\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

猫が布団でトイレをするのが治らない!わざと?粗相の理由や対策グッズを紹介!

猫 布団でトイレ 治らない

猫が布団でトイレをするのは、飼い主にとって困ることですよね。

この行動にはさまざまな理由があります。

ストレスや健康上の問題、トイレの場所や砂の清潔さに関する問題が考えられます。

また、わざとなのかそでないのか、という疑問も湧いてきます。

この記事では、猫が布団でトイレをする理由や対策、効果的な対策グッズについて詳しく解説します。

目次

猫が布団でトイレをするのはなぜ?

猫が布団でトイレをする行動には、様々な理由が考えられます。

一般的には、ストレスやトイレの場所や砂の清潔さに関する問題、猫の健康状態などが影響する可能性があります。

ここではその1つ1つについて解説をしていきたいと思います。

不適切な排泄行為とは?

猫が布団でトイレをする行為は、不適切な排泄行為として知られています。

猫が通常のトイレボックスの代わりに布団やベッドなどの柔らかい場所で排泄する行為は、飼い主にとって非常に不快なことだといえます。

不適切な排泄行為は、猫がトイレを我慢してしまうストレスや不安、またはトイレの場所や砂の清潔さに満足していない場合に起こります。

また、猫が排泄行為に適した場所を見つけられない、トイレボックスが清潔でない、猫がトイレボックスを不快に感じるなどが考えられます。

去勢の有無も判断基準になる

猫が不適切な場所で排泄する行為には、去勢手術の有無も影響を与えることがあります。

去勢されていない猫  … マーキング行動やストレスからくる排泄行為が多め

去勢手術を受けた猫  … 問題行動が少なく、決まった場所で排泄行為を行う

去勢手術は、猫の性行動や行動問題を軽減する効果があり、不適切な排泄行為の予防にも役立ちます。

病気の予兆などがないかもよく観察して

猫が布団でトイレをする行為が頻繁に見られる場合、病気の予兆やストレスなどの問題がある可能性があります。

猫の行動や健康状態をよく観察し、トイレの場所や環境の改善、定期的な健康診断などを行うことが重要です。

いつもと違う行動がみられる場合は、早めの対策が重要です。

特に猫の排泄行動に変化が見られる場合は、早めに獣医師の診察を受けることが重要です。

猫が粗相をする理由や原因は?

猫が粗相をする原因や理由には、さまざまなものがあります。

ここでは、その1つ1つについて解説していきたいと思います。

トイレに不満がある

猫は非常にきれい好きな動物であり、トイレが汚れていたり、トイレボックスの場所や砂の種類が気に入らない場合、粗相をすることがあります。

また、環境の変化やストレスに敏感で、トイレ環境がストレスの一因となり、行動に影響を与えることもあります。

そのためトイレ環境を整えておくことは非常に重要です。


猫のトイレの問題を解決するためには、飼い主が猫の行動や習性を理解し、適切な環境を提供することが重要です。

飼い主に不満がある

猫は鋭い感覚を持ち、飼い主との関係に敏感です。

飼い主が猫に対して適切なケアや愛情を与えない場合、猫は不安やストレスを感じます

この不満やストレスが積み重なると、猫は排泄行為に関連して粗相をする可能性があります。

また、飼い主が猫に対して不機嫌な態度を取ると、猫はそれを察知し、粗相という行動で反応することもあります。

を与えるような行動を控える

スプレー行為

猫が粗相をする原因の一つとして、スプレー行為が挙げられます。

スプレー行為 … 猫が自身のテリトリーをマーキングするために行う行動

猫は自分の匂いを周囲に広め、他の猫や外部の刺激に対して自分の存在を主張するために、尿を噴射することがあります。

とくにオスの成猫によく見られる行動ですが、メスの猫や去勢された猫でも行われることがあります。

スプレー行為は、猫が緊張やストレスを感じたり、テリトリーの境界を明確にする必要があると感じたりするときに行われることがあります。

猫のストレスや不安を軽減し、適切な環境を提供することが重要

猫が布団でトイレをしなくなるには?

