\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

結婚式のネクタイ色で親族は?白以外だとシルバーやストライプ?20代や兄弟のオススメは?

結婚式ネクタイ色親族

結婚式に出る場合、男性は礼服などにネクタイを締めなければなりません。

しかし、ネクタイの色は親族の場合は何か規定などがあるのでしょうか?

できればマナーを守って良い結婚式になるようにしたいですよね。

今回は、結婚式に親族として出る場合のネクタイの色をご紹介していきます。

目次

結婚式のネクタイ色は親族なら何がいい?

結婚式に出る場合、男性はネクタイを締めるのが一般的です。

しかし、親族として出る場合にネクタイの色は気をつけなくてはならないかもしれません。

まずは、親族のネクタイの色をご紹介していきます。

定番はずっと白だった

結婚式に親族として出る場合、昔は白が定番でした。

しかし、時代とともにファッションの流行は移り変わり、価値観の多様性からさまざまなカラーのネクタイが着用されています。

もちろん、それも大切ではマナー違反ではありませんが、未だ親族として出席する場合は白色のネクタイが定番です。

そのため、白色のネクタイをして出席すれば全く問題はありません。

下手にカラフルなネクタイをするよりは、他の出席者に好印象を与えることができるでしょう。

シルバーやシルバーグレーが主流に?

現在は、シルバーやシルバーグレーのほうが主流で、特に若い親族などはそちらのほうが好むかもしれません。

特に、結婚式と言っても最近はカジュアルな式も増えているため、あまりネクタイの色にはこだわらない方も多いです。

カジュアルな式の場合は、パステルカラーなどもOKとされており、個性をアピールすることができますね。

ただ、親族として出席する場合は、なるべく白またはシルバーなどの色が好印象を持ってもらえるでしょう。

また、定番カラーのために、会場で浮いてしまうようなこともなく安心です。

光沢感があると拡張高く見える

ネクタイの色だけでなく、光沢感なども大切です。

光沢感のあるネクタイを着用すれば格調高く見せることができ、親族として相応しいでしょう。

親族はあくまでもお祝いにかけつけた友人たちとは異なり、マナーには特に注意しなければなりません。

また、親族として席に座るため、他の出席者よりも格調高く見せる必要があります。

お祝いの気持ちを表すためにも、シルク素材のネクタイなどを着用するとオシャレにも見えて良いですね。

結婚式のネクタイは親族はストライプやシルバー?

結婚式でのネクタイは、親族の場合は白が定番であり、次いでシルバーなどが主流になり始めています。

また、ネクタイの柄などはマナーはあるのでしょうか?

ここからは、シルバーネクタイについてと柄をご紹介していきます。

シルバーが定番化しつつある

近年では、シルバーネクタイが定番化しつつあります。

昔は、白が定番で親族のイメージが強かったと思いますが、近年はシルバーを着用する方が多く見られますよ。

そのため、シルバーネクタイでも全く問題はありません。

他ですと、ゴールドのネクタイを着用される親族の方もいるくらいです。

それくらいネクタイの色に関しては寛容になってきており、相当派手な色でなければ大丈夫とされています。

シルバーストライプも人気

ネクタイは柄がついているタイプもありますね。

ドットやストライプなどもあり、特にストライプのネクタイは人気があります。

しかし、ストライプのネクタイは職場などでもつけている方がおり、ビジネス感が強くなってしまいます。

そのため、ネクタイと同系色のストライプや、光沢感に気をつけて選ぶことが大切です。

また、親族の場合はドット柄のネクタイでも問題ありません。

ただ、カジュアルになりすぎる傾向があるため、光沢感には気をつけたほうが良いでしょう。

結婚式で兄弟のネクタイの色は何がいい?

ある程度の年齢になってくると、兄弟の結婚式に出席する機会も出てくるでしょう。

そんなとき、兄弟のネクタイの色は何が良いのでしょうか?

また、服装はどうするのが正解なのでしょう?

ここからは、兄弟のネクタイの色や服装についてご紹介していきます。

基本の白が無難

結婚式に兄弟が出席する場合のネクタイの色は白が無難です。

シルバーが主流にはなってきていますが、友人として出席する方と被ることが多い色です。

そのため、兄弟なのか友人なのか区別するためにも、白で出席しておくと良いでしょう。

しかし、絶対に白でなければいけない訳ではありません。

白がない場合は、シルバーなどの色のネクタイでも問題はありませんので、そこまで縛られることはないですよ。

和服は新郎と見間違うので避ける

結婚式で、新郎が和装を着ることもありますね。

そのため、兄弟として出席する場合は、和服は避けたほうが良いでしょう。

もし、新郎と見間違うことがあれば、新郎に対しても相手の親族に対しても失礼にあたります。

女性の場合は和服で出席しても問題ありませんが、男性の場合は避けたほうが無難です。

学生なら制服でOK

結婚式に出席する兄弟は、年齢差によってはまだ学生のこともあるでしょう。

その場合は、学生服で出席して大丈夫です。

学生服はいかなるときでも、正装として扱われますから問題ありません。

制服にネクタイのない学ランでも制服であれば気にすることはありませんよ。

ただ、オシャレをしたいということであれば、礼服などの別の正装を用意しても良いでしょう。

結婚式は親族もネクタイをおしゃれにしていい?

