産鑑定士の需要にも影響を及ぼしてしまいます。

仕事が単調

同じ手順が繰り返されたり、デスクワークが中心だったりします。

毎日が似たような感じで、作業が予測可能なパターンになりがちです。

ただし、これは個人の好みによるものなので、これに飽きてしまう方もいるようです。

不動産鑑定士が向いている人は?

不動産鑑定士に向いている方はどのような方でしょうか?

それがコチラです。

  • 数字やデータに抵抗がない。
  • 客観的に考えられる。
  • 論理的思考力がある。
  • 体力が十分ある。
  • フットワークが軽い。
  • 責任感がある。
  • 常に新しい情報に敏感。
  • 細かいことに気が付ける。

それぞれ説明していきます。

数字やデータに抵抗がない

数字やデータに抵抗がない人は、不動産鑑定士の仕事に向いていると言えます。

不動産鑑定士は、物件の評価や市場動向の分析など数値に基づく業務を担当します。

データに対して感じる抵抗がないと、仕事を効果的にこなす上で重要です。

客観的に考えられる

不動産鑑定士には、客観的に物事を評価して分析する能力が求められます。

客観的な視点でデータや情報を扱い、物件や市場の評価を客観的かつ正確に行うことが重要になってきます。

客観性を持って、主観的な考えをせずに評価ができる能力が必要になるからです。

論理的思考力がある

理論的思考能力がある人は、不動産鑑定士の仕事に向いています。

鑑定士は数値やデータを分析して、物事を理論的に組み立てて評価する必要があります。

理論的思考能力が高いと、物件の評価や市場の動向をより深く理解して正確で客観的な判断を下すことが出来るので、仕事を効果的にこなす上で大きな利点となります。

体力が十分ある

デスクワーク以外にもフィールドワークもあります。

物件の内部や外部を実地調査することがあります。

これは、長時間の歩行や立ちっぱなしの状態を伴うことがあるのでこれらの活動において体力が十分あるといいです。

フットワークが軽い

フットワークが軽いと不動産鑑定士の仕事に向いてと言えます。

不動産鑑定士の業務には実地調査や物件の現地確認が含まれていることがあります。

なので、フットワークが軽い人はこれらの業務を効率的かつ迅速にこなすことが出来るんですね。

責任感がある

責任感がある人は不動産鑑定士にとても向いています。

物件の正確な評価や報告書の作成などでクライアントに対して責任感を負います。

責任感があると、クライアントに正確で信頼性のある情報を提供して法令や規制を厳守することが出来ますよね。

クライアントとのコミュニケーションも円滑に行い信頼関係も築けることが出来ます。

常に新しい情報に敏感

常に新しい情報に敏感な人は、不動産鑑定士に向いています。

不動産市場や法令、技術などが絶えず変わる中で敏感な不動産鑑定士は素早く最新の情報をキャッチしてそれに対応しなくてはなりません。

これができると、市場の変動や競争の中で優位性を保ちやすくなります。

新しい情報への敏感さは成功につながる要素となっています。

細かいことに気が付ける

細かい点に気を配れる人は、不動産鑑定士に向いています。

物件の評価やデータ入力、報告書の作成など、仕事の隅々まで注意深く対応できることが重要となります。

これができると、評価の正確さやクオリティがぐんとアップしてきます。

なので、細かいことに気が付けることは大事なスキルです。

不動産鑑定士になるには?

不動産鑑定士になるには、上記で記載した不動産鑑定士の国家資格の試験に合格する必要があります。

合格することで、不動産鑑定士として登録ができます。

国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録するには、各地にある同省の地方整備局に登録申請書を提出してください。

それで登録が出来れば不動産鑑定士として働くことが出来ます。

不動産鑑定士の勤務先は?

不動産鑑定士の勤務先はいろいろあります。

それがコチラです。

・不動産鑑定会社

専門の鑑定会社で働いて、クライアントからの鑑定依頼に応じたり、プロジェクトに参加したりします。

・不動産コンサルティング会社

不動産コンサルティング会社やコンサルティング部門では、鑑定業務だけでなく戦略的なアドバイスやコンサルティングも行います。

・金融機関

銀行や証券会社で、不動産の価値を評価したり担保としての評価を行ったりします。

・不動産開発会社

不動産開発に携わり、プロジェクトの評価や戦略的アドバイスを提供することがあります。

・法律事務所

法的な問題に関連する鑑定業務に携わることがあります。

・自治体や行政機関

地方自治体や国土交通省などで、土地利用や都市計画に関する鑑定後有無を行います。

不動産鑑定士を目指す場合の注意点

不動産鑑定士を目指す場合の注意点があります。

不動産鑑定士には専門的な知識が必要となってきます。

関連する法令や鑑定方法、市場動向などに深い理解を持つことが必要です。

そして、不動産市場や法令は変化することもあるので、継続的な学習と情報収集を怠らず常にトレンドや要件に対応できるように心がけておくことが必要です。

これらのことを注意して、計画的に不動産鑑定士としての勉強をしていきましょう。

「不動産 鑑定士の惨状」を検索する人がよく思う質問4選

不動産鑑定士 なぜ 少ない?

試験の難易度が不動産鑑定士の減少につながっている様です。

不動産鑑定士は最高峰の資格ですか?

不動産系資格の最高峰で、仕事の領域は幅広いです。

不動産鑑定士は独立しやすい資格ですか?

資格を取ることで独立開業しやすい職業です。

不動産鑑定士の出身大学は?

早稲田大学、慶応大学、中央大学が多い傾向の様です。

まとめ:不動産鑑定士の現況を認識してから不動産鑑定士を目指そう

いかがでしたか?

今回は、不動産鑑定士いついて説明しました。

不動産鑑定士の資格は、取得は難しいですが就職が難しいのも現状のようです。

目指している方は、現状をしっかりと把握してから目指していくと良いでしょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次