\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

Apple Watchできること総まとめ!電話・SNS・電子決済・ヘルスケアなど

applewatch-できること

Apple Watchは、便利な多機能なデバイスであり、近年多くの人々に愛されています。

使ってみたいけど、どうやって使うんだろう?

結局Apple Watchって何がそんなに便利なの?

そんな疑問を解消するために、この記事では、Apple Watchでできることなど様々な機能や特徴について詳しく解説します。

あなたがApple Watchを購入しようとしているか、既にお持ちの方でも、この記事を通じて新たな発見ができるでしょう。

目次

Apple Watchはこんな人にオススメ

iPhone、MacなどApple製品を多く使う人

Apple製品のユーザーにとって、Apple Watchは生活の一部となる便利なアクセサリーです。
iPhoneやMacを頻繁に使用している方にとっては、Apple Watchはこれらのデバイスとのシームレスな連携を実現し、より便利な生活を送る手助けとなります。

スマートに健康管理をしたい人

健康管理に興味を持つ人にとって、Apple Watchは非常に魅力的な選択肢です。
心拍数の計測や運動量の記録など、様々な健康関連の機能を備えています。
Apple Watchを身に着けることで、日々の活動や健康状態を把握し、よりスマートに健康管理を行うことができます。

日常生活を効率化したい人

Apple Watchは、日常生活の効率化に役立つ機能も備えています。
例えば、予定管理や通知の確認、防災速報の受信などが可能です。
さらに、電話やSNSの利用、電子決済なども手軽に行えるため、忙しい現代人にとって非常に便利なデバイスと言えます。

セルラーモデルとGPSモデルの違い

Apple Watchには、セルラーモデルとGPSモデルの2つのタイプがあります。
セルラーモデルは、モバイルネットワークに接続できるため、単体で通話やデータ通信が可能です。
一方、GPSモデルはiPhoneなどとの連携が必要ですが、それ以外の機能はほぼ同じです。
選ぶ際には、自身の使用目的や予算に合わせて選択しましょう。

Apple Watchでできること一覧

ここからは、Apple Watchで利用できる様々な機能について詳しく見ていきましょう。

時計関連
  • Siriで操作できる
  • 振動アラームが使える
  • アラーム・ストップウォッチ・タイマーが利用できる
  • 複数タイマーの管理
  • 文字盤のデザインを変えられる
通知・情報表示
  • 各種アプリの通知を確認できる
  • 予定を確認できる
  • 防災速報を受信できる
  • マップを確認できる
電話・SNS
  • セルラーモデルなら単体で通話できる
  • メッセージやLINEの送受信ができる
  • SNSの通知を確認できる
  • 連絡先を管理できる
電子決済
  • Apple Payなど各種電子決済ができる
  • Suica・PASMOで改札を通れる
  • PayPayなどQRコード決済もできる
ヘルスケア
  • 心拍数の計測ができる
  • 運動量(ワークアウト)を記録できる
  • 睡眠の記録ができる
  • マインドフルネス瞑想を実践できる
  • 血中酸素濃度を測ることができる
  • 心電図をとることができる
  • アプリで深呼吸を習慣づけられる
  • 女性ならではの周期記録ができる
  • 手洗いの確認ができる
Apple製品との連携
  • iPhoneなど置き忘れたApple製品のデバイスを探せる
  • Macのロックを解除できる
  • iPhoneのバッテリーの確認ができる
  • iPhoneのロックを解除することができる
  • iPhoneのカメラ操作ができる
  • AirPods / AirPods Proの操作ができる

Apple Watchでできること【時計関連】

早速Apple Watchで利用できる様々な機能について詳しく見ていきましょう。

Siriで操作できる

Apple Watchには、音声アシスタントのSiriが搭載されています。
Siriを使用することで、時計の操作を音声コマンドで行うことができます。

例えば、「Siri、アラームをセットしてください」と話すことで、簡単にアラームを設定することができます。
Siriは時計の他の機能にも対応しており、タイマーの設定やメッセージの送信、音楽の再生などさまざまな操作を声で行うことができます。