猫が布団でトイレをする行動を改善するためには、いくつかの対策が考えられます。

ここでは去勢などの直接的なものから、メンタルケアなどの家庭で行える対策についても解説をしていきます。

去勢をする

猫が布団でトイレをする行動を改善するための一つの効果的な対策は、去勢手術を行うことです。

去勢手術は、猫の性行動を抑制し、マーキング行動やストレスからくる排泄行為を減少させる効果があります。

・ 猫の性ホルモンの分泌が抑制され、マーキング行動が減少する
・ 猫が穏やかな性格になり、ストレスが減少する

ただし、手術後も環境の変化やストレス要因に注意し、適切なケアを行うことが重要です。

去勢手術は、猫の健康と行動問題の改善に役立つ重要な対策の一つと言えます。

猫の不安感・寂しさなどを取り除く


猫が布団でトイレをしなくなるための効果的な対策の一つは、猫の不安感や寂しさなどの原因を取り除くことです。

猫は環境の変化や飼い主の不在などに敏感であり、これらの要因が排泄行動に影響を与えることがあります。

不安感や寂しさを和らげるためには、定期的な愛情表現や遊び、触れ合いが重要です。

また、トイレ以外の環境や家庭内のルーティンの変化を最小限に抑えることも有効です。

・こまめなコミュニケーションをとる
・環境変化や、飼い主の大幅な生活の変化は可能な限り控える
・安心して休息のとれる場所を提供し、リラックスできる環境づくりをこころがける

これらの対策を実践することで、猫が布団でトイレをしなくなる可能性が高まります。

トイレを快適な環境にする

猫が布団でトイレをしなくなるための効果的な対策の一つは、トイレを猫にとって快適な環境に整えることです。

ここでは快適なトイレにするための方法をいくつか記載していきます。

1.トイレボックスの清潔さを保つ
猫は清潔好きな動物なので、清潔なトイレボックスを提供することが重要です。
毎日の清掃と定期的な砂の交換を行い、トイレボックスが清潔で臭いのない状態を保ちます。
2.トイレボックスの配置
猫がトイレを利用しやすい場所にトイレボックスを配置します。
静かでプライバシーが守られ、猫がストレスなくトイレを利用できる環境を整えましょう。
3.猫用の適切な砂を選ぶ
猫の好みや健康状態に合った砂を選び、トイレの利用を促進します。
4.トイレボックスのサイズ
猫にとって十分な大きさのトイレボックスを用意します。
猫がストレスなくトイレを利用できるよう、適切なサイズを選びます。

これらの対策を実践することで、猫が布団でトイレをしなくなる可能性が高まります。

ベッドへの対策

猫が布団でトイレをしなくなるための効果的な対策の一つは、ベッドカバーをビニール製などの防水性の素材にすることです。

ここではその対策方法について記載をしていきたいと思います。

1.ベッドカバーの素材選び
ビニール製などの防水性の素材は、猫の粗相による排泄物が布団にしみ込むのを防ぎます。
布団が汚れることを防ぎ、清潔な状態を維持しやすくなります。
2.粗相に対する防護
猫が布団でトイレをする際、防水性のベッドカバーは布団を保護します。
洗濯もできるので、布団の劣化や衛生面の問題を最小限に抑えることができます。
3.猫のトイレ行動に対する応急処置
ビニール製のベッドカバーは、猫のトイレ行動に対する応急処置としても機能します。
猫がトイレをした場合、布団に直接排泄物が触れることを防ぎ、清潔な状態を維持します。

これらの対策を実践することで、猫が布団でトイレをする行動を改善することができます。

猫の布団での粗相を対策するグッズはある?

猫の布団での粗相を対策するグッズはあるのでしょうか?

