\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

花言葉は「出会えてよかった」|出会えた感謝を花に乗せて伝えよう

花言葉は「出会えてよかった」|出会えた感謝を花に乗せて伝えよう

「出会えてよかった」と心から感じたことはありますか?

出会いとは、人生にとってとても大切な瞬間のひとつです。

人との繋がりを大切にし人との出会いや関係性を育むことで、より豊かな人生が送れるようになります。

たくさんの人と出会う中で、自分の価値観に影響を与えてくれる人や人生のパートナーに出会えたりと特別な出会いもあります。

自分自身にプラスの影響を与えてくれた人、これからも大切にしていきたい人に感謝の気持ちやこれからも一緒にいたい気持ちを伝えたいけれど改めて伝えるのってなかなか小っ恥ずかしくて・・と感じる人もいると思います。

花に添えて伝え、印象に残る時間を演出してみてはいかがでしょうか?

花言葉「出会えてよかった」と伝えられる花の紹介と、渡すときの注意点について解説します。

相手に伝わる花選びとシチュエーションを演出してみてください。

目次

「出会えてよかった」という意味の花言葉を持つ花

花には、その美しさや色合い、本数から生まれる「花言葉」があります。

「出会えてよかった」という花言葉には、人生に大きな影響を与えた出会いに感謝する意味が込められ、常に成長し続けるということを表しています。

家族や恋人、友人、職場仲間など伝えたい相手との関係性は様々あると思います。

「出会えてよかった」という直接的な意味を持つ花はありませんが、伝えたい相手をイメージして選ぶことが大切です。

5本のバラ|色と本数によって変わる花言葉

バラが色や本数によって花言葉が変わるのは有名です。

5本のバラの花言葉が「あなたに出会えた心からの喜び」です。

5本なら受け取った人も気後れしなくて済む本数かと思います。

また、送る相手との関係性で色を選ぶと良いでしょう。

赤は「愛情」「情熱」、白は「純潔」「深い尊敬」、ピンクは「しとやか」「上品」「可愛い人」、黄は「友情」、オレンジは「絆」「信頼」、紫は「気品」「尊敬」です。

恋人には赤やピンク、友人なら黄色やオレンジ、上司には白や紫といったところでしょうか。

またこれからも一緒にいたいという意味が伝わる本数としては、

6本 :あなたに夢中、お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう
9本 :いつもあなたを想っています、いつも一緒にいてください
13本:永遠の友情
50本:恒久
99本:永遠の愛、ずっと好きだった
101本:これ以上ないほど愛しています

高級感のあるバラは単体でも十分なオーラを放ちますので、シンプルなラッピングがおすすめです。

特別な人と出会えたことに感謝する気持ちを込めたロマンチックなバラは、心に深く残る贈り物となることでしょう。

出会いの季節「春の訪れ」を連想させるキブシ

キブシ(木五倍子)という花をご存知ですか?

