\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

はいはいミルクが安い理由は?粉ミルクはいはいは太るかについても検証!

はいはいミルクが安い理由は?粉ミルクはいはいは太るかについても検証!

「和光堂のはいはいは、なんでそんなに安いのかな?」

「はいはいの粉ミルクが安いと聞くけれどその理由って何?」

子育て経験のある方やこれから子育てをしていく予定の方になかにはこのような疑問を抱いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、和光堂レーベンスミルクはいはいが安い理由や魅力などはいはいについてに気になる点をまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

目次

はいはいミルクが安い理由は?

粉ミルクの中でも和光堂のはいはいは比較的安く購入することができます。

その理由は、広告宣伝費を大きく掛けていないからです。

和光堂では広告宣伝費分を子育て応援プライスとして、製品に還元し、求めやすい価格で販売しているのです。

粉ミルクを使っている側としてはとてもありがたいことですね。

また、出産経験のある方だと分かりやすいのが病院でいただくサンプルです。

他社メーカーだと営業の方がサンプルを持ってきて授乳の話をすることがあります。

しかし、和光堂ではそれも行っておりません。

はいはいミルクの値段は?

安価に購入できるといわれるはいはいの粉ミルクはいくらで販売しているのでしょうか。

一般的に大缶の810gだと約2000円前後で販売していることが多いようです。

続いて小缶300gは約1000円前後、スティックパックは約600円ほどで販売しています。

店舗やサイトによっても多少異なります。

はいはいミルクの種類は?

和光堂公式HP

はいはいの粉ミルクの種類は大缶の810g・小缶の300g・スティックパック(13g×10本)の3種類あります。

スティックパックは1袋で100㎖のミルクを作ることができます。

また、大缶・小缶の使用期限は開封してから30日以内とされています。

お出掛けや帰省する際はスティックパックや小缶だと持ち運びも楽なのでおすすめです。

和光堂レーベンスミルクはいはいと他社メーカーの価格比較

はいはいの粉ミルクは他社と比べてどのくらい価格が違うのでしょうか。

こちらでは他社メーカーの粉ミルクの価格比較を表にまとめてみました。

はいはい大缶
(810g)
ほほえみ
(800g)
ぴゅあ
(820g)
アイクレオ
(800g)
すこやかM1
(800g)
はぐくみ
(400g×2)
約2000円約3000円約2000円約2500円約3000円約2200円

比べてみるとはいはいの粉ミルクと同様にぴゅあも同じような価格帯であることが分かります。

しかし、2000円以下で販売していることが多いのは、はいはいが多いようです。

和光堂レーベンスミルクはいはいを購入できるところは?

和光堂レーベンスミルクはいはいを購入できるところはどこがあるのでしょうか。

店舗だとドラックストアやアカチャンンポトイザらス/ベビーザらス西松屋、大型スーパーなどで取り扱いがあります。

ネットショッピングだとAmazon楽天市場などでも購入できます。(送料にご注意ください)

和光堂レーベンスミルクはいはいをさらにお得に購入するコツ

和光堂レーベンスミルクが安価で購入できることが分かったものの、できれば少しでもお得に購入したいですよね。

では、どのように購入するのはお得に購入するコツなのでしょうか。

チェックしてみましょう。

単品購入

単品で購入する場合は基本的に店舗がおすすめです。

ネットで購入する場合は送料がかかってしまう可能性があるためです。

なので、購入する時は送料のチェックも忘れずに。

まとめ買い

授乳を完全にミルクのみにしている方や母乳と混合であげている方は大缶のまとめ買いをするのがおすすめです。

まとめ買いで安く購入出来たり、ネットで購入すると重くかさばってしまう粉ミルクも玄関先まで届けてくれるからです。

おまけつき

和光堂レーベンスミルクを複数個まとめて購入すると、手口拭きやおしりふき・スティックパックなどのアイテムがついてくることがあります。

よく見かけるのが大缶2個パックで和光堂のおしり拭き1袋がついてくるセットです。

トイザらス公式オンラインストア

トイザらスのオンラインストアでは大缶2個パックで和光堂のおしりふき(50枚入り)さらに店頭で使用できる200円引きクーポンがついてくるようです。(2023年1月現在)

西松屋公式オンラインストア

西松屋のオンラインストアでは大缶6個パックではいはいのスティックパックが2箱(1200円相当)ついてきます。

ただし、送料が税込690円(沖縄は税込1,296円)別でかかってしまうので実際は13,754円ということになります。

スティックパックが付いてくることを考えても少しだけ高くなってしまいますがネットショッピングをすることが多いという方にはよいかもしれません。

店舗では大缶3個パックでスティックパックが1箱ついてくるセットをみかけたことがあります。

近くに店舗がある方はそちらの方でもよいかもしれませんね。

和光堂レーベンスミルクはいはいの魅力は?