ここでは気軽に揃えられる猫の粗相対策グッズを紹介いたします。

防水アンダーカバー 掛け布団用

猫の布団での粗相を防ぐためには、掛け布団用の防水アンダーカバーが効果的です。

このアンダーカバーは、猫がトイレを失敗した際に布団を保護するための特殊な素材で作られています。

防水アンダーカバーの特徴

 防水性のポリウレタンやポリ塩化ビニール(PVC)などの素材を使用

 防水アンダーカバーは洗濯機で洗えるため、清潔さを維持できる

 一般的な掛け布団のサイズに合わせて設計されているため、ベッドにぴったりとフィット

 通気性のある素材で作られているため、快適な寝心地を提供

防水アンダーカバーを使用していれば、万が一粗相があったとしても、被害を最小限に抑えることができます。

防水×防ダニさらっとボックスシーツ

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

猫の粗相対策となる便利グッズとして、防水×防ダニさらっとボックスシーツがあります。

このボックスシーツは、防水性のある素材で作られており、猫の尿やその他の液体が布団にしみ込むのを防ぎます。

また、布団を保護すると同時に防ダニ機能も備えています。

防ダニ加工が施されているため、布団を清潔に保ちながらダニの繁殖を防ぎます。
布団全体を保護し、猫の粗相による被害を最小限に抑えることができるのでおすすめです。

ジョイペット天然成分消臭剤オシッコのニオイ・汚れ専用

引用:https://www.earth-pet.co.jp/

猫の布団での粗相を防ぐための効果的なグッズとして、ジョイペットの天然成分消臭剤オシッコのニオイ・汚れ専用があります。

この消臭剤は、猫がトイレを失敗した際に発生する尿のニオイや汚れを素早く分解し、除去します。

天然成分で作られているため安全性が高く、猫や飼い主の健康を害する心配がありません。

強力な消臭力を持ちながらも、布団やその他の表面を優しく扱い、優れた清潔さを保ちます。
スプレータイプなので使いやすく、布団やベッドなどの広い範囲に使用することができるのが良いですね。

富士フイルム HydroAg+ 持続除菌アルコール60%

引用:https://sp-jp.fujifilm.com/

猫の布団での粗相を防ぐための効果的なグッズとして、富士フイルムのHydroAg+ 持続除菌アルコール60%があります。

このアルコールスプレーは、布団やベッドなどの表面に直接スプレーすることで、猫がトイレを失敗した際のニオイや菌を効果的に除去します。

また、60%のアルコール含有率により、ウイルスや細菌を高い確率で殺菌し、布団の衛生状態を保ちます。

HydroAg+は持続除菌効果があり、一度の使用で長く菌の繁殖を抑制します。
猫の粗相による被害を最小限に抑え、布団の清潔さを維持することができますね。

ペレッティー獣医師が使うプロ用 ペット除菌・消臭剤

引用:https://www.amazon.co.jp/

猫の布団での粗相を防ぐための優れたグッズとして、ペレッティー獣医師が使うプロ用のペット除菌・消臭剤があります。

この除菌・消臭剤は、獣医師が開発したプロ仕様であり、猫がトイレを失敗した際のニオイや菌を効果的に除去します。

ペットにやさしい成分で作られているため、猫の健康を損なう心配がありません。
除菌効果も持続するため、一度の使用で長く衛生状態を維持します。

猫 布団でトイレ 治らないを調べている人がよく思う質問

猫がトイレで粗相をしたら布団はどうしたらいいですか?

猫がトイレで粗相をした場合、まずは布団を早めに取り除き、汚れた部分を洗います。洗濯機で洗う際は、適切な洗剤や漂白剤を使用し、十分に乾燥させます。また、尿や汚れがしみ込んだ場合は、専用の洗剤や消臭剤を使用して臭いや菌を除去します。

猫の粗相を治す方法はありますか?

猫の粗相を治す方法は、トイレの場所や猫砂の種類を変えるなど、猫のストレスを軽減するための環境改善を行うことがあります。また、猫がトイレを利用する際には褒めたり、トイレに誘導したりすることで、トイレでの行動をポジティブに関連付けることが効果的です。

猫が布団で粗相をするときに疑う病気は?

疑いのある病気としては、尿路感染症や膀胱炎、糖尿病などがあげられます。これらの疾患は早期に獣医師の診察を受け、適切な治療を行うことが重要です。

猫が粗相をしたら叱ってもいいですか?

猫が粗相をした場合、叱ることは適切ではありません。猫は負の刺激に敏感であり、叱られることでストレスを感じる可能性があります。代わりに、猫がトイレを利用した際には褒めたり、ポジティブなイメージを形成して行動を促進することが望ましいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次