キブシ科キブシ属の5メートル程にもなる落葉樹で、春先には枝からクリーム色の花を房状に咲かせます。

連なって花を咲かせるため「出会い」や「待ち合わせ」という意味があり、人と人との繋がりを連想させる花です。

藤の花姿に似ていることからキフジ(黄藤)と呼ばれることもあります。

見た目は少し地味なので花束として渡すなら他の花と組み合わせるのもおすすめです。

茶花や生花として人気があるので花を趣味としている人に送ると、喜ばれるかもしれません。

イメージとしては少しクールな印象なので、相手のキャラクターに合わせて選ぶのも良いですね。

ただし、キブシには「嘘」という花言葉もあるため花に詳しすぎる人渡すときには注意が必要です。

由来ははっきりとはわかっていませんが、遠くから見ると実がぶらさがって見えるが近づくと花だったという人も多いからかもしれません。

出会えた奇跡に感謝|伝えたい意味を込めた花を選ぼう

他にも「出会えてよかった」と間接的に伝えられる花は多く存在します。

ピンクのカーネーション:感謝
赤いカーネーション:あなたに会いたくてたまらない

母の日に送る花としても有名で華やかな見た目なので、女性に送るにはピッタリの花ですね。

ヨーロッパでは、本数にも意味を持たせているそうなので以下参考にしてみてください。

1本:感謝
2本:誠実
3本:幸福
4本:信頼
5本:希望
6本:愛情
7本:情熱
8本:真実
9本:尊敬
10本:栄光
11本:努力
12本:永遠

ジャスミン:一緒にいたい

ジャスミンは香水にもよく使われる魅惑的な香りが特徴の花で、見た目も白で可愛らしいですよ。

これからもずっと一緒にいたい相手に贈るのがおすすめです。

もちろん出会いがあれば別れもあります。

別れのシーンで、出会えてよかったと感謝を伝えられる花も紹介します。

胡蝶蘭(こちょうらん):幸福が飛んでくる

代表的な白意外にも、ピンクや黄、紫などの色もあります。

白が「純粋」、ピンクが「あなたを愛します」という意味です。

お祝い事や送別会などでは、白の胡蝶蘭がいちばん人気ですが、白い花びらの中心が赤く染まったリップ系の胡蝶蘭も、紅白で縁起が良いとされ、ギフトにおすすめです。

スイートピー:蝶のように飛翔する、門出、別離、優しい思い出、永遠の喜び

これらの花言葉は、ふわふわと華やかな花びらがまるで蝶のように見える様子に通じています。

別れ難いけれど、門出を祝福するという気持ちが伝わりますね。

大切な人へ|気持ちが伝わる渡し方と注意点

花を選べたら、用意する際に注意して欲しいことと渡し方の演出方法をお伝えします。

相手からすると「考えて準備してくれたんだな」と感じるだけでも、より気持ちが伝わるのではないでしょうか。

相手の好みや性格にぴったりのサプライズを用意してあげてください。

付加価値をつける|①メッセージカードで言葉も伝えよう

メッセージカードを添えることで、話し言葉では照れ臭いことも伝えられます。

恋人に対して、ロマンチックな演出をしたいときにおすすめです。

メッセージカードを添えるときのポイント
  • カードは、花やラッピングに合ったデザインを選ぶ
  • 花とラッピングの間にカードを入れる(目立たせたい場合は、花に直接付ける)
  • 花言葉に少し触れた文章にする
  • 自分の言葉で、相手に伝えたいことを書く

花は枯れてしまいますが、メッセージカードがあれば記憶とともに残しておけるというところが最大のメリットではないでしょうか。

しかし花やネットに疎い人には、せっかく選んだ花言葉も伝わりづらくなってしまいます。

そこで、文章の中で花言葉についても少し触れておくと選んだ意図が伝わり、より喜んでもらえると思います。

また、恋人との思い出の写真をメッセージカードに貼るのもアイディアとして面白いのではないでしょうか。

花束を渡した後に、別で写真付きメッセージカードを渡すと2段階の喜びが味わえます。

「正しい言葉」よりも「相手を喜ばせたい気持ち」を忘れず、相手に合わせた言葉遣いで具体的なエピソードを交えて書くとさらに記憶に残るメッセージになります。

付加価値をつける|②渡すシチュエーションを演出

渡すタイミングや雰囲気の演出は、重要なポイントです。

演出に重要なポイント
  • 相手の都合を配慮した時間帯
  • 好きな場所(思い出の場所)
  • 一緒にいる時間のなかで適当なタイミングで渡す
  • 相手の目を見て、一言添えて渡す
  • 渡すときの服装にも配慮する


相手のことを理解し、「何時頃が良いのか」「好きなもの、場所」を考慮した上で渡すと良いでしょう。

また盛り上がりのタイミングで渡した方が気持ちも高揚しやすいので、最初に渡すよりも場が温まってから渡すのがおすすめです。

渡す相手や場所によって、TPOを加味した服装で渡しましょう。

レストランなら正装で、カジュアルな場所や外なら気張らない服装の方が違和感なく渡せると思います。

気にかける点は多いですが、相手を想い準備も楽しめると良いですね。

花を贈るシチュエーションは多岐にわたるので、相手が喜んでもらえることを想像して作り上げてみてください。

ケガをしないよう配慮しよう

トゲがある場合は、ラッピングする際に取り除いてもらいましょう。

せっかく演出しても、ケガをさせてしまっては場がしらけてしまいますので細心の注意を払ってください。

ラッピングする際の注意点は他に

  • 本数、色は合っているか
  • ラッピングのデザインはイメージ通りか
  • メッセージカードなど入れ忘れはないか
  • 花の鮮度は良いか

お花屋さんやネットで購入した際にも、自分の目で最終確認をして後悔のないようにしてください。

「出会えてよかった」と伝える花選びと渡し方まとめ

あなたが送りたい相手に相応しい花は見つかりましたか?

準備には、たくさん考えることややることがありますが渡したときの相手の表情や気持ちを思い浮かべて楽しんでください。

ロマンチックな雰囲気は苦手だなぁと感じている人も、カジュアルな雰囲気で渡すこともできますし花をもらって嬉しくない人はなかなかいないと思います。

たまにはサプライズを演出することも刺激になり、良好な関係が続きますよ。

花言葉を理解し、花に添えて伝えることで特別感を感じ記憶に残る特別な日を演出してみてはいかがですか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次