\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

dポイント投資はほったらかしで大丈夫?dポイント投資をやってみた口コミ・評判

dポイント投資 ほったらかし

近年、ポイントでの投資ができるサービスも増えてきましたね。

ドコモが提供しているdポイントでも投資ができるのをご存じですか?

dポイントでの投資は、ほったらかしで運用している人も多くいるようです。

しかし、本当にほったらかしでも大丈夫なのでしょうか?

今回は、dポイント投資はほったらかしで大丈夫なのか、そもそもdポイント投資とは何なのか、dポイント投資をする上で知っておきたいことをご紹介していきます。

目次

dポイント投資はほったらかしで大丈夫?

dポイント投資は、ほったらかしでも大丈夫です。

特に、投資初心者は株価の上がり下がりを読むこともできない人が多いため、ほったらかしの方が良いかもしれません。

もちろん、完全にほったらかしにするのはいけません。

時に、ポイントを追加投資しつつ、株価の動きは定期的に見る必要があります。

それでも本格的に株価の動きを読み、損切りをしたりせずともdポイント投資は運用することができます。

ただし、大暴落するようなこともあるため、経済や株価の動きは見ておきましょう。

dポイント投資は増えないって本当なの?

dポイント投資は増えないことはありません。

どの投資でも言えることですが、数か月内で上がり下がりを繰り返します。

特に初めてすぐは下がることもあるため、そのような点から「増えない」といった声が挙がったのではないかと考えられます。

しかし、株価は上がり下がりを繰り返すもので、数か月では確実な儲けを出すことは難しいです。

dポイント投資でも、増やすためには数年単位で見ていく必要があります。

気長に投資を続けていれば、増えることの方が多いと思われます。

もちろん、大暴落により元本割れなどが起きることは考えられますが、ほったらかしでプラスに転じるのを待っていれば増えていくでしょう。

dポイント投資をほったらかしでやってみた人の口コミ・評判

dポイント投資は、利用の手軽さや気軽さから多くの人が利用しています。

また、ほったらかしで運用している人も多く、X(旧Twitter)にも多くのツイートがありました。

一部ご紹介していきます。

dポイント投資は、基本ほったらかしで運用している人が多くいます。しかし、ほったらかしでひどい目に合っている人というのはおらず、比較的皆さんプラスになっているようです。ほったらかしで資産が増えるなら、こんな簡単なことはないですよね。

そもそもdポイント投資とは?

dポイント投資は、ドコモが提供している資産運用のサービスです。

ドコモの利用などで貯まるdポイントを使って投資をしていきます。

1ポイントから投資ができ、投資先は11種類で基本は自動運用となっています。

ポイントで投資ができるため、現金の用意がなくても気軽に始めることができます。

dポイント投資は利用できる人や運用コースに決まりがあるため、それぞれ詳しくご紹介していきます。

dポイント投資を利用できる人

dポイント投資を利用できる人は、dアカウントを持っている人なら可能です。

dアカウントとは、ドコモのサービスを利用する際に必要なアカウントです。

また、アカウントの作成は無料で、ドコモの携帯を持っていなくても作ることができます。

作成には『メールアドレス・氏名・生年月日・性別』の入力が必要で『dアカウントIDとパスワード』の作成も必要になります。

とても簡単に作成することができるので、dポイント投資を検討している人はぜひ作ってみてくださいね。

運用コース

運用コースは『アクティブコース』と『バランスコース』の2つがあります。

アクティブコース

  • 債券よりも株式に大きく比重を置いているコースで、高いリターンを目指す

バランスコース

  • 株式よりも債券にやや比重を置いているコースで、安定したリターンを目指す

つまり、積極的に投資を行いハイリターンを求める人はアクティブコース

そこまでのハイリターンは求めずに、安定して投資を行いたい人はバランスコースが良いでしょう。

コースの変更は、あとから簡単にできます。

また、コース変更のキャンセルも注文締切時刻までは可能となっています。

dポイント投資のメリット

dポイント投資のメリットは多くあります。

  • ポイントを使って1ポイントから投資可能
  • 口座開設不要
  • ほったらかし運用ができる
  • dポイントが無駄にならない
  • ドコモ利用者は特に利用しやすい

