\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

50代コートの色選びでコツはある?着てはいけない色や似合う色・顔映りの良い色について分析

50代 コート 色 選び

あなたはコートを選ぶとき、どんなことを意識して選んでいますか?

気に入ったコートを見つけ試着してみると、サイズはピッタリだけど「あれ?なんか違うな?」と思ったことはありませんか?

50代の方がコートの色を選ぶとき、年齢や肌のトーン、季節などたくさんのことを考慮しながら選ぶ必要があります。

特に色の選択は、スタイルや印象を大きく変える重要な要素です。

今回は50代のコートの色選びについて、着てはいけない色や似合う色、顔映りの良い色について分析していきます。

目次

50代コートの色選びでコツはある?

50代のコートの色選びのコツは、肌のトーンに合わせること、ベーシックな色を選ぶこと、季節や用途に合わせた色を選ぶことです。

肌のトーンに合わせた色やベーシックな色は年齢を問わず幅広く使え、季節や用途に合わせることでよりスタイリッシュでおしゃれな印象を与えます。

50代コートの色選びのコツ

50代の方がコートの色を選ぶとき、気をつけなければいけない点がいくつかあります。

色によって、スタイルや印象を大きく左右するため、どんな点に注意してコートの色を選べばいいのかしっかり確認していきましょう。

手持ちのアイテムと合わせる

色選びのコツは、手持ちのアイテムとのバランスを考えて選ぶことです。

また、トップスやボトムス、アクセサリーとの色の組み合わせも意識することで、全体のバランスを整えることができます。

明るい色や柄のコートを選ぶと、ファッションにアクセントを与えることもできます。

手持ちのアイテムとの相性、肌の色などを考慮しながら、コートの色を選ぶと洗練されたスタイルを演出することができます。

アウターコートは濃いめの色にする

アウターコートは濃いめの色にするのがいいでしょう。

濃い色は上品で落ち着いた印象を与え、年齢に関係なく着こなすことができます。

ネイビーやダークグレー、ブラックなどの濃い色は、様々なシーンや季節に着用することができるためとても重宝します。

また、濃い色のコートは汚れが目立ちにくく、良くシミをつけてしまうと汚れを心配している方にもおススメのカラーです。

シーンや理想に合わせる

50代のコートの色選びのコツは、シーンや理想に合わせることです。

ビジネスシーンでは、落ち着いた印象を与えるネイビーやダークグレーなど濃い色がいいでしょう。

カジュアルな場面やプライベートでは、明るい色や柄物で自分の好みのものをある程度取り入れながら、季節に応じて色を選ぶのがおススメです。

冬には濃い色やダークトーンが温かみを、春には明るい色合いが爽やかな印象を与えてくれます。

慣れない色を選ぶより、自分の好みやスタイルに合った色を選ぶと、自信を持って着こなすことができますよね。

チャレンジしたい色があるときは、プライベートやカジュアルな場面で試してみましょう。

大事な場面で慣れない色を着てしまうと、「あれ?やっぱり似合わなかったかな?」「今日のシーンには合わなかったかな?」など、周りの目が気になり集中できなくなってしまうので、注意が必要です。

色を選ぶときは、どんなイメージにしたいのかファッションの方向性を考えながら、自分らしいスタイルを見つけていきましょう。

色以外にもこだわる

50代の方がコートの色選びをするときのコツは、色以外にも重要なことがあります。

ただ色を選ぶだけではなく、全体の品質やデザインにもこだわり、50代という風格と品格を感じさせることも、大切なポイントになります。

選び方によっては、素材が安そうに見えてしまったり、老けて見えてしまったすることがあります。

そうならないためにも、コートの素材やデザイン、シルエットにこだわりながら、上品で洗練された大人の女性の魅力を醸し出しましょう。

素材や丁寧な作りのコートは風格が増し、体形に合ったシルエットを選ぶことで品格を出してくれます。

高級なコートには、それら全てが備わっていますが、もちろん高級品ではなくても丁寧な作りのコートはたくさんあります。

まずは、お手本となるお気に入りのコートを見つけ、それに近いものを探してみましょう。

季節や用途に合わせて、機能性を備えたコートを選ぶことも重要です。

色だけではなく、機能性や品質やデザインにも気をつけながら選んでみましょう。

50代で着てはいけない色は?

50代になると着てはいけないわけではありませんが、気をつけなければならない色があります。

極端に明るい色や派手な色やネオンカラーは、50代の落ち着いた印象には合わず、違和感を感じることがあるため避けた方がいいでしょう。

逆に極端に暗い色やくすみが強い色合いも年齢よりも老けて見えてしまいます。

肌や髪の色など全体のバランスも見ながら選びましょう。

暗い色を着るときは、明るい色ののバッグや小物を持つなど、アクセントを加えて調整しましょう。

50代女性に似合う色は?

