\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

電気シェーバーは飛行機で預ける?【ana・jal】国際線・国内線ルールを調査

電気シェーバーは飛行機で預ける?【ana・jal】国際線・国内線ルールを調査

旅行や帰省の荷物の準備の時に、「これは機内に持ち込めるのか?預けるのか?」と悩むものがありますよね。

その一つとして、電気シェーバーが挙げられると思います。

そして、持ち込みのルールも国内線・国際線によって違いますよね。

そこで今回は、電気シェーバーは預けないといけないのか?ルールなども調べていきたいと思います。

目次

電気シェーバーは飛行機で預けるべき?

電気シェーバーは、飛行機で預けないといけないのでしょうか?

  • 国内線
  • 国際線

それぞれ、どのようなルールなのか見ていきましょう。

国内線

国内線での持ち込みは、大丈夫です。

ただ、航空会社によって規定が異なる場合があるので、具体的な持ち込みの規定を確認することが大切です。

飛行機に持ち込む際は、電源をしっかりとOFFしておきましょう。

国際線

国際線でも電気シェーバーの持ち込みは、大丈夫でした。

電気シェーバーは制限なく持ち込みすることができるので、海外にも安心して持っていけますね。

コチラも機内のなかでは、電源はしっかりとOFFにしておきましょう。

充電式シェーバーのリチウム電池は持ち込み規制に引っかかる?

電気シェーバーは機内に持ち込みできることが分かりました。

しかし、電気シェーバーのリチウム電池は持ち込み規制にひっかかることがあるのでしょうか。

  • ワット時定格量が100Wh以下のもの
  • ワット時定格量が100wを超え160w以下のもの
  • それ以上のもの

それぞれ、説明していきます。

ワット時定格量が100Wh以下のもの

100Wh以下のリチウム電池は、飛行機の手荷物として持ち込むことが可能となっています。

飛行機に持ち込む場合は、このようなことを求められる場合があります

  • リチウム電池が取り外し可能な機器の場合は、取り外してから機内に持ち込むこと。
  • 取り外せない場合は、電源をOFFにすること。

このようなことを言われたら守るようにしましょう。

ワット時定格量が100wを超え160w以下のもの

100w超え160w以下のリチウム電池は、持ち込みが可能です。

しかし、空港会社によって持ち込める個数などが変わってきます。

例えば、ANAの国内線では2個までとなっています。

なので、搭乗する空港会社に直接問い合わせるか、公式な情報を確認するようにしましょう。

それ以上のもの

160Wh以上のリチウム電池は、機内への持ち込みは許可されていません。

160Whを超えるリチウム電池は危険物とみなされているからです。

大容量のリチウム電池を搭載した機器を持ち込みたい場合は、航空旅行を避けるようにしましょう。

リチウム電池に持ち込み規制があるのはなぜ?

飛行機でリチウム電池の持ち込み規制があるのは、安全性の確保と火災・爆発のリスクを最小限に抑えるためです。

その理由がいくつかあります。

発熱と加熱のリスク:リチウム電池は使用中に発熱して、高温になる事があります。

大量のリチウム電池が密閉された機内で加熱すると、発火や爆発の危険性が高まります。

ショートサーキットの危険性:リチウム電池が物理的なダメージを受けると、ショートサーキットが発生しやすくなります。

これが起こると、電池が急激に発熱をして火災や爆発のリスクが生じます。

気圧や温度の変化:飛行機内では、気圧や温度が変化するので、これがリチウム電池に影響を与え不安定な状態になる可能性があります。

機内の安全性:リチウム電池による火災や爆発が発生すると、機内の安全性が脅かされます。

特に、飛行機内では急激に制御が難しくなり重大な事故の原因になってしまいます。

これらの要因から、持ち込みに厳格な規制を設けているようです。

リスクを最小限に抑えるためにとても必要なことですね。

電動シェーバーはスーツケースに入れて預けることもできる?

電気シェーバーは、スーツケースに入れて預けることができます。

電気シェーバーは、機内持ち込み制限や禁止事項に含まれていないので、預ける荷物に含めても問題はないようです。

ただ、いくつかの注意点があります。

電気シェーバーには内臓の充電池があり、これがリチウム電池なことが一般的です。

なので、取り外せる場合は取り外すか、電源をOFFにしましょう。

また、スーツケースに入れるときに電気シェーバーをタオルなどにまいて保護をしておくことも大切です。

移動中にスーツケース内の損傷を受けないためです。

その他、航空会社のガイドラインに従うことがとても大切です。

カミソリ・ハサミ・爪切りは飛行機に持ち込みでできる?