振動アラームが使える

Apple Watchは、振動機能を利用したアラームを鳴らすことができます。
振動アラームは、音を立てずに腕に振動を伝えることで起床や予定の通知を行います。

振動によるアラームでは、他の人には気付かれずに起きることができます。
そのため特に朝早く起きる必要がある場合や、静かな環境での利用に適しています。

アラーム・ストップウォッチ・タイマーが利用できる

Apple Watchには、便利なアラーム、ストップウォッチ、タイマーの機能が搭載されています。

  • アラーム: アラームは、特定の時刻に通知を受けるために使用されます。
    Apple Watchのアラーム機能を使用すると、目覚まし時計の役割を果たすことができます。
    アラームを設定することで、起床や重要な予定の時間管理を効果的に行うことができます。
  • ストップウォッチ: ストップウォッチは、時間計測に使用されます。
    例えば、ランニングやジムでのトレーニング中のタイム計測に活用できます。
    Apple Watchのストップウォッチ機能を使えば、正確な経過時間を計測することができます。
  • タイマー: タイマーは、指定した時間が経過したことを通知するために利用されます。
    例えば、料理の調理時間や煮出し時間を設定し、タイマーが終了すると通知を受けることができます。
    タイマー機能は、作業の管理や時間の効果的な使い方をサポートします。

これらの機能を使うことで、Apple Watchは便利な時計としてだけでなく、時間管理やタスクの効率化にも役立つツールとなります。

複数タイマーの管理

Apple Watchでは、複数のタイマーを同時に管理することができます。
例えば、料理の時間を計るためのタイマーや、運動時間の計測などに便利です。
複数の活動やタスクを同時に管理したい場合に役立つ機能です。

複数タイマーを設定する方法は簡単です。

STEP1: Apple Watchのタイマーアプリを開きます
STEP2: 新しいタイマーを追加します
STEP3: 各タイマーに目的や時間を設定して完成です

それぞれのタイマーが個別にカウントダウンされます。
また、タイマーが終了するとバイブレーションや音で通知されるため、忙しい状況でも見逃すことがありません。

複数タイマーの管理機能は、例えば料理中に同時に調理時間とオーブンの予熱時間を管理する場合や、複数の運動セットを行う際に各セットの時間を計測する場合などに便利です。
Apple Watchの複数タイマー機能を活用することで、時間管理をより効果的に行うことができます。

文字盤のデザインを変えられる

Apple Watchでは、さまざまな文字盤のデザインを選択することができます。
時計のデザインは個人の好みやシーンに合わせてカスタマイズすることができ、自分らしい時計を楽しむことができます。

文字盤のデザインは、Apple WatchアプリやApple Watch自体から簡単に変更できます。
デジタル時計やアナログ時計、写真やイラスト、情報を表示するコンプリケーションなど、さまざまなスタイルやテーマの文字盤が用意されています。
また、一部の文字盤はカスタマイズが可能で、表示する要素や配色、ウィジェットの配置などを自分の好みに合わせて調整することもできます。

Apple Watchでできること【通知・情報表示】

出典:https://www.apple.com/jp

各種アプリの通知を確認できる

Apple Watchは、iPhoneなどの連携デバイスとして、さまざまなアプリの通知をリアルタイムで受け取ることができます。
メール、メッセージ、カレンダーの予定、SNSの通知など、重要な情報がApple Watchの画面に表示されます。
外出先や移動中でもiPhoneを取り出すことなく、重要な通知を確認することができます。

Apple Watchの通知機能は、個々のアプリごとに設定をカスタマイズすることができます。
通知の種類や表示方法、音声やバイブレーションの設定など、自分の好みに合わせて通知を管理することができます。

予定を確認できる

Apple Watchは、カレンダーアプリを使用して簡単に予定を確認することができます。
予定の日時や内容がApple Watchの画面に表示されるため、いつでもスケジュールを把握することができます。
予定の追加や変更もApple Watch上で行うことができます。

予定を見逃すことなく確認するためには、Apple WatchとiPhoneなどの連携デバイスで同期を行う必要があります。
外出先や移動中でも予定を確認できるため、重要な予定を逃さず効率的にスケジュール管理が便利できます。

防災速報を受信できる

Apple Watchには、地震や災害などの緊急情報を受信するための機能が搭載されています。
国や地域によって異なる緊急情報システムに対応しており、地域ごとの警報や注意報がApple Watchに通知されます。
防災速報を受け取ることで、地震や津波、台風などの自然災害に関する情報をリアルタイムで把握し、安全な行動を取ることができます。

Apple Watchの防災速報機能は、公的機関や地域の自治体からの情報を受け取るため、
重要な情報を見逃すことなく対応することができます。

警報や注意報が発令されると、Apple Watchはバイブレーションや音で通知し、画面には詳細な情報が表示されます。身の安全を守るためにも、この機能を活用し、緊急情報に敏感に対応しましょう。