若い頃と違って、どんな色を着たらいいのかわからないわ…

こんな色を着ていったら、若作りしてると思われるかしら…

ブラック

ブラックは、シックで洗練された印象とスタイリッシュな雰囲気を与え、他の色との相性も良く、様々なスタイルやシーンに合わせやすいのも特徴です。

年齢が上がるにつれて肌のトーンが変わり、特に暗めの色合いは顔色がくすんで見える場合もあり、暗い色を避けたいと思う方もいるでしょう。

ブラックを着る場合は、アクセサリーやスカーフなどで顔周りに色を加えると、顔色が明るくなります。

デザインや質の良い素材を選ぶことで、高級感や落ち着いた雰囲気を演出することができます。

グレー

グレーは落ち着いた印象を与えつつも、洗練された雰囲気があり、グレーにはダークグレーやチャコールグレーなどもありますが、それらもシックで上品な印象を与えます。

とても万能な色で、他の色との組み合わせもしやすく、ビジネスシーンでは、信頼感を与える色として着用されることが多く、1枚あると様々な場面で重宝します。

グレーは年齢を問わずに着用でき、とてもおススメのカラーです。

ベージュ

ベージュは温かみがあり、肌のトーンを柔らかく見せる効果があります。

穏やかで優しい印象を与え、落ち着いた雰囲気を演出します。

そのため、ビジネスシーンでもカジュアルな日常でも役立ちます。

ベージュは他の色との相性も良く、様々なアクセサリーやシューズとの組み合わせも比較的簡単に楽しむことができます。

さらに、季節を問わずに着用でき若々しく見せたい方におススメです。

キャメル

キャメルは温かみがあり、柔らかな印象を与えながら、シックで上品な雰囲気を演出し、落ち着いた印象を与えます。

ビジネスシーンやカジュアルな場面でも着用でき、様々なスタイルに合わせやすい特徴があります。

スーツや、デニムにも合わせやすく、オシャレで洗練されたかっこいい女性を演出したい方にもおススメです。

アクセサリーやシューズなどとのコーディネートも簡単に楽しむことが可能です。

ネイビー

ネイビーはブラックよりも柔らかく、肌のトーンを引き立てる効果があり、上品で落ち着いた印象を与えてくれます。

幅広いシーンや季節に適したカラーで、ビジネスシーンからカジュアルな日常使いなど、様々なスタイルに合わせやすいのが特徴がです。

50代の女性にとってはネイビーは、品格や風格も醸し出すことができる優れたカラーで、写真のようにアクセントになる色の小物やバッグを加えるとさらに高級感が増しオシャレに見えます。

ライトグレー

ライトグレーも柔らかな印象を与え、肌のトーンを明るく見せる効果があります。

また、清潔感や爽やかさを演出し、女性らしい優雅な雰囲気を醸し出します。

ライトグレーは、洗練された印象を与えながらも、明るさのある色なので、重く見えがちな50代のファッションスタイルを華やかにしてくれます。

ビジネスシーンやカジュアルな日常生活の中でも役立ち、季節問わず着用できます。

清潔感と上品さがあり、スタイリッシュな着こなしが好みの方におススメです。

50代で顔映りの良い色は?

50代で顔映りの良い色としては、肌のトーンを引き立て、明るさを与える色がいいでしょう。

ライトグレー、ライトブルー、ソフトベージュなどのカラーは、肌を明るく見せ、健康的な印象を与えます。

また、深みのあるネイビー、エメラルドグリーン、ワインレッドなどのカラーは、顔色を引き締めてくれる効果があり、50代の女性にとって顔映りが良く、健康的で明るい印象を与えてくれるのでおススメです。

しかし、組み合わせが難しい色でもあるため、ネイビーなど慣れているカラーを取り入れてみるのがいいでしょう。

50代に似合うコートとは?

50代に似合うコートは、落ち着いた色と上品なデザインに仕上げられている事です。

ベージュやライトグレーなど明るさのある色合いは肌のトーンを明るく見せるのに役立ちますし、ネイビーやダークグレー、ブラックなどは、シックで洗練された雰囲気を醸し出すことができます。

色だけではなく、高品質な素材や丁寧な作りのコートを選ぶことも大切ですし、膝丈やミディアム丈など、体型を綺麗に見せる工夫も必要です。

さらに、着脱しやすく温かいなど、オシャレをしながらも機能性を備えた上質なコートがいいでしょう。

「50代 コート 色 選び」を検索する人がよく思う質問4選

50代は何色を着るべきですか?

ネイビーやダークグレー、ベージュなどのシックで上品な色合いがおすすめで、明るすぎず、落ち着いた印象のものが良いでしょう。

赤コートは何歳まで着られますか?

赤いコートは年齢を問わず着用できますが、大人っぽい赤や落ち着いたトーンの赤を選ぶようにしましょう。

明るい赤は若い方が着るイメージが強いく、50代の方が着用する場合は、違和感を与えてしまうため気をつけましょう。

冬コートは何着持ってますか?

冬コートは2〜3着、1着はよりフォーマルな場面向けの上品なデザインで、もう2着はカジュアルな日常のための暖かいコートとダウンという方が多いようです。

チェスターコートの定番色は何色ですか?

チェスターコートの定番色は、ネイビーやチャコールグレーです。

シックで上品な印象を与え、様々なスタイルに合わせやすく、ビジネスシーンやカジュアルな場面でも活躍します。

まとめ:色選びのコツを理解して自分に合ったコートを選びを!

コートの色選びのコツは、色だけを見るのではなく、肌のトーンや季節に合った適切な色を選ぶという事!

シックで洗練された印象を好む場合は、ネイビーやダークグレーなどの落ち着いたカラーを、肌の色を明るく見せ若々しい印象にしたいときは、ベージュやライトグレーを選ぶと良いでしょう。

そして、シンプルなデザインでありながら機能性を備えていて、丁寧な作りと上質な素材で作られているものが、50代の方におススメです。

シーズンや機会に合わせた色を選びながら、自分らしさも加えて、バランスよくコーディネートし、オシャレを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次