夜に洗濯物を干すとゴキブリが来るの?夜に洗濯物を干してはいけない理由

夜に洗濯物を干すとゴキブリが来るの?夜に洗濯物を干してはいけない理由

お仕事をしていると、朝洗濯物を干す時間がなかなかありませんよね。

しかし、夜に洗濯物を干すとゴキブリがくっつくと噂を聞いたことはありませんか?

本当にゴキブリが来るのでしょうか?

そこで今回は、夜に洗濯ものを干すとゴキブリが来るのか?夜に干してはいけない理由などを調べていきます。

目次

夜に洗濯物を干すとゴキブリが来るの?

ゴキブリが来る可能性があります。

ゴキブリに限らず、夜に洗濯物を干すと色々な虫が付きやすいと言われています。

マンションの高層部なら、ゴキブリが寄ってくる可能性が低くなります。

それは、ゴキブリの習性が関係しているようです。

その原因を下記で説明していきます。

夜に洗濯物を干すとゴキブリが来る原因は?

夜に洗濯物を干すと、ゴキブリが来る原因はいくつかあります。

それがコチラです。

  • ゴキブリは夜行性。
  • 洗濯物が湿っている。
  • 柔軟剤の甘いニオイ。
  • 窓からの光。
  • ゴキブリが付きやすい場所に干している。

それぞれ、説明していきます。

ゴキブリは夜行性

ゴキブリは、夜行性なので日中明るい場所には基本的に出てきません。

ゴキブリの種類にもよりますが、外では地下や下水などジメジメした暗い場所を好む傾向があります。

人間のいない気配を察知して、夜になって一斉に活動をするので洗濯物に付く可能性があるんですね。

洗濯物が湿っている

ゴキブリは、ジメジメとした湿った場所が好きなんですね。

なので、水分を含んだ洗濯物に寄ってきやすくなっています。

高温多湿の環境がゴキブリにとって過ごしやすいので、春から夏の夜は特に過ごしやすく出てきやすくなっています。

柔軟剤の甘いニオイ

ゴキブリは、臭覚に優れているのでニオイに惹きつけられやすいんです。

なので、ベランダでウロウロしていたら柔軟剤の甘いニオイに惹きつけられて洗濯物にくっついてきます。

そして、くっついてみたら湿っていて大好きな環境になってしまいますよ。

窓からの光

ゴキブリなどの虫は、光に集まる習性があります。

家の窓から漏れた光に反射して洗濯物が浮き上がって見えるでしょう。

なので、虫たちが寄ってきやすいんですね。

ゴキブリが付きやすい場所に干している

洗濯物を干している場所はどこが多いですか?

ベランダや庭に干している方が多いのではないでしょうか?

この、ベランダや庭の周辺の環境が汚れてジメジメしていると洗濯物にゴキブリが付きやすくなってしまいます。

植木鉢などは、ゴキブリが隠れやすい場所になっているので寄ってきやすいんです。

夜に洗濯物を干してはいけない理由

夜に洗濯ものを干してはいけない理由はいくつかあります。

それは、夜間は湿度が高まって洗濯物が上手く乾かないことがあります。

また、虫やホコリが付着する可能性もたくさんあります。

さらに、近隣住民に迷惑をかけてしまうことや、暗い場所絵の作業で安全上のリスクもあるので気をつけましょう。

夜は洗濯物を部屋干しにした方がいいの?


夜に洗濯物を部屋干しすることは、湿度が高まる夜間でも洗濯物が乾きやすいという良い点があります。

また、外での干すよりも虫やホコリの付着を心配する必要はありません。

ただし、部屋干しをする場合には、室内の空気の循環や湿気の対策に注意する必要があります。

湿度が高くなりすぎるとカビや臭いの原因になりますので、十分な換気を心がけましょう。

また、洗濯物が部屋干しになることで、部屋のスペースが制限される可能性もあります。

そのため、室内の状況や自身の好みに合わせて判断すると良いでしょう。

夜に洗濯物を干す場合のゴキブリ対処法は?

夜に洗濯ものを干す場合のゴキブリの対処法がいくつかあります。

それを紹介していきます。

①洗濯物を高い場所に干す。

洗濯物を地面から話して高い位置にほすことで、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

②洗濯物を振ってから取り込む。

洗濯物を干す前や取り込む前に、軽く振ることでゴキブリが隠れている場合に驚いて逃げる場合があります。

③防虫剤を使用する。

洗濯物を干す場所の周囲に防虫剤を置くことで、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

④洗濯物の周囲の環境を見直す。

洗濯物を干す周辺の環境は、清潔を保って水気をなくしてゴキブリが住みやすい場所にしないことが大切です。

⑤洗濯カバーをつける。

市販で売られている「洗濯カバー」を使用して、外干しでも洗濯物をゴキブリから守ることができますよ。

カバーには色々な種類があります。

  • 袋タイプ
  • テントタイプ
  • シートタイプ

洗濯カバーは、ホームセンターで購入することができます。

⑥ミントやハーブを置く。

ゴキブリの苦手なニオイである、ハーブを庭やベランダに置いておくことでゴキブリが寄り付かなくなってきます。

他にもアロマオイルもおススメです。

もしも取り込んだ洗濯物に虫や卵が付いていたときは?

洗濯物に虫や卵が付いていた時はいくつかの対処法があります。

①洗濯をし直す。

虫や卵が付着した洗濯物は、サイド洗濯をして清潔にすることが重要です。

洗濯機を使って洗剤で十分に洗いましょう。

②乾燥機を使用する。

洗濯物を乾燥機で乾かすことで、残っている虫や卵を排除することができます。

高温の乾燥設定を使用することで、虫や卵を確実に除去できます。

③洗濯物を処分する。

虫や卵が付着した洗濯物で除去が困難な場合は、処分することも考えます。

これらの対処法を適切に組み合わせて行うことで、洗濯物に付着した虫や卵を除去することができますよ。

「夜 洗濯物 ゴキブリ」を検索する人がよく思う質問4選

夜洗濯物に虫が付くのを防ぐには?

洗濯カバーをつけたり、虫対策グッズを使用したりしましょう。

夜洗濯物を干すと虫がわくのはなぜ?

夜は、虫が活発に活動する時間です。なので、必然的に虫が集まってくるのです。

洗濯物は夜に干しても良いですか?

夜に洗濯ものを干しても良いですが、乾きにくいなどのデメリットがあります。

夏場に夜に洗濯物を外に干すとどうなる?

特に夏場は虫が寄ってきやすくなります。

まとめ:洗濯はなるべくゴキブリが近寄らない方法で!

いかがでしたか?

今回は、夜に洗濯物を干すとゴキブリが来るのか?を調べました。

夜に洗濯を干すと、ゴキブリだけでなく他の虫もついてくるようですね。

なので、少しでもゴキブリなどが近寄らない方法で洗濯物を干すようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次