和光堂のはいはい粉ミルクの魅力にはどのようなことがあるのでしょうか。

はいはいの魅力を7つに絞ってご紹介します。

安い

はいはいの粉ミルクは比較的安価に購入することができます

上記でも説明してある通り、広告宣伝費を子育て応援プライスとして製品に還元することで必要としている方に購入しやすい努力をしているのです。

母乳に近い成分

はいはいの粉ミルクは母乳をお手本に作られた粉ミルクです。

母乳の代わりに安心して赤ちゃんにあげられるような工夫をしています。

和光堂公式HP

はいはいの粉ミルクは母乳に近い原材料や割合を考えたり、0歳から1歳ごろまでの赤ちゃんに必要な栄養成分を取り入れて作られています。

母乳のみだと不足しがちなビタミン・ミネラル類もバランスよく配合されています。

100年続いた品質

和光堂公式HP

和光堂は日本で初めて粉ミルクを作っており、その歴史はなんと100年を超えています。

そして、和光堂の創始者である弘田博士は日本で初めて小児科を設置した方なのです。

当時から今も変わらず赤ちゃんのために安心して栄養を与えられるようにと考えられているのです。

泡立ちにくい

はいはいの粉ミルクは、ミルクを作る際に多少振っても泡立ちにくい特徴があります。

泡立ちにくいからミルクを与えた時に赤ちゃんも飲みやすいです。

作りやすい

はいはいの粉ミルクはフタの裏ですりきりができるので手早く計ることができます。

フタにすりきりが付いていることでフタを開ける手間を省くことができます。

他のメーカーでは缶自体にすりきりをついていることも多く、蓋を外す手間がかかります。

溶けやすい

はいはいの粉ミルクはさっと溶けやすいという点も特徴の一つです。

溶けにくい粉ミルクだと沢山振ってしまい、その分泡ができやすくなり赤ちゃんが飲みにくくなってしまいます。

湯冷ましで作れる

和光堂公式HP

はいはいの粉ミルクを作る際は、粉ミルクを哺乳瓶に入れてから最初は一度沸騰させた70度以上のお湯を入れますが粉ミルクが溶けてからは出来上がり量まで湯冷ましを追加して作ることができます

粉ミルクはいはいは太る?

育児している方の中には、はいはいの粉ミルクをあげていると太りやすいという噂を聞いたことありませんか?

実際のところはどうなのでしょうか。

結論、はいはいの粉ミルクを飲んでも太るとは限らないです。

太るとされているのはミルクのあげすぎや赤ちゃんの体質など様々なことが考えられるからです。

それは他の粉ミルクも同様です。

粉ミルクはいはいにおいて放射能の心配は?

粉ミルク製造での放射性の心配をする方もいらっしゃると思います。

和光堂では東日本大震災直後から現在に至るまで放射性物質が検出されたことはないので安心して使用することができます。

和光堂の公式サイトでも製造時における放射性物質分析結果を見ることができます。

和光堂公式HP

和光堂レーベンスミルクはいはいの口コミ・レビュー

実際に和光堂のはいはいミルクを使っている方の口コミを一部ピックアップしてみました。

リアルな口コミを見てみるとはいはいの粉ミルクは腹持ちが良い・お通じが良くなるという声も上がっていました。もちろん赤ちゃん一人ひとり、味の好みや合う・合わないはあります。もし、気になっているという方や違う粉ミルクも試してみたいという方はスティックタイプから始めてみるのがおすすめです。

「はいはい ミルク 安い理由」を検索する人がよく思う質問4選

はいはい 粉ミルク 何度?

はいはいでミルクを作る時は、一度沸騰させた70度以上のお湯を作る量の3分の2ほど入れて、粉ミルクが溶けるまで哺乳瓶を振ります。

そして、残りの3分の1は70度以上のお湯または湯冷ましを入れて体温と同じくらいの温かさになってから赤ちゃんにあげていきます。

また、哺乳瓶の外側が冷めてても中のミルクは冷めていない可能性もありますので注意が必要です。

はいはい ミルク 何ヶ月から?

はいはいの粉ミルクは0か月から使用できます

目安として1歳の誕生日ごろまでとされています。

また、ミルク粥やパン粥などの離乳食にも使えるので使用期限内に使いきれない場合でも活用できます。

ちなみに離乳食を3回食まで順調であれば同じ和光堂のフォローアップミルクのぐんぐんに切り替えもできます。

粉ミルク はいはい 何グラム?

ハイハイの粉ミルクは3種類のラインナップがあります。

大きいサイズで1缶810g・ミニサイズで1缶300g・持ち運びに嬉しいスティックタイプの13g×10袋入りの3アイテムになっています。

出産後帰省する時や母乳と混合にしている場合、お試しで使ってみたいという方はスティックタイプや小缶が便利です。

はいはい ミルク どれくらい?

はいはいの粉ミルクは添付のスプーンすりきり1杯で20㎖のミルクを作ることができます

授乳が完全ミルクという場合は3か月以降になると1日当たり200㎖を5回あげることになります。

そうなると、大缶を購入したとしても6日間ほどで消費してしまうのです。

一方で混合ミルクという場合は缶を開封してから30日以内が使用期限になるので注意したいところです。

まとめ:はいはいミルクは安くても問題なく安心できるミルク

今回は、和光堂レーベンスミルクはいはいが安い理由や魅力などはいはいについてに気になる点をまとめてみました。

  • はいはいが安い理由は広告宣伝費分をほとんどかけずに子育て支援プライスとして製品に還元しているため安価な価格で提供することが出来ている。
  • そのため、安いからといって製品自体に問題があるわけではない。
  • 安心して赤ちゃんに栄養を与えられるように母乳に近づけた成分や味を追求し、母乳に足りないビタミン・ミネラル類をバランスよく配合している。
  • 購入する際は、大缶の2個セットや3個セットにはおしり拭きやスティックパックなどのおまけがつくこともあるため基本的にまとめ買いがおすすめ。

はいはいの粉ミルクは安心して使えることが分かりました。

はいはいがどういう商品なのか気になっていた方や他の粉ミルクと比較したいという方の参考になれれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次