マップを確認できる

Apple Watchでは、マップアプリを利用して地図を閲覧することができます。
目的地までのルート案内や現在地の確認などが可能であり、迷子になることなくスムーズに目的地に到着することができます。

Apple Watchのマップ機能は、旅行先や新しい場所でのナビゲーションに役立ちます。
手首につけているので、目的地までの案内を見るためにスマートフォンを取り出す必要がなく、より便利でスマートな移動が可能です。

Apple Watchでできること【電話・SNS】

セルラーモデルなら単体で通話できる

セルラーモデルを使用すると、iPhoneなしで通話することができます。
セルラーモデルは、Apple Watchに独自の電話番号を設定することができます。
これにより、Apple Watch自体が通信機能を持ち、通話が可能となります。

セルラーモデルのApple Watchを身に着けることで、外出先や運動中でもスマートフォンを持ち歩く必要がありません
電話をかけたり受けたりする際には、Apple Watchの画面から通話アプリを起動し、連絡先を選択するだけで簡単に通話ができます。

メッセージやLINEの送受信ができる

短文のやりとりや緊急の連絡に便利な機能

Apple Watchでは、メッセージやLINEなどのメッセージアプリの送受信も簡単に行うことができます。
Apple Watchの画面に受け取ったメッセージのプレビューが表示されるため、重要なメッセージを見逃す心配がありません。

メッセージの受信時には、通知がバイブレーションや音と共にApple Watchに届きます。
メッセージを確認する際には、Apple Watchの画面をタップしてメッセージアプリを起動し、返信や既読のマークを付けることができます。

SNSの通知を確認できる

Apple Watchでは、SNSアプリの通知をリアルタイムで確認することができます。

Facebook
Twitter
Instagram

などのSNSアカウントをApple Watchに連携させることで、友達の投稿やコメント、いいねなどの通知をすぐに把握することができます。
SNSの通知は、Apple Watchの画面に表示されるため、スマートフォンを手に取らなくても重要な情報を見逃すことなく把握することができます。

連絡先を管理できる

Apple Watchでは、連絡先の管理も簡単に行うことができます。
重要な連絡先をApple Watchに登録しておくと緊急時に素早く連絡を取ることができます。

名前
電話番号
メールアドレス

などの詳細情報を確認することができます。
また、Apple Watchの音声入力やスクロール機能を使って連絡先を検索することもできます。

Apple Watchでできること【電子決済】

Apple Payなど各種電子決済ができる

Apple Watchでは、Apple Payという電子決済サービスを利用することができます。
クレジットカードやデビットカードの情報をApple Watchに登録することで、お店での支払いがスムーズに行えます。

Apple Payを利用する際には、Apple Watchを対応する端末にカードを出さずに手首をかざすだけで支払いが行われるため、より便利でスピーディなお買い物体験を享受することができます。

Suica・PASMOで改札を通れる

Apple Watchは、交通系ICカードであるSuicaやPASMOと連携することができます。
駅の改札やバスの乗車など、交通手段の乗車券として利用することができます。

SuicaやPASMOをApple Watchに登録することで、改札やバスの乗車時に手首をかざすだけでスマートフォンやICカードを取り出す必要がなく、手軽かつ迅速に乗車することができます。

また、残高や利用履歴などもApple Watch上で確認することができます。

PayPayなどQRコード決済もできる

Apple Watchでは、PayPayやその他のQRコード決済サービスも利用することができます。

対応するアプリをApple Watchにインストールし、支払いに必要なQRコードをスキャンするだけで簡単に決済が行えます。

QRコード決済は、多くの店舗やサービスで利用されており、スマートフォンやICカードを使わずに手首のApple Watchで支払いが完了するため、便利さとスピードが特長です。

Apple Watchでできること【ヘルスケア】

出典:https://www.apple.com/jp

心拍数の計測ができる

Apple Watchには光学式の心拍数センサーが搭載されており、手首から心拍数を計測することができます。
心拍数は健康状態や運動の効果を把握する上で重要な指標です。

心拍数の測定結果はApple Watchの画面に表示され、さらにApple ヘルスアプリに記録されます。
心拍数の変動を把握することで、日常生活やワークアウト中の体の状態を把握し、健康管理に役立てることができます。

運動量(ワークアウト)を記録できる

Apple Watchは統合された運動トラッキング機能を備えており、さまざまなワークアウトやフィットネス活動を記録することができます。

ウォーキング
ランニング
サイクリング

などのアクティビティを選択し、Apple Watchが距離や時間、消費カロリーなどの詳細なデータを計測します。

これにより、自身の運動量や成果を可視化し、モチベーションを高めることができます。
目標を設定したり、達成した記録を振り返ったりすることで、より健康的なライフスタイルを追求できます。