飛行機には、色々と荷物の制限があります。

これは、他の乗り物にはあまりありませんよね。

知らずに、持ち込んでしまったりすると飛行機に乗れなかったり、その場で捨てなくてはいけなくなってしまいます。

安全に飛行機に乗るためにも、こちらを知っておきましょう。

  • 持ち込み可能なもの
  • 持ち込み不可のもの

それぞれ、説明していきます。

持ち込み可能なもの

飛行機の荷物には、持っていけるものでも3種類に分類されます。

それがコチラです。

  • 持ち込めて預けられる。
  • 持ち込むことができるけど預けることはできない。
  • 持ち込むことができないけど預けることができる。

それぞれ、紹介していきます。

・持ち込めて預けられる。

ほとんどの荷物がコチラに該当します。

少しだけ、国内線と国際線ではルールが違います。

国内線は、飲み物は機内に持ち込むことができます。

国際線は、飲み物などの液体は100ml以下でないと機内に持ち込むことができません。

・持ち込むことはできるけど預けることはできない

預けることができないものは、主に電池関係です。

スマホやタブレット、パソコンなどの充電式バッテリーがあるものは預けることができません。

なので、これらの機器は持ち込むようにしましょう。

そして、ライターは一人1個まで持ち込めます。

・持ち込むことができないけど、預けることができる。

こちらは、刃物関係が多いです。

ハサミやカミソリ、包丁などは危険なため機内に持ち込むことはできません。

持ち込み不可のもの

絶対に持ち込むことができないものはコチラです。

  • 火薬類(花火・弾薬)
  • 毒物類(殺虫剤・農薬)
  • 高圧ガス(消火器・カセットコンロ用ガス)
  • 酸化性物質(漂白剤)
  • 引火性液体(オイルライター)
  • 可燃性物質(炭)
  • 大型工具(鉄銅製の工具・大きな工具セット)
  • 大型液晶ディスプレイ

動物は基本機内に持ち込むことができません。

しかし、特別な手続きをすることが必要となります。

以上が、一般的に持ち込めないものとなっています。

詳しくは航空会社によりことなってくるので、搭乗前に自分の利用する航空会社のガイドラインをしっかりと確認しておきましょう。

シェービングクリームやジェルは飛行機で預けるべき?

機内に持ち込めるもの、持ち込めないものが分かりましたね。

電気シェービングは、機内に持ち込むことができますがそれと一緒に使うシェービングクリームやジェルは持ち込むことができるのでしょうか?

  • 国内線
  • 国際線

それぞれ、どうなのかを紹介していきます。

国内線

国内線の機内に持ち込むためのトラベルサイズのシェービングクリームやジェルは、手荷物として認められています。

ただ、液体やゲル状のアイテムはセキュリティチェックで取り出して検査される可能性があるので、以下のポイントに留意してください。

容量制限

100ml以下のトラベルサイズの容器に入れましょう。

透明な袋

液体やゲルは透明なジップロック袋に入れて提出が必要な場合があります。

セキュリティチェック

セキュリティスクリーニングで取り出され、容器が確認されることがあります。

以上のポイントを考慮して、トラベルサイズのシェービングクリームを手荷物に入れて持ち込むことができますよ。

国際線

国際線の機内にシェービングクリームやジェルを持ち込むことも一般的に認められています。

コチラも以下のポイントに留意してください。

容量制限

液体やゲル状のアイテムは100ml(または3.4オンス)以下の少容量の容器に入れて持ち込む必要があります。

透明な袋

液体やゲル状のものを入れた容器は透明なジップロック袋に収めておきましょう。

セキュリティチェック

シェービングクリームはセキュリティチェックで取り出されて、容器が確認されることがあります。

チェック時には容器が規定に適していることも確認されます。

これらのポイントを留意して、国際線の機内に持ち込むことができます。

国内線も国際線も100ml以上のものを持っていきたい場合は、スーツケースに入れてカウンターに預けるようにしましょう。

「電気シェーバー 飛行機 預ける」を検索する人がよく思う疑問4選

飛行機にシェーバーを預けられますか?

電気シェーバーは機内持ち込み可能です。しかし、その他の剃刀は機内に持ち込むことができませんので、カウンターに預けてください。

電動シェーバーは預け入れ荷物に入れるべきですか?

預け入れでも、機内持ち込みでもどちらでも構いません。どちらかと言えば、機内持ち込みの方が無難です。

電気シェーバーは国内線の預け荷物に入れるべきですか?

電気シェーバーは、国内線でも機内持ち込みでも預け入れでもどちらでも可能です。

電気シェーバーは機内に持ち込めますか?

電気シェーバーは機内に持ち込みが可能です。持ち込む場合は、電源をOFFにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、電気シェーバーは預けないといけないのか?という事について調べました。

結果は、機内持ち込みでも、預け入れでも大丈夫でしたね。

飛行機は、目的場所によって乗っている時間がかなり違います。

自分がどちらの方が便利なのかを考えながら、荷物準備をすると良いでしょう。

その他にも、機内に持ち込み可能なものやダメなものが色々とあるので自分の登場する航空会社のサイトをチェックしておくことが大切だなと感じました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次