結婚式では、親族として出席する場合マナーを弁えたネクタイを選ばなくてはなりません。

多様性が認められ始めた時代とは言え、あまりに奇抜な色はマナー違反になってしまいます。

では、どの程度までのオシャレなら良いのかを見ていきましょう。

ゲストを迎える立場として選ぶ

結婚式での親族の立場を考えて選ぶことが大切です。

結婚式の主役はあくまでも新郎新婦であり、親族はお祝いのために集まった友人とも異なります。

お祝いに来てくれた方を迎える立場ですから、そこをしっかりと理解した上でオシャレを楽しみましょう。

特に、あまりに派手な原色や柄物は相応しくありません。

もちろん結婚式の雰囲気などにもよって異なりますが、ネクタイの色は淡い色程度にしておいたほうが良いでしょう。

白系をベースにおしゃれ度をプラス

親族のネクタイの色は、白が定番カラーです。

そのため、白系をベースにオシャレ度をプラスすると良いかもしれません。

白系ベースのストライプやドット柄などを着用するとオシャレに見えますね。

また、ネクタイピンなどを付ければ、さらにオシャレ度をアップさせることができますよ。

あくまでもゲストを迎える側ですから、さりげないオシャレを楽しむ程度にしたほうが好印象を与えることができるでしょう。

結婚式のネクタイは親族20代ならどうするのがベスト?

結婚式は、親族の場合は幅広い年齢の方が出席します。

特に、オシャレに敏感な20代はどのような点に気をつければ良いでしょうか?

若くてもマナーを守って出席できるようにしましょう。

新郎より目立つことは避ける

結婚式の主役はあくまでも新郎新婦です。

そのため、新郎よりも目立つような服装は絶対に避けなくてはなりません。

ただ、結婚式の服装は地味過ぎてもお祝いの場に水を差してしまいますから、ネクタイなどを明るめで光沢のあるものなどにして華やかにしていきましょう。

明るめといっても、先で紹介したように派手な原色や柄はいけません。

白やシルバーグレーなどのネクタイで、上品で華やかな印象を与えられるようにしましょう。

シャツの色を淡いカラーにする

20代の親族の場合は、シャツの色を淡いカラーにしても良いでしょう。

結婚式では、白のシャツが基本ですが淡いブルーやピンクなどはとても華やかでオシャレな印象になります。

また、淡い色であれば派手になりすぎず、個性をアピールすることもできますよ。

しかし、初めての結婚式の出席であれば、定番の白を選択したほうが無難で安心です。

結婚式に何度か出席したことがある場合は、淡いカラーに挑戦してみても良いかもしれませんね。

結婚式のネクタイは白以外でもいい?

結婚式のネクタイは、白が定番カラーとなっています。

ただ、白は親族の色といったイメージがある方も少なからずいますので、分からない場合は白を選択するのが無難です。

では、親族以外の方はどのような色を選択すればよいのでしょうか?

白と決まっているわけではない

親族以外の方の場合は、決して白でなければいけない訳ではありません。

“白が定番”とされているだけで、シルバーなどの色のネクタイをする方も多くいます。

そのため、白以外のネクタイを着用しても問題ありません。

さらに、柄などもストライプやドットなどが入っていても大丈夫です。

最近ではパステルカラーを選ぶ人も

近年では、ネクタイのカラーにそれほどうるさく言う人はいなくなりました。

また、カジュアルな結婚式も多くなってきたことから、パステルカラーのネクタイを選ぶ方も多くいます。

派手な原色などは相変わらずNGではありますが、淡い色であれば全く問題ありません。

また、白やシルバーなどの色は他の方と被る可能性が高い色ですが、パステルカラーであれば被ることなく個性を楽しむことも可能です。

ただ、格調高い式場などでの結婚式は、白やシルバーを選ぶほうが無難かもしれません。

式場の雰囲気や結婚式のスタイルに合わせて変えるのが良いですね。

まとめ:結婚式ネクタイ色親族なら白かグレーを選択

今回は、結婚式に出席する親族のネクタイについてご紹介してきました。

親族のネクタイは、基本白かシルバー、シルバーグレーを選択するのが無難です。

また、結婚式場の雰囲気やスタイルに合わせてパステルカラーに挑戦してみても良いでしょう。

マナーに気をつけてオシャレを楽しんでみてくださいね。

「結婚式ネクタイ色親族」を調べている人がよく思う質問

結婚式の親族のネクタイの色は?

親族の場合は、白が定番カラーとなっています。

ただ、シルバーやシルバーグレーなども主流になりつつあるので、そちらの色でも問題ありません。

結婚式で親族がネクタイをするのは白以外でも大丈夫ですか?

白以外でも問題ありません。

シルバーやパステルカラーのネクタイを着用する方もいますよ。

結婚式でNGなネクタイは?

派手な原色や柄のネクタイはNGとされています。

また、黒は葬式などを連想させますから、絶対に避けましょう。

結婚式のネクタイは白とシルバーのどちらがいいですか?

白は定番色のため、迷っているのであれば白のほうが良いかもしれません。

ただ、シルバーであっても全く問題ありませんよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次