睡眠の記録ができる

Apple Watchには睡眠トラッキング機能があり、寝ている間の睡眠の質やパターンを記録することができます。

  • 就寝時間
  • 起床時間
  • 深い睡眠
  • 浅い睡眠
  • 覚醒

などのデータが収集され、Apple Healthアプリに記録されます。
睡眠の質やパターンを把握することで、自身の睡眠状態を評価し、改善策を見つけることができます。

これにより、より良質な睡眠を促すための情報を得ることができます。
必要な休息を取ることで、日中のパフォーマンスや健康状態の向上に繋げることができます。

マインドフルネス瞑想を実践できる

Apple Watchには、マインドフルネス瞑想をサポートするアプリが用意されています。
瞑想を実践することで以下の効果があるとされています。

ストレスの軽減やリラックス効果があり、心身のバランスを整える助けとなります。
また、日常の忙しさから離れ、内なる平穏を見つけることができます。

アプリにはガイド付きの瞑想セッションやリラックス音楽が含まれており、集中力を高めたり、深いリラックス状態に入ったりするサポートを提供しています。

血中酸素濃度を測ることができる

Apple Watch Series 6以降のモデルでは、非侵襲的な方法で血中酸素濃度(SpO2)を測定することが可能です。
血中酸素濃度は、酸素の供給状態を示す指標であり、健康状態や運動時の酸素供給量を把握する上で重要な情報となります。

Apple Watchを使用して定期的に血中酸素濃度を測定することで、自身の健康状態をモニタリングすることができます。
血中酸素濃度の変動を把握することで、適切な休息や運動の計画立て、健康管理に役立てることができます。

心電図をとることができる

Apple Watch Series 4以降のモデルでは、心電図(ECG)を取得することができます。
心電図は心臓のリズムや不整脈を確認するための重要な検査です。

Apple Watchの心電図アプリを使用することで、手首から簡単に心電図を取得することができます。
心電図の測定時には指をWatchのDigital Crownに触れるだけで測定が行われ、数十秒で結果が表示されます。

ただし、心電図の結果は医療専門家と共有し、正確な診断を受けることが重要です。
心電図機能は自己モニタリングの補助ツールであり、異常が検出された場合は医療専門家との相談が必要です。

アプリで深呼吸を習慣づけられる

Apple Watchには深呼吸をサポートするアプリが用意されています。
深呼吸はリラックスやストレス軽減に効果的であり、心身の安定に貢献します。

Apple Watchのアプリを使って、日常生活の中で深呼吸を意識的に行う習慣を身につけることができます。
アプリにはガイド付きの深呼吸セッションやリラックス音楽が含まれており、自分のペースに合わせて深くゆっくりと呼吸することができます。
また、アプリはリマインダー機能も備えており、定期的な深呼吸のリマインドを受けることも可能です。

女性ならではの周期記録ができる

Apple Watchには、女性特有の健康管理機能も備わっています。
周期記録アプリを使用することで、以下のことが可能になります。

月経周期や生理痛の予測、排卵予測などを記録することができます。
日々の体調や月経周期の変化を入力することで、自身の生理のパターンを把握します。
これにより、生理の予測や生理痛の緩和策を見つけることができます。

また、周期記録アプリは妊娠計画にも役立ちます。
排卵予測や妊娠可能性の把握など、女性の健康管理をサポートする機能が充実しています。

手洗いの確認ができる

特に現在の世界情勢を考えると、手洗いは重要な衛生対策の一つです。
Apple Watchでは、手洗いを行ったかどうかを検知して通知する機能があります。

手洗い機能を活用することで、適切な手洗いの習慣を身につけることができます。
これにより、手洗いを忘れずに行い、衛生状態を維持することができます。

Apple Watchでできること【Apple製品との連携】

iPhoneなど置き忘れたApple製品のデバイスを探せる

Apple Watchを使用して、置き忘れたiPhoneや他のApple製品を探すことができます。
Find Myアプリを使うことで、近くにあるAppleデバイスの位置を特定することができます。
紛失した場合や盗難に遭った場合でも、Apple Watchを使用してデバイスを探し出すことができます。