dポイント投資は、ポイントを使って投資ができ、最低ポイント数は1ポイントから投資ができます。

また、ポイントは知らないうちに貯まっていることもあり、無駄にしてしまうこともあるでしょう。

特に、ドコモ利用者は携帯代の支払いでポイントが貯まっていくため、知らないうちに結構なポイント数になっていることもあります。

ポイントが投資に利用できることで、dポイントを無駄にしてしまうことがありません。

また、dポイント投資を利用するにあたって、口座開設は不要のため思い立ったらすぐに始められます。

さらに、ほったらかしでも運用ができるため、常にチェックする手間がありません。

とても簡単に、無駄なく気軽に運用できるのがdポイント投資のメリットと言えます。

dポイント投資のデメリット

dポイント投資のデメリットはいくつかあります。

  • dポイントが減ってしまう可能性
  • 大きな利益は得られない
  • 期間限定ポイントなどの利用は不可
  • ポイントの追加や引出は即時反映されない

dポイント投資は、絶対に儲けられるわけではありません。

そのため、dポイントが減ってしまう可能性ももちろんあります。

さらに、通常の投資と異なり疑似投資のようなサービスのため、大きな利益はあまり期待できません。

大きな利益を求める人は、ポイント投資よりも現金の方が利益は得られる可能性があるでしょう。

また、ポイントの追加や引出は即時反映されず、反映されるまでにも株価は上下しています。

反映される時の株価で追加や引出が行われるため、損をしてしまう可能性もあります。

投資とは言え、疑似投資になるため通常の現金での投資よりも制限があるのがデメリットです。

dポイント投資のやり方

dポイント投資のやり方は大きく分けて、以下の流れでやっていきます。

  • dアカウントを作る
  • dポイントを運用ポイントに交換
  • 運用方法を選ぶ
  • 運用ポイントをdポイントに交換

dポイント投資には、dアカウントの作成が必要です。

ドコモWebサイトdアカウント設定アプリドコモショップで作成ができます。

ドコモの携帯を利用していなくても、無料で作成することができますよ。

アカウント作成ができたら、dポイント投資の利用を開始していきます。

保有しているdポイントを運用ポイントへ交換が必要です。

dポイント投資の公式サイトから交換をして、希望のコーステーマを選び、運用方法を決定していきます。

運用を開始して、利益が出たら運用ポイントからdポイントへ交換します。

運用ポイントへの交換も、dポイントへの交換もどちらも手数料はかかりません。

以上がdポイント投資のやり方で、比較的簡単に運用することができますよ。

dポイント投資のテーマでおすすめはある?

dポイント投資のテーマにおすすめはありません。

テーマは『おまかせ運用』か『テーマ運用』から選べます。

おまかせ運用は、先で紹介したアクティブコースとバランスコースが選べるようになっています。

また、テーマ運用いくつかの投資テーマから自分で運用する方法です。

選択できる投資テーマは以下のとおりです。

  • 日経平均株価
  • 新興国
  • コミュニケーション
  • 生活必需品
  • ヘルスケア
  • 米国大型株(THEO+限定)
  • 金(ゴールド)
  • クリーン・エネルギー
  • 日経インバース指数
  • SDGs/ESG

テーマ運用を選択した場合は、上記から1つテーマを選び、そのテーマの企業などが好調なときは運用ポイントが増えていく仕組みです。

自分の興味あるテーマから特定の市場に投資がおこなえます。

dポイント投資でマイナスになることはある?

dポイント投資でもマイナスになることはあります。

運用成績が悪ければ、マイナスになってしまうことはあり、実際始めてすぐはマイナスになっている人も多くいます。

しかし、マイナスになったからといって現金を支払わなくてはならないわけではありません。

運用ポイントが減るだけで、0未満になってしまうことはないので安心してください。

そのため、ポイントを失ってしまうだけで、特別損失に対してさらに失うようなことはありません。

dポイント投資で上手くいくコツは?

dポイント投資で上手くいくコツは『dポイントを貯める』ことです。

dポイント投資を行うためには、dポイントが必要です。

また、少し投資しただけではあまり大きな利益は期待できません。

リターンをしっかりと受け取るためにも、dポイントを貯めて追加投資をしていくことが大切です。

dポイントを貯めるためには、dカードを利用したり、ドコモ光ドコモのサービスを多く利用していくと良いですね。

また、買い物をd払いでしたり、dポイントカードの提示をしたりすることで、dポイントが少しずつでも貯まっていきます。

dポイントを貯めていき、運用ポイントを増やして投資を楽しみましょう。

「dポイント投資 ほったらかし」を検索する人がよく思う質問4選

ドコモのポイント投資をやめたいのですが?

dポイント投資をやめるには、運用ポイントを引き出すことでやめることができます。

また、メール配信なども配信停止しておくことで重要なメール以外は届かなくなりますよ。

Dポイント投資で確定申告は必要ですか?

dポイント投資で得た利益が、50万円を超える場合は確定申告が必要です。

逆を言えば、50万円未満の利益なら確定申告は必要ありません。

Dポイント投資で税金はいくらかかりますか?

dポイント投資で得た利益が、50万円を超える場合は税金がかかります。

運用益に対して20.315%の税金がかかってきます。

Dポイントが勝手に減るのはなぜですか?

dポイントには有効期限があります。

ポイントを獲得した月から起算して48カ月後の月末が有効期限となります。

また、キャンペーンなどで得た期間限定ポイントなどはもっと短い場合もあります。

まとめ:dポイント投資はほったらかしでもできる!

今回は、dポイント投資についてご紹介してきました。

dポイント投資は、1ポイントから投資が始められ、ほったらかしでもできるため多くの人が利用しています。

ポイントを利用するため、気軽で簡単に投資体験ができ、利益がでることもあります。

たとえ利益が出ずにポイントが減ってしまったとしても、0未満にはならないため安心です。

口座開設手数料利用料もなしで始められるdポイント投資、気になる人はぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次