Macのロックを解除できる

パスワードの入力などの手間を省くことができる

近くにApple Watchがある状態でMacに近づくと、自動的にロックが解除されます。

iPhoneのバッテリーの確認ができる

Apple Watchを使用して、iPhoneのバッテリー状態を確認することができます。
Apple Watch上でiPhoneのバッテリー残量や充電状態を確認できるため、外出先でのバッテリー切れの心配を軽減することができます。
また、Apple Watch自体もバッテリー状態を把握できるため、充電が必要な時に素早く対応することができます。

iPhoneのロックを解除することができる

指紋認証やFace IDの代わり

Apple Watchを着用している状態で近づくと、自動的にiPhoneのロックが解除されます。
スムーズにiPhoneにアクセスすることができて鍵やパスコードを入力する手間を省き、より迅速な操作が可能です。

iPhoneのカメラ操作ができる

iPhoneのカメラを遠隔操作

Apple Watch上のカメラアプリを使って、iPhoneのカメラを起動したり、シャッターを切ったりすることができます。
自撮りやグループ写真など、特定のシチュエーションで便利です。

Apple Watchの画面上でフレームを確認しながら写真を撮影することができ、さらに多様な撮影スタイルを楽しむことができます。

AirPods / AirPods Proの操作ができる

Apple Watchを使用して、AirPodsやAirPods Proを操作することができます。

音楽の再生
一時停止
曲送り
曲戻し
音量調整

などをApple Watchから直接操作することができます。

例えば、ランニング中やジムでのトレーニング中にAirPodsの操作が必要な場合、スマートフォンを取り出す必要がなく、Apple Watchだけで便利に操作ができます。
ワイヤレスイヤホンを使用する際の利便性を向上させます。

Apple Watchでできないこと

血圧・血糖値の測定

Apple Watchには血圧や血糖値を直接測定する機能はありません。
これらの生体指標の測定には専用の機器やアプリが必要となります。
Apple Watchはヘルスケアに関する情報を提供しますが、医療的な測定はできませんので、専門の医療機器や医師の指導を受ける必要があります。

電子書籍は読めない

Apple Watchは小さな画面を持つため、電子書籍を快適に読むことはできません。
Apple Watchは主に通知や簡単なタスクの実行に特化したデバイスですので、本格的な読書体験には適していません。

動画の鑑賞はできない

Apple Watchの画面は小さいため、動画の鑑賞には適していません
映画やテレビ番組などのコンテンツを楽しむには、より大きな画面を持つデバイスが必要です。

ビデオ通話はできない

Apple Watchにはカメラが搭載されていますが、ビデオ通話を行う機能はありません
ビデオ通話をする場合は、iPhoneや他のデバイスを使用する必要があります。

Google検索はできない

Apple Watchでは直接的なGoogle検索を行うことはできません。
Apple Watchは主にiPhoneや他のApple製品と連携して使用するため、インターネット検索には別のデバイスが必要です。

ネットショッピングができない

Apple Watchは小さな画面で操作性が限られているため、ネットショッピングを行うには適していません
商品の詳細情報や購入手続きなどは、スマートフォンやパソコンなどのデバイスを使用することを推奨します。

スキューバダイビングもできない

Apple Watchは耐水性がありますが、スキューバダイビングなどの極限の水中活動には対応していません。
Apple Watchは日常的な水の接触や水中での簡単な活動に耐えることができますが、水深や水圧によって故障する可能性がありますので、注意が必要です。

Apple Watchをお得に買う方法

携帯会社(キャリア)でApple Watchをお得に買う

Apple Watchは、携帯会社(キャリア)との契約やプランによって割引や特典を受けることができます。
携帯会社のキャンペーンやセールを活用することで、割引価格でApple Watchを手に入れることができます。

楽天・Amazonなど大手ネット通販や家電量販店で買う

楽天やAmazonなどの大手ネット通販サイトや家電量販店では、定期的にセールやキャンペーンを行っています。
特にイベント時や新商品発売時には割引価格でApple Watchを購入することができる場合があります。

Apple watchをチェックしてみる

まとめ

Apple Watchは、様々な機能と使い勝手の良さが特徴的なスマートウォッチです。
時計としての基本機能はもちろん、通知確認や健康管理、電話やSNS、電子決済などの機能も充実しています。
ただし、一部の制約もありますので、自身のニーズや使用目的に合わせて適切なモデルを選ぶことが重要です。
Apple Watchの利点を最大限に活用して、便利で快適なデジタルライフを楽しんでください。

本記事ではApple Watchできることについて豊富な機能を詳しく解説しました。
Apple Watchは日常生活をよりスマートにするための優れたツールであり、健康管理や情報管理、コミュニケーションなど多岐にわたるニーズに対応しています。
是非、Apple Watchの魅力を体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次